スポンサーリンク

【ブルーロック】オリヴァ愛空がかっこいい!チームをまとめる主将!オリヴァ愛空の能力とは?

スポンサーリンク

ブルーロックの作品にオリヴァ・愛空が登場します。

彼は、U-20日本代表を纏める主将です。

実力もあり痺れるような活躍を見せています。

彼の能力は、ブルーロックの選手達の攻撃を防ぐ力がありました。

そんなオリヴァの詳細について述べて行きましょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】オリヴァ愛空のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空は、U-20日本代表の主将です。

CBを担当する実力者です。

19歳で、身長は190cmあります。

出身地は、スウェーデン・ストックホルムです。

誕生日は、6月30日になります。

好きな食べ物は、蒙古タンメン中本や辛ラーメンを好みます。

好きな動物は、ひよこです。

尊敬するサッカー選手は、ファン・ダイクです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】オリヴァ愛空の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空の特徴ですが、無造作の黒髪とオッドアイを持っています。

彼は、スウェーデンのストックホルムで誕生。

スウェーデンやドイツ、日本の血を引いているのです。

身長も高く、しっかりした体格も持っています。

渋さが漂うイケメンです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】オリヴァ愛空の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空の性格ですが、明るく陽気でU‐20日本代表のチームを纏める協調性を重んじています

チームの勝利を常に考えて、自分の心に従い決めた事が上手くできる様に賭け引きをして行く利己的な一面も持っているのです。

サッカーにおいては、主将としてU‐20を率いて真剣にプレーに集中する熱を持っています

しかし、1つだけ欠点が存在します。

それは、女性関係にだらしない部分があります

ブルーロックとの試合を終えた後、カラオケで年上の女性と遊びます。

浮気がバレて、修羅場となり頬を叩かれています。

その光景を見ていた御影玲王は、サッカーでは頼りになるが外では駄目なタイプだと酷評する程です。

完璧に出来る様に見えましたが、トラブルを引き起こす性格も持ち合わせているのです。

でも、オリヴァを見ていると何か許したくなります。

個人的に、彼の性格が魅力的に映るからなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】オリヴァ愛空の能力とは?

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空の能力ですが、相手の攻撃を即座に反射クリアできる非常に高いディフェンス能力

身体能力と視野の広さに優れています

彼の素晴らしい能力について、少し紹介して見ましょう。

 

スポンサーリンク

オリヴァ・愛空、ブルーロックの攻撃を反射クリアした鉄壁の守備力を持つ選手だった?!

W杯優勝を目指す為に、ブルーロックチームは、U-20日本代表と試合をする事になりました。

試合が始まり、主人公の潔世一と蜂楽廻が攻撃を開始。

すると、ゴール前を守っていたオリヴァは、即座に動きます。

彼は、ボールの動きを予測し、反射してクリアに成功

彼の最大の武器であるディフェンスの高さを発揮しているのです。

これは、オリヴァが持つ空間認識の高い眼や強靭過ぎる身体能力、ジャンプ力があり出来る事です。

この光景は、ブルーロックの作中で描かれています。

オリヴァの集中力が極限に高まっています。

鋭い眼と、大蛇の様な威圧感を見せているのです。

その全ての能力の高さを知った潔は、オリヴァを突破しなければ勝機が無いと悟ります。

オリヴァは、彼に自分の届く範囲で得点はさせないと宣言。

流石、U-20日本代表の守護神です。

 

スポンサーリンク

オリヴァ・愛空の身体能力は、喧嘩でも強さを発揮している?!

オリヴァ・愛空の高い身体能力は、サッカーだけではありません。

ある場面でその強さが描かれている光景があるのです。

それは、U-20日本代表がブルーロックと運命の対戦をする事になった時です。

U-20日本代表の合宿所内でミーティングが開催。

するとその場所にある者が入室してきます。

それは、新世代世界11傑の糸師冴でした。

そこには、冴に誘われてやって来たブルーロックチーム側に居た筈の士道龍聖も居たのです。

糸師冴は、U-20の代表達に自分とサッカーが出来る事を光栄に思えと高圧的な挨拶をして行きます。

その態度を見たFWの閃堂秋人が怒りを見せます。

彼は、冴に対して世界でも下部組織のリーグに所属している者に言われたくないと反論

自分が国内リーグのレギュラーで、格上だと指摘します。

突然、閃堂の顔がテーブルに叩きつけられます。

それは、士道龍聖の仕業でした。

士道は、閃堂に肩書にこだわっている様ではセンスがないと、ヘボストライカー呼ばわりします。

すると、周りにいた他の代表達が士道の振る舞いに激怒。

しかし、士道は、自分が勝ったらレギュラーをくれと暴言を吐いたのです。

閃堂は、彼の傍若無人ぶりにキレて捕まえようとします。

士道は、閃堂にキックを繰り出します。

すると、その前にオリヴァ・愛空が立ちはだかります

彼は、士道の脚を片手で笑いながら掴みます。

オリヴァは、士道に向かって自分達U-20代表も舐められたと迫ります。

士道は、素早い動きでオリヴァを攻撃。

でも、士道の体を掴み、床に叩きつけます。

オリヴァは、士道に向かって口を開きます。

威勢が良いのは結構だが、結果はフィールドで出せと教えたのです。

攻撃的で暴力性のある士道を簡単に制圧する力があります。

彼は、試合でストライカーを防ぐDFという重要なポジションに就いています。

その為に鍛えた肉体や体格が、喧嘩でも十分に活かされています。

士道を抑えつける姿が、とてもクールで痺れます。

オリヴァ・愛空、強くてカッコ良いキャラクターです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】オリヴァ愛空の進化・覚醒とは?

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空は、ブルーロックチームとの試合の後半戦で、FLOW能力に覚醒

そこから、敵味方のステータスをデータ化して見る事が出来る様になり、より高い攻撃と防御を見せつけています

彼の凄まじい進化・覚醒について、色々と話して行きます。

 

スポンサーリンク

オリヴァ・愛空、FLOW状態になり無敵っぷりを見せた?!

オリヴァは、ブルーロックチームとの試合を心から喜びます。

テンションも上がり、彼は、FIOW状態に突入。

すると、彼の覚醒が始まります。

U-20側のゴールの危機を察知できる様になりました

ブルーロックの雪宮剣優は、FLOWに入りシュートを放ちます。

しかし、オリヴァはそれをブロックする事に成功。

更に、彼の全ての能力が限界値に達した事で変化が発生します。

何と、自分のチームやブルーロック側の配置や、視界や行動が感じられる様になりました。

オリヴァの眼に、選手達の全てのデータが見える様になっていたのです。

数値やグラフ、心拍状況等を読むことが出来る様になり無敵だと発言。

極限状態の集中力を維持して、糸師凛の間合いを読み、パスを阻止します。

彼は、1人でU-20のゴールを守りました

そして、U-20の速攻カウンターに繋げたのです。

オリヴァの覚醒がカッコイイです。

あまりの集中する姿は、鳥肌が立ちました。

ただ、覚醒した糸師凛を見て勝てないと感じています。

数値が予測できずに、能力の高さも向上し対応できません。

それでも、オリヴァの覚醒は驚異的です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】オリヴァ愛空の過去とは?

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空の過去ですが、元FWでした。

彼は、純粋に世界一のストライカーを夢見ていましたが、ある事が原因でそれを諦めてしまいます

代わりに世界一のDFになる道を模索して行ったのです。

彼の秘めた過去について、少し語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

オリヴァ・愛空は、世界一のストライカーを目指していたFWのポジションだった?!

オリヴァ・愛空は、幼い頃から恵まれた体格や才能を武器に戦ってきました。

彼は、いつの日か世界一のストライカーになりたいという夢を抱きます。

それから、努力を積み重ねて、中学生タイトルを総なめにする存在になりました。

しかし、オリヴァの指導者達は、皆口をそろえてある発言を必ずします。

それは、サッカーは1人でなくてチームでプレーをするスポーツだと指摘されたのです。

規律を守らねばならないと、何度も叩き込まれます。

彼は、何度も監督達に世界一のストライカーになりたいという思いを打ち明けます

その為には、足元やゴールを積極的に奪える戦い方がしたいと進言。

自分のやりたいサッカーが、何処まで通用するのか試したいと願い出たのです。

でも、指導者達の答えは、NOでした

逆に、ルール厳守できなければ出場停止だと脅されます。

オリヴァは、仕方なくそれに従うしか道がありませんでした。

彼の世界を目指す夢が、指導者達の発言で潰されたのが残念でなりません。

 

スポンサーリンク

オリヴァ・愛空、世界一のストライカーからDFに転向した?!

オリヴァは、渋々従いながらも結果を出して行きます。

しかし、それは、同じ環境で他の者達に合ったプレーをしなければならないという苦労や悩みが発生

次第に彼も、サッカーが楽しくないと申告します。

オリヴァは、どうして行けばいいのかわからなくなっていたのです。

指導者達は、彼のアシストはチームに貢献していると評価

オリヴァは、プロサッカー選手の道を確実に進める未来を歩んでいるのだと励まされます。

彼は、それを聞き反論します。

そこで稼ぎ、女子アナと結婚し幸せを掴めたとしても、自分はそんな人生に満足できないと告げたのです。

更に、自分は、世界一のストライカーになる為の輝き方を忘れていたと嘆いたのです。

他人の為にプレーするサッカーに嫌気が差したオリヴァは、世界一のDFになると宣言します。

指導者達が育てて大量生産している良い子で従順なつまらないストライカー達を、そのポジションで破壊したいと告げたのです。

それ以降、彼は、自分の為のサッカーをして行くようになります。

オリヴァのFWからDFへのコンバートは、見事に成功

メディアでも話題となり、イタリアの一部リーグからの誘いが来たり、U-20日本代表の主将に就任します。

ただ、オリヴァには、1つの希望が残っていました。

それは、日本で本物のストライカーに出会えたのなら、自分はその可能性の芽は摘まないと決意していたのです。

そして、それを手伝い出来る様に助言したいという夢を見る様になったのです。

オリヴァは、自分がストライカーとして開花できなかったのは指導者の所為だと言い訳していません。

逆に、自分が貫き通せなかったと反省している程です。

ストイックで潔いオリヴァの考えは、とても痺れます。

以外にもDFの道が、本来の彼のスタイルに戻る事が出来たのかもしれないです。

攻撃を知っているからこそ、防御も即座に対応できるのは、オリヴァしかいないです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】オリヴァ愛空と糸師冴の賭けとは?

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空は、糸師冴に対してとある賭けに出ています

それは、U‐20日本代表を勝利に導く為に彼に対し実力を見せてくれと挑発をしたのです。

その詳細について、これから話して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

オリヴァ・愛空は、糸師冴を離脱させない為に挑発をした?!

オリヴァ・愛空は、U‐20日本代表合宿所から去ろうとする糸師冴を引き止めました。

エースである閃堂秋人と冴が連れてきた士道龍聖が揉めていると告白

冴は、閃堂をメンバーから外せと強気の意見をぶつけてきます。

しかし、オリヴァは、それを拒否しました。

U‐20にとって閃堂は、エースだと認めていると教えます

更に、彼が外れるなら、他のメンバーも一緒に試合に出ない決意をしていると話しました。

オリヴァは、冴にそうなれば試合放棄が確定。

それでも自分の意見を通すのかと脅しに近い挑発をしたのです。

その為には、士道龍聖を使わずに自分達を勝たせてくれと懇願したのです。

糸師冴という天才が居れば、それが可能だと話します。

冴は、オリヴァのその提案がU‐20全員の総意か、日本フットボール連合の入れ知恵なのかと探りを入れます。

すると、オリヴァは、正直な気持ちを打ち明けます。

実は、99%は、自分達にとって糸師冴が何をもたらしてくれるのか見たいという自分の我儘だと告げます

残りの1%は、U‐20日本代表の主将の役割だと笑います。

冴は、オリヴァの考えが面白いと呟きます。

彼は、逆にU‐20代表を試すのは自分であると発言

オリヴァ達が自分のプレーについてこなければ、ブルーロックチームとの試合を本気で降りる事を条件に承諾したのです。

オリヴァの賭けは、糸師冴の力がU‐20日本代表の勝利とレベルアップに繋がると判断

彼を引き止める為には、興味を抱かせる様にしなければならないと思ったでしょう。

冴も、雰囲気の悪いU‐20に参加して活躍する為にオリヴァの助け舟を待っていたのかもしれません。

オリヴァにとっては、冴を利用して、自分のチームの勝利を確実なものとする考えがあります。

冴にとっては、自分の力を見せつける為にブルーロックに勝つ事を目的としていました。

互いの利害関係が一致した賭けは、見事に成功したと断言しても良いでしょう。

オリヴァ、駆け引きに優れている中々の策士です。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】U-20日本代表での活躍

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空がU-20日本代表として大きな活躍を見せています。

ブルーロックチームの攻撃を、反射クリアする高くて強固なディフェンス力を見せました

自身も後半から、糸師冴と士道龍聖が得点を獲得できる様に前線に出て行きフォローします。

元ストライカーとして、ブルーロックの攻撃や思考を読み、パスをカットしています。

ゴールを守護し、ブロックに何度も成功

その試合の最中、ブルーロックチームの姿を見て、彼らが自分がU‐20にならなかった場合に歩んでいた道だと理解します。

彼は、試合が楽しくなり自分の欲望に忠実になります。

興奮していき、遂にFLOW状態に覚醒します。

そして、全選手の数値やデータを目視で確認する事が出来る様になりました。

その開花した能力を使用。

相手の動きや、思考を読み、ブルーロック側の攻撃を1人で防ぎきる光景を見せつけています。

でも、最後は、主人公である潔世一に動きを読まれて得点を許し敗北してしまいました。

ブルーロックを敗北寸前まで追い込んだオリヴァの活躍は、本当に凄いとしか言いようがありません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】フェーズ2始動!U-20日本代表も招集?

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空は、ブルーロックのフェーズ2で招集されています。

それは、総責任者である絵心甚八が判断し、その様に仕向けていました

絵心は、ブルーロックがU‐20日本代表に勝利した事で指揮する全権を入手したと告白します。

負けたU‐20の選手達にも利用価値があると判断。

今回のプロジェクトで新生U‐20日本代表を創り出すと教えたのです。

オリヴァの防御力を見て、フェーズ2に加わる重要な選手として召集を考えたのかもしれません。

彼の実力を見て、選ばれて当然と言っても良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】オリヴァ愛空の選択国とは?

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空の選択した国は、イタリアです。

ブルーロックのフェーズ2に登場するイタリアは、狡猾で戦術的なフットボールを特徴としています。

1対0で守り勝利する美学があり、それを歴史として個人の力と鉄壁の防御力や組織を駆使して戦うと、絵心甚八も説明しています。

イタリアは、ユーヴァースのFWである代表マルク・スナッフィーが指導者兼ストライカーです。

オリヴァは、優勝請負人として王冠配達士の異名を取るマルクのトレーニングで強くなる可能性があります。

元々、オリヴァ自身もイタリア一部リーグに注目されている程の選手です。

自分の能力や環境がイタリアに相応しいと注目をしていた可能性も否定できません。

何故、選んだのかは、まだ明らかになっていないです

彼の回想シーンで、オファーがあったのを何故か断っている様です。

何か因縁や原因があったのかもしれません。

オリヴァの能力の高さなら、更なるレベルアップができるでしょう。

個人的に、イタリアのスターティングメンバーに選ばれればとても面白いと想像してしまいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

オリヴァ・愛空は、個人的に好きなキャラクターの1人です。

U‐20日本代表の主将として、ブルーロックチームを苦しめて行きます。

彼の反射プレーや、FLOW状態になった覚醒は鳥肌が立つ程です。

士道を倒すくらい体術にも優れていて、冴との駆け引きも円滑に出来るので何事にも強くて万能に見えてしまいます。

元ストライカーとして活躍していましたが、指導者による制約で変わってしまったのが哀れに思えます。

しかし、それを他人の所為にせずに、自分も悪いと反省して受け止める所は潔くて素敵です。

彼は、やがて、自分の心のままに行動しようと決意。

今までの経験を活かし、恵まれた能力も利用して、最強のDFになりました。

彼が、ブルーロックの道に最初から進んでいたら、別の道を見出していたのかもしれません。

ブルーロックのフェーズ2に召集されて、新英雄大戦でイタリアを選択。

オリヴァの更なるパワーアップに期待したいです。

それが成功すれば、新生U‐20日本代表のスターティングメンバーに選ばれるでしょう。

今後もオリヴァ・愛空という男に注目していきたいと思います。

最後に、1つだけ言いたいことがあります。

女性関係にだらしないのが残念です。

イケメンでハーフでモテるのでしょう。

その弱さや悪い所も、オリヴァの魅力の1つだと思います。

とにかく、世界最高峰のDFとして名を轟かせてもらいたいと期待しています。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA