スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】花沢勇作と尾形の埋まることのない兄弟の溝とは??

スポンサーリンク

鶴見中尉の「第七師団」に所属しながら造反し、その後に各陣営を渡り歩き「コウモリ」とも言われる尾形百之助。

この尾形には義理ながら弟がいました。

それが、「旗手」となり活躍する花沢勇作です。

2人は父は同じながら父親に見捨てられた尾形と、両親の愛情を受けて真っ直ぐに育った勇作との違いから尾形は凶行に走っていく事になります。

今回はこの尾形の性格にも大きく関係している花沢勇作を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】花沢勇作は尾形の弟!!

ゴールデンカムイ/©野田サトル

花沢勇作は日本軍第七師団歩兵27聯隊の少尉で「旗手」を務めた人物です。

父は元第七師団長である花沢幸次郎で、尾形百之助は腹違いの兄になります。

 

スポンサーリンク
"
"

【ゴールデンカムイ】花沢勇作見た目や性格は??

ゴールデンカムイ/©野田サトル

名誉あるとされる「旗手」を務める花沢勇作ですが、品行方正・成績優秀・眉目秀麗・長身とされておりかなりのイケメンだと思われます。

ですが、「ゴールデンカムイ」で登場する花沢勇作の目元は影で隠されており、素顔を確認する事は出来ません。

ですが、その後に母親の花沢ヒロに似ている顔立ちが明かされています。

また、何故、作中で花沢勇作に影がかかっていたかですが、「尾形が彼を直視せず目を逸らし続けてきたから」とされています。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】花沢勇作なぜ「旗手」に抜擢された??

ゴールデンカムイ/©野田サトル

花沢勇作が「旗手」に抜擢されたのは、元第七師団長である父の花沢幸次郎が望んだからです。

当時、日本陸軍において軍旗というのは天皇陛下から手渡しで授けられる神聖なものでした。

それゆえにその「旗手」となることは大変な名誉とされていました。

「旗手」は基本的に新任の少尉の中の成績最優秀者が1年交代で務めています。

その要件として品行方正・成績優秀・眉目秀麗・長身であることが求められ、更に暗黙の了解として、童貞で悪所通いしない高潔な人物であることも求められています。

花沢勇作はまさにピッタリの人選で、父が推したものと推測されます。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】花沢勇作と兄尾形との断絶した理由とは??

ゴールデンカムイ/©野田サトル

元第七師団長の父・花沢幸次郎に「旗手」になる事をのぞまれた花沢勇作でしたが、「旗手である勇作が敵を殺さないことによって『偶像』となり皆に勇気を与える」という父の教えを頑なに守っていました。

それは兄様と呼ぶ尾形も例外ではなく、真っ直ぐな花沢勇作はその父の教えを頑なに守り続けます。

そして、この花沢勇作の性格と「人を殺して罪悪感を微塵も感じない人間がこの世にいて良いはずがない」の言葉が仇となり兄の尾形とは袂を分かつ事になります。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】花沢勇作の生死は鶴見に握られていた??

ゴールデンカムイ/©野田サトル

武器を持たずに仲間を鼓舞する「旗手」花沢勇作ですが、この活躍は鶴見中尉からも高く評価されていました。

ですが、鶴見中尉は尾形との関係を見抜いていたのです。

この事から鶴見は不殺を貫く花沢勇作にとっては重要な人物だったと言えます。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】花沢勇作が踏んだ地雷!!最後はどうなった??

ゴールデンカムイ/©野田サトル

尾形を兄様と呼ぶ花沢勇作でしたが、尾形に戦場にて背後から撃たれて死亡します。

尾形が花沢勇作を撃ったのは父の教えを守り続ける事が原因でした。

「旗手」である勇作は父の教えである不殺を守り続けています。

そして、兄である尾形に上記の「人を殺して罪悪感を微塵も感じない人間が、この世にいて良いはずがないのです」と言いました。

この言葉が殺した相手に対する罪悪感なんてみんな持っていないという尾形の地雷を踏んでしまいます。

こうして尾形は勇作を撃ち殺しますが、その後、勇作の幻影に悩まされる事になりアイヌの未来、アシリパにその影を見いだす事になっていきます。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】花沢勇作の童貞が狙われていた!!

ゴールデンカムイ/©野田サトル

父・花沢幸次郎が望む名誉ある「旗手」でしたが、母である花沢ヒロはこの危険を伴う「旗手」になる事を反対していました。

そして、勇作が童貞ではなくなれば良いと考えた花沢ヒロは良家の娘・金子花枝子との見合いをセッティングします。

ですが、これを邪魔したのが「第七師団」特務曹長・菊田と入隊前の杉元でした。

結果、母である花沢ヒロの考えた縁談は破談になり、花沢勇作は「旗手」に抜擢された事になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゴールデンカムイ/©野田サトル

父が同じながら捨てられた尾形と、一身の愛情を受けて育った花沢勇作。

勇作は「旗手」にはバッチリとも言える理想な容姿や性格を持っていました。

この性格が原因である意味心配している尾形に一線を超える発言をしてしまいます。

そして、尾形は戦場の中で背後から花沢勇作を撃ち抜き殺してしまいます。

父の教えである不殺を貫いた花沢勇作を殺してしまった尾形はその後、同じく潔さをみせるアシリパに勇作を重ねていきます。

罪悪感や呪縛が新たに生まれた尾形。

兄様と呼んでいた花沢勇作から解き放たれるのか、尾形のこれからに注目したいですね。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒ノラ坊と菊田の「花沢勇作、童貞防衛作戦」とは??・・

⇒花沢勇作は尾形の弟!高貴な血統だからこそ狙われた!?優し・・

⇒尾形が花沢勇作を撃った理由は?・・

⇒9位 花沢勇作 3,853票・・

⇒函館五稜郭編!!尾形の戦いが終わる!!願いは叶ったのか?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA