スポンサーリンク

【ブルーロック】弐瓶とは何者?弐瓶が糸師冴に持った印象とは?弐瓶の存在がサッカー界を過熱させる!?

スポンサーリンク

ブルーロックに弐瓶という名の男が登場します。

彼は、世界で活躍する糸師冴と関わりを持つ事になります。

冴を見て、ある印象を感じます。

唯一、彼冴と詳しい対話をしたレアな人物です。

そんな弐瓶について詳しく話していきましょう。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】弐瓶のプロフィール

ブルーロック/@金城宗幸

弐瓶は、サッカージャーナルという雑誌の記者です。

日本に一時的に帰国してきた、糸師冴の取材を行った唯一の人物です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブルーロック】弐瓶の特徴

ブルーロック/@金城宗幸

弐瓶の特徴は、短髪で無精ひげを生やしています。

腕の毛がとても濃いのが印象的です。

中年の男性で、数多くの仕事を熟したベテランの雰囲気を醸し出しています。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】弐瓶の性格とは?

ブルーロック/@金城宗幸

弐瓶の性格は、明るく穏やかな性格に見えます。

しかし、心の中では感情の思うまま素直な発言をしています。

糸師冴の取材の回答を聞き、彼をやりづらいと心の中で答える描写があります。

それでも大人の対応を見せていく弐瓶は、冷静に努め、我慢強く感情にならない部分があるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】弐瓶の職業とは?

ブルーロック/@金城宗幸

弐瓶の職業は、雑誌サッカージャーナルの記者です。

この物語の中で詳しくは描かれていません。

しかし、サッカーに携わる選手達を精力的に取材。

現状や将来の思いについて聞き出そうとしているのは、サッカーファンに貴重な情報を与えたい一心なのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】弐瓶の登場回

ブルーロック/@金城宗幸

弐瓶は、ブルーロックの第4話「今こそ」に登場します。

彼は、ホテルの一室を借りてある人物を取材をしようとしていました。

それは、世界中のクラブチームが注目している若い選手です。

それは、新世代の世界で11傑に選ばれる糸師冴だったのです。

弐瓶は、挨拶し、積極的に質問をしていきます。

しかし、冴の予想外の答えに戸惑いを見せて行きます。

その内容は、後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】弐瓶が糸師冴に持った印象とは?

ブルーロック/@金城宗幸

弐瓶が糸師冴と対話して感じ取った印象は、凄い自信を持った天才と評価をしています。

彼が何故その様に思ったのか、興味深いです。

その点について触れていこうと思います。

 

スポンサーリンク

弐瓶、糸師冴の回答に圧倒される?!

弐瓶は、ホテルの一室で糸師冴に取材を開始。

彼は、冴が世界有数の名門クラブチームのレ・アールの下部組織に所属していた事を切り出していきます。

年齢の規定でプレーする機会が減ったので、日本に帰って来たのかと探りを入れます。

そして、日本のサッカーファン達は、冴えが国内リーグで活躍する姿を見られるのかと質問をしたのです。

すると、冴は、即座に返事をします。

それは、死んでも嫌だという内容だったのです。

冴は、更に日本でサッカーするぐらいならドイツの大学生とプレーした方がマシだと断言。

弐瓶は、冴の即答に動揺してしまいます。

表情は、平静を保っていました。

しかし、心の中では、冴と会話するのがやりづらいと嘆いていたのです。

 

スポンサーリンク

弐瓶、糸師冴を凄くて強い自信を持った天才だと認めた?!

弐瓶は、気を取り直して会話を続けます。

冴が、PIFAの選らんだ新世代世界11傑と呼ばれる栄誉ある代表に名を連ねていると告げます。

そして、MFとして世界中が注目している有望な若手選手だと褒めます。

何れは日本代表としてプレーする事になるだろうが、期待や抱負はあるかと聞きだして行きます。

冴は、全くそんな事に興味はないと答えたのです。

そして、日本代表は弱小だから絶対世界一になる事は不可能。

自分の将来の夢は、チャンピオンズリーグで優勝する事だと弐瓶に教えたのです。

 

すると冴は、立ち上がり部屋から出て行こうとします。

彼は、去り際にこの国に自分のパスを受けられるFWは皆無。

自分は、生まれる国を間違えたと嘆き去って行きました。

弐瓶は、冴の背中を見送りある事を感じます。

それは、冴が揺るがない凄い強さのある自信家である事を見抜きます。

それと世界一しか興味の無い特殊な天才なのだと実感したのです。

弐瓶は、冴と話した時間はとても短くて貴重なものでした。

その中で、偉大で偉業を残す人物だと肌で感じたのです。

それを理解できたのは、豊富な知識と経験があったから感じ取れたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ブルーロック】弐瓶の存在はサッカー界に必要不可欠?

ブルーロック/@金城宗幸

弐瓶の存在は、サッカー界には必要な存在だと感じます。

世界中の選手達に注目する日本のサッカーファンに、細かい情報を教える為にも必要な存在だと思います。

誰かが伝え、発信をしなければなりません。

更に日本サッカーの現状や注目選手を世に知らしめる為には、弐瓶の書く記事が重要となるでしょう。

様々なメディアがある中で、本当の生きた情報を伝えてくれそうな気がします。

私は、個人的に大切な役割だと感じています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルーロック/@金城宗幸

弐瓶は、新世代世界11傑である糸師冴から話を聞きだせた貴重な記者です。

冴をやりづらいと感じながらも、冷静に対応。

機転も利き、粘り強さが見られます。

頭も良く、冴に対しての質問も的確なポイントを付いています。

彼が冴に取材をしなければ、将来の狙いや考えを聞き出す事は不可能だったでしょう。

弐瓶は、短い会話の中で冴という人間を瞬時に理解。

凄まじい自信を持った天才と認識する所は、流石だと思います。

弐瓶は、第4話にしか登場していません。

サッカーに関わる者として、再び登場してくれる事を個人的に願っています。

とても良い記事を書いてくれそうな予感がします。

ブルーロックチームの活躍を彼が記事にしてくれたら最高です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA