スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!永倉最後の戦い!!たぬきジジイの本領発揮なるか!?

スポンサーリンク

「刺青人皮」の暗号の解読に成功した杉元一行や土方一派は舞台となる「函館」に向かいます。

ですが、同時に鶴見中尉率いる「第七師団」も解読に成功し「函館」に向かっていました。

その鶴見中尉率いる「第七師団」を迎え撃つ事になる杉元一行と土方歳三が率いる一派は土方の作戦により籠城する事になります

その中で千両役者ぶりをいかんなく発揮したのが、永倉新八でした。

遂に最終決戦を迎える「ゴールデンカムイ」。

土方一派の永倉新八の最後の活躍を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!永倉が鶴見を揺さぶる??

ゴールデンカムイ/@野田サトル

杉元一行や土方一派は最速で函館に到着する鶴見中尉率いる「第七師団」を「五稜郭」で籠城し迎え撃つ事になります。

ですが、当初こそ上手く行った作戦でしたが、徐々に「第七師団」に追い詰められていきます。

そんな中、土方一派の永倉新八は無慈悲な砲撃を続ける鶴見中尉に会いに行く決断をします。

これは「土地の権利書」があった事を伝える為と偽の降伏をするためでした。

永倉新八は権利書が鶴見中尉にとり価値があると言う永倉は突然土下座をしました。

そして、「権利書と引き換えに皆の命を保証してほしい」と降伏宣言をします。

鶴見中尉は「土下座なんておやめください」と声を掛けた後、悪そうな顔になり「権利書を盾に艦砲射撃を封じ込んだ上で、五稜郭に戻って土方と一緒に戦うつもりなんだろう?」と続けます。

更に「永倉新八こそ最後に喧嘩がしたくて疼いている頭のいかれた新選組の生き残りじゃないか」とその降伏宣言を却下すると永倉新八は頭を下げた状態ながら悪い顔で笑っていたのです。

まさに永倉新八の真骨頂といえる揺さぶりと言えます。

 

スポンサーリンク
"
"

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!永倉の函館山での戦い

ゴールデンカムイ/@野田サトル

鶴見中尉に揺さぶりを掛けた永倉新八でしたが、この交渉は決裂してしまいます。

そして、手ぶらで土下座する永倉に2人の兵士が銃を向けている状況になってしまいました。

鶴見中尉は「私は人の嘘を見抜くのが得意だ」と言うと、顔を上げた永倉新八は「ならばどこまでが本当かもわかったかね?」と問いました。

そう鶴見中尉に言った瞬間、永倉新八は手元にあった石を握るとそれを兵士の一人に投げつけ撃破しました。

更にもう一人の兵士の銃を掴み、一瞬で殴り倒します。

それと同時に兵士が撃とうとしていた銃を鶴見中尉の方へ向けた事で銃弾は鶴見中尉が乗っている馬を直撃しました。

これが原因で鶴見中尉は銃を永倉新八に向けながら発泡する事ができず、その隙をついた永倉新八は逃亡に成功します。

更に永倉はそのまま民家へ上がり込み、その民家にあった刀を手にします。

そして、追ってきた兵士を返り討ちにしていきました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!永倉が谷垣と共に汽車へ到着!!

ゴールデンカムイ/@野田サトル

その後、五稜郭へと戻る永倉新八でしたが、汽車に乗り脱出しようとしながら苦戦する杉元や土方の前に現れます。

そして、隊を蹴散らすと鯉登少尉に「かかってこいや、薩摩の芋侍が」と言い対峙する事になります。

この戦いでは倒れた兵士に気を取られながらも、互いの凄まじい剣技でいなしあいます。

どんな決着になるのかと思われた矢先、鯉登は「権利書」が入っていると思われる袋を確認した事で勝負を後回しにします。

結果としてその袋には「権利書」はなく、更に池に落ちてしまった事で永倉新八と鯉登少尉の決着は回避されます。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!永倉のその後は??

ゴールデンカムイ/@野田サトル

その後、「暴走列車」の戦いに参戦するかと思われた永倉新八でしたが、土方歳三の死によりあっさりと手を引き土方の死体を回収します

永倉新八は幕末時代に土方歳三に最後まで着いて行かなかったことを悔やんでいました。

「金塊争奪戦」では最後まで行動を共にしますが、行動原理の全てが土方だった為に土方の死を持って永倉新八の役割は終了したのです。

そして、その後はほぼ史実通りで永倉新八は小樽で大学生相手に剣道を教えたり新撰組の手記を残して余生を過ごしたとされます。

また、土方歳三の遺体は歴史通りいまだ見つかっていないと説明されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゴールデンカムイ/@野田サトル

新撰組最強と謳われた永倉新八ですが、「ゴールデンカムイ」作中でも屈指の強さと豪胆さを見せています。

五稜郭の戦いでは砲弾を掻い潜り鶴見中尉の元へたどり着いた後、土下座し命乞いしながらも暴れる気満々と「たぬきおやじ」っぷりを遺憾無く発揮しています

その瞬時に敵を斬り伏せる強さを持つ永倉新八ですが「暴走列車」にて土方が死ぬと、あっさりと「権利書」から手を引きます。

これは行動原理が全て土方だったからだと推測され、その後は史実通りの余生を過ごしています。

「一度この永倉新八に火を付けたら、全員の返り血を浴びんと鎮火せんぞ?」 という名言を残す破天荒なキャラクター永倉新八。

「ゴールデンカムイ」でも記憶に残る人物になりましたね。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒函館五稜郭編!!鯉登VS永倉!!・・

⇒函館五稜郭編!!鶴見は永倉の揺動にどう反応した??・・

⇒石川啄木が永倉に言われたセリフに笑いが止まらない!!・・

⇒対面を懇願する永倉を拒否・・

⇒永倉新八が「たぬきジジイ」??ギャップの激しさに圧倒され・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA