スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻が潔世一に感じたものとは?蜂楽廻の能力や潔世一との関係性を大紹介!!

スポンサーリンク

ブルーロックの作品に蜂楽廻が登場します。

彼は、主人公である潔世一と友好的な関係を見せています

そして、作品内では凄まじい能力を発揮して大活躍を見せています。

そんな蜂楽について詳しく説明をして行きましょう。

 

Contents

スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻は、8月8日生まれの17歳です。

血液型はAB型。

千葉県の波風高校サッカー部に在籍しています。

身長は、176cmで、足のサイズが27.5cmあります。

視力は、1.0です。

好きな食べ物は、パイナップルで嫌いな物はもずくらしいです。

好きな動物は、イルカで、嫌いな科目は社会。

一番大好きな季節は、夏らしいです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】蜂楽廻の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻の特徴ですが、明るく陽気な雰囲気があります。

前髪が綺麗に揃っている個性的な髪型です。

髪の先が少し黄色いです。

私服は、ラフな格好を好み、オシャレに気を遣う部分も持っています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻の性格ですが、マイペースで自由奔放さや天然な部分も見られます

それは、彼の最大の個性となりサッカーやコミュニケーションで上手く活かされています

その点について、少し触れて行きましょう。

 

スポンサーリンク

蜂楽廻は、マイペースな性格の持ち主である?!

蜂楽廻の性格は、マイペース過ぎます

彼は、ブルーロックの施設に到着。

控室に来て、ボディスーツに着替えたらすぐに寝てしまいます。

入寮テストがスタートしても、平気で寝ているほどです。

自分のスタイルを崩さない部分があります

食事や就寝の時も、ゆっくりと気軽に過ごしている光景が作品内で描かれています。

個人的に彼のそんな性格を見ると、癒されます

 

スポンサーリンク

蜂楽廻は、子供の様な自由奔放さが魅力的である?!

蜂楽廻は、マイペースな部分も影響しているのか子供っぽさが見られます。

無邪気で純粋さがあり、天然な所が周囲の人物を振り回して行きます

でも、それが人と接して行くのに友好的になる時も見られます。

他人に嫌な印象を与えずに、会話する機会を自然と築いているのです。

この部分も彼の最大の個性なのではないかと思います。

自由度の高さが、サッカーの試合において感性や閃きを発揮

彼の性格は、得している事が多いのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻の能力ですが、スピード感溢れるテクニカルなドリブルや閃きに近い切れ味の鋭いパスセンスの高さがあります。

個人技に優れていて、相手の虚を突いて得点する実力も備えています

そんな彼の力について、紹介をして行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

蜂楽廻のスピード感あるドリブルは、無敵すぎる?!

蜂楽廻は、ドリブルを得意としています。

これは、彼の最大限の長所です。

幼少の頃からサッカーに触れて、ボールと一体になる感覚を養っています。

1対1になった時に、個人技を披露して行きます。

緩急を自在に使い分け、不規則な動きで相手を翻弄して行きます

調子が良ければ、選手達を抜き去る偉業を成し遂げています。

一次選考やU-20日本代表戦では、DF陣を抜き去る力を発揮しています。

技術力の高いドリブルから超速シザースで、相手に考えさせ反応させる暇を与えません

ダブル・パナ等のハイレベルなテクニックも軽々と熟しています。

ブルーロック内では、彼の卓越したドリブルに敵う者はいないと感じています

 

スポンサーリンク

蜂楽廻は、レベルの高いパスセンスの持ち主である?!

蜂楽廻の突出した能力は、ドリブルだけではありません。

彼が作品内で見せるパスセンスも、非常に目立っています

的確に相手に届き、鋭く無駄の無いテクニックを発揮しています。

主人公の潔世一は、彼のパスを受けて攻撃を展開して行きます

攻守に渡り、勝利を目指し、重要な局面で活路を開いて行きます。

それも、蜂楽の素晴らしいパスがあるから可能となります。

彼のパスは、芸術的です。

多くこの光景が描かれています。

凪誠士郎も、蜂楽のパスが発想を突然ぶち込んでくれるような感覚になると発言。

ブルーロック内の他の選手達も、彼のパスの才能を高評価しています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻の進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻は、二次選考の4stステージで進化・覚醒をしています。

それは、潔世一と糸師凛の影響を受けたからです。

それでは、その様子を少し語って見ましょう。

 

スポンサーリンク

蜂楽廻は、潔達の領域に入れなかったことに衝撃を受けて進化・覚醒に辿り着いた?!

蜂楽廻は、二次選考の4stステージで潔世一のチームと対戦。

彼は、潔が自分を取り戻しに来たことを喜びます。

そして、彼が糸師凛と競い合うレベルに到達した事に気づきます

蜂楽は、その様子を見て嬉しくなります。

自分も潔と凜の間に入って、とことんサッカーを楽しもうとします。

しかし、潔達はエゴイストの一面をフィールドで露にしていきます

そして、蜂楽を無視して戦いを続けて行きます。

蜂楽は、自分がそこに踏み込めないと悟ります。

更に、自分がかいぶつの声に従いサッカーをしてきた事に疑問を抱きます。

自問自答を繰り返す中、凪誠士郎からも今の蜂楽が不要な存在だと辛辣な言葉をぶつけられました

すると彼は、このままで終わるのは嫌だと焦ります。

彼は、心の中のかいぶつと別離。

本当の気持ちに気づき、エゴイストとして覚醒

潔達の反撃をブロックし、驚異的なドリブルとテクニックで抜き去って行きます。

試合終了間際の驚異的な成長は、フィールドで誰も予測できない危険人物となってしまいました

怒りの感情を見せて、千切や凪達を雑魚呼ばわりします。

個人技で自分がかいぶつになると覚悟を決めて、止まらない攻撃を見せていく姿は鬼気迫るものがあります

蜂楽が、このステージで表現した荒々しいドリブルスタイルと、ダブル、トリプル・パナを見せゴール前に到達する所は、作品で確認して頂ければ凄さが理解できます。

蜂楽好きな人は、是非とも見て頂きたいです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻の過去とは?

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻は、あまりの能力の高さや考えで孤独になります

そして、自分の中にかいぶつが存在していると認識します。

彼は、それに従ってサッカーをしていく人生を歩んでしまいました。

そんな蜂楽について、内容を明らかにして行きます。

 

スポンサーリンク

蜂楽廻、サッカーに対する考え方が孤独の道を辿る事になってしまった?!

蜂楽廻は、幼少の頃からサッカーが大好きな少年でした。

友達に誘われて遊ぶと、得意のドリブルを披露。

ボールと自分自身が一体になる感覚が楽しいと感じます。

しかし、友人達は、蜂楽の強さに嫌気が差して帰ろうとします。

それを彼は、必死で引き止めます。

でも、彼らは、蜂楽の考えが変だと否定したのです

すると、蜂楽は変じゃないとキレて喧嘩に発展。

その後、彼の母親は、息子におかしくないと教えます

自分の信じたい事があるなら、それを信じて進めばよいと回答。

大人になれば、自分の声が本当に聞こえなくなってしまうという事があると話して行きます。

そして、彼の心の中にかいぶつがいると伝えたのです。

それ以来、蜂楽は、母親が美術の世界で数々の作品を作り上げていく光景を見ます。

それを知り、自分の中にいるかいぶつに従おうと決意。

1人でサッカーをする様になります

やがて、彼の目の前に異形の存在が見える様になります。

それは、自分にしかわからないイマジナリーフレンドでした

蜂楽は、それをかいぶつと呼びひたすらサッカーに没頭して行きます。

周りの友達は、彼を不気味に感じるのでした。

 

スポンサーリンク

蜂楽廻、かいぶつを信じてひたすらサッカーを続けて行った?!

蜂楽は、成長していき、サッカーの技術も上達して行きます。

ドリブルで相手選手を躱し、パスを出します。

その出した先は、自分にしか見えないかいぶつの場所。

蜂楽は、彼ならスーパープレイを決められると確信していました

しかし、そんなものは現実には存在しません。

試合では、ミスをしたりし監督にも怒られてしまう日々が続きます

彼は、テレビでノエル・ノアの様なストライカーがかいぶつ並みのプレーをしている事に興味を抱きます。

そして、その楽しさを分かち合える人間に出会いたいと願うようになります。

やがて、蜂楽の技術は、自分勝手で周りを見てないと酷評されて行きました。

それでも、彼は、かいぶつの声を信じる事が止められません。

時々、孤独にサッカーを続けていく怖さを感じながらも、ひたすら耐え続けて行きます

そんな矢先、蜂楽宛に日本フットボール連合からの手紙が到着。

それは、ブルーロック強化指定選手の招待状だったのです。

 

スポンサーリンク

蜂楽廻、理想の相手・潔世一と出会い世界が変わった?!

ブルーロックに到着した蜂楽廻は、控室で直ぐに寝てしまいます。

目覚めると、入寮テストであるオニごっこが開始。

それを楽しいと感じて、クリアしようと動き出します。

制限時間までにボールを誰かに当てようと周囲を見ます。

すると、彼の視界にある人物が映ります。

それは、潔世一でした。

彼は、自分は世界一のストライカーになりに来たという野望を語ります。

蜂楽は、彼を見てかいぶつと同じ雰囲気を感じます。

潔を一目見て、気に入ってしまいました。

そして、控室で一番強い選手である吉良涼介をターゲットにして行きます。

パスを出して、潔がシュートをぶつけて終了となりました。

蜂楽は、潔こそが自分のサッカーを一番理解してくれるかいぶつだと信じる様になってしまったのです。

それ以来、彼は、潔と共にブルーロックの過酷な試練に挑んで行きます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻の母親とは?

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻の母親・蜂楽優は、職業が芸術家です。

彼女は、メディアに取り上げられている名の轟いた素晴らしい才能の持ち主です。

蜂楽に取っては、最大の理解者です。

彼らの家族構成は、蜂楽と母親の2人です。

父親については、作中で描かれていないのでわかりません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】蜂楽廻と潔世一の関係性とは?

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻と潔世一の関係ですが、良き友人でありお互いライバルでもあります。

作品の中では、仲良くし、時に戦い、励まし合ってブルーロックチームの主力となって行きます。

そんな彼らの事について、少し語って見ましょう。

 

スポンサーリンク

蜂楽廻、ブルーロックの控室で潔世一と出会う

蜂楽廻は、ブルーロックに召集されます。

彼は、最高責任者である絵心甚八のスピーチに感銘を受けて世界一のストライカーになる事を決意

チームZの控室で、ボデイスーツに着替えて、早速床に転がり寝てしまいました。

その後、絵心の指示で、いきなり入寮テストとなるオニごっこが開始。

その試練の中で、世界一を目指す潔世一と出会ったのです。

蜂楽は、真剣に自分の人生を変えようとしている彼に興味を抱きます。

挑戦者として強き者に挑む姿勢を気に入ります。

自分の心の中のかいぶつと同じだと知り、友好的に接して行く様になったのです。

潔とは、サッカーの練習や休憩時間でも共に行動

お互い信頼関係を築き上げて行ったのです。

 

スポンサーリンク

蜂楽廻、サッカーに関しては潔世一に厳しく接している?!

蜂楽廻は、潔と深い絆が生まれます

ブルーロックの選考では、真剣に自分の実力を発揮。

やがて、彼らは、二次選考に進みます。

蜂楽は、潔と凪誠士郎と共に二次選考の2rdステージに挑戦。

しかし、ここで糸師凛のチームに敗北してしまいました。

彼は、その結果の影響で、糸師凛のチームに引き抜かれてしまいました

落胆する潔に対して、淡々と発言しています。

自分を必要とするのなら奪い返しに来いと宣言したのです。

蜂楽は、サッカーに対しては妥協しない性格の持ち主です。

再び、潔が自分とプレーを望んでいるのなら這い上がって来いと伝えているのです。

仲良しだけの関係ではありません。

 

蜂楽廻、潔世一をライバル視している?!

蜂楽廻は、その後、三次選考を突破。

潔と共にU-20日本代表との試合にも勝利します。

そして、ブルーロックチームは、W杯で優勝を目指す為に更なる進化を目指します。

フェーズ2に移行して、彼らは、新英雄大戦に参加する事になります。

そこで選手達は、欧州5か国の何れかを選択する事になります。

潔は、イングランドかドイツを選ぶべきか悩みます。

すると、蜂楽は、彼に対して自分はスペインに行くと発言します。

ドリブルとテクニックを磨くと迷いがありません。

更に彼は、潔に対して自分達は世界一のストライカーを目指していると発言。

どんな環境に行っても、1番になる挑戦が必要で、自分の選んだ道を正解にする事が重要だと答えました。

次に会った時は、お互い進化しているのが礼儀だと言い去って行きます。

潔と良い関係ですが、頂点を目指す為のライバルでもあります。

そう意識していなければ、潔をやる気にさせる事が出来ないでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】一次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻は、一次選考で大活躍してチームZを二次選考に進める様にしました

彼の戦いぶりを少し話して行きましょう。

 

蜂楽廻の活躍が無ければ、一次選考は通過不可能だった?!

蜂楽の所属したチームZは、チームXと試合をします。

馬狼照英の勢いと得点力に翻弄されて行きます。

そんな中、蜂楽は、潔の提案で1点だけは何としても取ろうと決意。

彼は、ドリブルで切り込み、チャンスを作り上げます。

そして、國神錬介をアシストしてシュートに導き得点に成功

敗北してしまいましたが、チームZでの存在感を示して行きます。

チームYとの試合でも、前線に積極的にボールを運び、初勝利に繋げています。

最終試合となる凪誠士郎率いるチームV戦では、圧倒的な得点力を決められ窮地に陥ります

しかし、蜂楽は、その状況をとても楽しんで行ったのです。

絶体絶命の状況下が、興奮して楽しくなると感じたのです。

蜂楽は、自由自在にフィールドを駆け回り、高等テクニックのラボーナでゴールを決めました

彼のスーパーゴールで、チームZが奮起して逆転勝利を収めます。

そして、一次選考に通過することが出来ました。

蜂楽の才能と、諦めない信念等が勝利に結びついたのです。

彼がチームZで力を発揮できなかったら、二次選考に進めなかった可能性が高すぎたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】二次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻の二次選考での活躍は、高いパスセンスと、覚醒を見せて勝利しています。

彼がここで果たした大きな貢献度を、少し説明して行きます。

 

蜂楽廻、二次選考の2stステージで敗北し糸師凛のチームに引き抜かれた?!

蜂楽廻は、潔世一と凪誠士郎とチームを結成。

ここで、糸師凛・蟻生十兵衛・時光青志のチームと激突します。

彼は、自ら攻め込んだり、勝利に繋がるチャンスを積極的に作り上げて行きます。

しかし、蜂楽は、糸師凛達に敗北してしまいました。

すると、蟻生と時光が彼のパスセンスが非常に高いと評価

その結果、蜂楽は、糸師達のチームの1員として加入する事になりました

潔に別れを告げて、突破する為に次のステージへ向かうのでした。

彼が、ここで得点に絡める活躍を見せていなければ脱落の道もあったのかもしれません。

 

蜂楽廻、潔のチームとの再激突で様々な駆け引きを見せて行った?!

蜂楽廻は、4stステージで潔のチームと試合をする事になります。

潔達は、這い上がり、スピードスターである千切豹馬を仲間に加えていました。

蜂楽は、試合の中で最高級のパスセンスを見せて行きます。

超速シザースも全開で、ノールックパスも披露

更に、糸師凛達の能力の高さも上手く利用して試合運びをします。

今までよりも精度の高いレベルと質があるプレースタイルを開始。

彼の想像力が発展していき、試合で有利になる様に働きかけていたのです

しかし、数々の修羅場を潜ってきた潔達も成長。

蜂楽と競り合う様になって行きます。

彼は、フィールドに潔と凛というかいぶつがいると知り喜びます

でも、潔達は蜂楽を無視して激しいプレーを展開して行きます。

そんな彼に異変が少しずつ発生していったのです。

 

蜂楽廻、かいぶつと別れ覚醒した?!

蜂楽廻は、試合の中で迷いが生まれます。

自分が何の為にサッカーをしているのか、自問自答を繰り返して行きます

その隙を突かれて、千切豹馬にボールを奪われました。

更に、凪誠士郎が声を掛けてきます。

今の状態の蜂楽を、きっと潔は必要としていないと厳しい言葉を浴びせたのです。

自分達が勝利したら、選ばれるのは凜だと回答します。

それを聞いた蜂楽は、嫌だと感じます。

すると彼の中のエゴイストの部分が目覚めます。

そして、体の中に飼っていた怪物と決別を決意

蜂楽は、覚醒状態になりました。

次々と千切豹馬や、凪誠士郎を抜き去りゴール前に躍り出ます。

シュートを放ちますが、潔に阻止されます。

その後、試合は凜達の勝利に終わります。

蜂楽は、本当に求めていたサッカーを知り、覚醒で更なる成長を遂げました

熱く激しい蜂楽の姿は、とても迫力があります。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】三次選考での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻は、三次選考で試合に2度参加できる権利を獲得。

試合でも1得点を挙げる活躍を見せています。

彼は、二次選考を突破して7番目の順位になります。

上位6名は、三次選考では1度しか試合に参加できません。

しかし、ブルーロックの総責任者の絵心甚八は彼だけ2回の参加を許す事を命令

蜂楽は、糸師凛や士道龍聖のいるチームAと雪宮剣優のチームCの試合に参戦します。

チームAで、得点を決めています。

その技術と速さが認められて、U-20日本代表戦のスターティングメンバーに選ばれています

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表戦での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻は、U-20日本代表戦でドリブルとコンビネーションを見せる活躍をしています。

潔と連携し、U-20側のゴールを狙い得点に繋げようとしています。

しかし、主将のオリヴァ・愛空の反射プレーによる高いディフェンスに阻止されてしまいました。

後半では、自由自在なスピード感溢れるドリブルを展開して行きます。

自分の持つ最大限のテクニックを駆使して、U-20側のDF達を抜き去って行きます。

閃光の様な速さと、彼の直感が冴えわたっています。

作品で確認して頂ければ、蜂楽の凄さが良く理解できます。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!蜂楽廻の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻は、ブルーロックフェーズ2の新英雄大戦でスペインを選択

ドイツとの試合で、スターティングメンバーの座を勝ち取り、見事に出場を果たしています。

彼は、スペイン代表のストライカーであるFCバルチャに在籍するラヴィーニョから指導を受けます

舞踏技師という異名を持つ彼は、ブラジル出身の天才的なドリブラーです。

蜂楽は、自分の得意な武器が磨かれて更なるパワーアップを遂げています。

これからの大活躍が非常に楽しみです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

蜂楽廻は、ブルーロックの作品で重要なキャラクターの1人です。

主人公である潔世一と連携する描写も多いです。

彼が潔を活かし、成長して力を発揮する所は毎回痺れます

ドリブルやパスセンスは、ブルーロック内で最強なのではないかと感じてしまいます。

自分の中のかいぶつに従い、自由奔放に大暴れするエゴイストストライカーです。

でも、正直限界というか物足りなさも感じていました。

しかし、潔と凜の力を見て、本当の自分を発見。

自分自身をかいぶつ化する覚悟を決めて、覚醒を果たします

進化・成長した蜂楽が、格段にレベルアップしました。

その後は、U-20日本代表戦でも冴えわたる感性を披露

ブルーロックのピンチを救ったり、チャンスを生かす大活躍を見せています。

潔と友好な関係を保ちつつも、ライバルとして認め合う意識が高いです。

これからもお互いが切磋琢磨して行く姿が見たいです。

ブルーロックのフェーズ2で、蜂楽はスペインを選択

早速、スターティングメンバーに入り、大活躍を見せてくれそうな予感がします。

蜂楽のテクニックのパワーアップに期待しています。

これからも彼の動向から目が離せません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA