スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!杉元の最終決戦!!不死身の男はどんな戦いをする??

スポンサーリンク

遂に佳境を迎えた「ゴールデンカムイ」は最終決戦の地である「函館五稜郭編」で鶴見中尉率いる「第七師団」を迎え撃ちます

この決戦では「五稜郭」の籠城作戦から「暴走列車」までまさにオールスターが集結する戦いになりました。

その中で、アイヌの少女アシリパの相棒「不死身の杉元」は一体どんな活躍をみせたのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!杉元ついに金塊を見つける!!

ゴールデンカムイ/@野田サトル

「刺青人皮」の暗号解読に成功した杉元達は早速、「五稜郭」に向かい、土方の刺青の「神」の場所から「土地の権利書」を手に入れます

更に門倉の刺青と土方の記憶から馬用の井戸に隠された「砂金」を見つけ「金塊争奪戦」に勝利します。

先を越された鶴見中尉でしたが、今度はその「権利書」に目をつけます。

何故ならこの「権利書」を使う事で政府中央との交渉が有利になるからです。

そして、鶴見中尉率いる「第七師団」と「権利書」を持つ杉元達との最終決戦が始まる事になります。

 

スポンサーリンク
"
"

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!杉元は鶴見から矢筒を守ることはできた??

ゴールデンカムイ/@野田サトル

「権利書」を手にしたアシリパを狙う鶴見中尉率いる「第七師団」は駆逐艦を駆使し「五稜郭包囲網」を完成させます。

そして、突撃してくる「第七師団」に応戦する杉元一派でしたが、徐々に押されていきます。

この時、登場したのがかつて土方が隠した回天丸の主砲でした。

門倉と永倉により回天丸の攻撃で駆逐艦と気球を撃破していきました。

ですが、「第七師団」の勢いは止まらず「五稜郭」への突入を許してしまいました。

杉元は白石と共に応戦し、アシリパを逃がす為に作戦を決行します。

その作戦は失敗に終わり鶴見中尉が近づこうとした時、助けに入ったのが谷垣でした。

こうして、谷垣の助けもあった杉元は無事にアシリパを保護し、一時鶴見中尉を撒く為に「函館」行きの列車へ乗り込みます

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!杉元、ヒグマに救われる??

ゴールデンカムイ/@野田サトル

鶴見中尉を撒くために乗り込んだ列車でしたが、何とその列車には「第七師団」の援軍が乗っていました。

更に鶴見中尉や鯉登少尉も列車に追いつきます。

それぞれが各車両で「第七師団」と交戦する中、杉元の情報だけは錯綜していました

何故なら「暴走列車」にヒグマが侵入していたからでした。

これにより鶴見中尉も杉元の情報を得ることがなく、杉元も命拾いした事になります。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!杉元VS尾形!!

ゴールデンカムイ/@野田サトル

「暴走列車」で鶴見中尉と遭遇した因縁ある尾形でしたが、その後は鶴見中尉と手を組む事になります

そして、その尾形の前に現れたのが杉元でした。

更に「暴走列車」に乗車してきたヒグマとの三つ巴の戦いになります。

この戦いで尾形はまずヒグマを殺そうと銃を構えますが、杉元が銃剣で尾形の脇腹を抉りました

そして、馬乗りになり兼定で尾形の義眼を目掛けて振り下ろします。

ですが、弱っているのか杉元は一瞬の隙を突かれ逆にマウントを取られ、窮地を迎えてしまいます。

ですが、この時ヒグマがリュックを掴んで振り回し、尾形からは離れる事が出来ました。

ヒグマの登場でピンチを切り抜けた杉元でしたが、今度は列車から振り落とされそうになり、

尾形は「楽しかったぜ」と銃口を向けます。

そこへ、駆けつけたのは杉元の相棒アシリパでした。

アシリパは覚悟を決めており、「あれから誰か殺したのか」と言う尾形を毒矢で撃ち抜きました

この毒矢が致命傷となった尾形は幻覚でみる弟・勇作に包まれながら死亡します。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!杉元VS鶴見!!

ゴールデンカムイ/@野田サトル

「権利書」を奪われたアシリパは未来の事を杉元と白石に告げ、鶴見中尉の元へ行くと言います。

そして、「暴走列車」に乗り込んできた鶴見中尉と杉元、アシリパの最終決戦が始まります

この戦いの中でも鶴見中尉は異様とも言える言葉と戦闘スタイルで杉元を追い詰めて行きます。

これは「金塊」はどうでもいいから「権利書」だけを寄越せと言う鶴見中尉の願いでした。

ですが、杉元はもう貰ったから交渉にならないと言うと、自身の分だけネコババしていた砂金で鶴見中尉の目を潰しました。

そして、土方から託された兼定で鶴見中尉の額の琺瑯割ごとぶった斬ります。

その衝撃で「権利書」の入った筒と妻フィーナとオリガの骨も飛び散ってしまい、何とか権利書の筒に手を伸ばしながら形見の骨はそのまま落下し粉々になってしまいました。 

その隙を突き、「権利書」を奪い返したアシリパ

それを見て杉元は先頭車両だけ切り離された「暴走列車」からアシリパを逃がすと、杉元は鶴見とともに「暴走列車」で函館駅に突っ込みます

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】函館五稜郭編!!杉元とアシリパはその後どうなった??

ゴールデンカムイ/@野田サトル

「金塊争奪戦」の最終決戦から6ヶ月後、東京に杉元、アシリパが現れます

杉元は「手術で見えるようになったんだね 梅ちゃん」と声をかけ、両手分の金を梅子とその息子の寅太郎に手渡します。

一緒に来ていたアシリパも榎本武揚に土方の刀を届け、信頼できる伊藤博文と西園寺公望にアシリパが死守した「権利書」の話をしてくれます

そして、杉元は「故郷へ帰ろう」と、アシリパと2人で北海道へと戻りました

現在も背の伸びたアシリパと相変わらずの杉元はアイヌの未来を守りつつ、北海道で暮らしている様子が描かれています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゴールデンカムイ/@野田サトル

アシリパの相棒「不死身の杉元」はあいも変わらずな活躍を見せてくれました。

「暴走列車」では「五稜郭」や「札幌ビール工場」での疲れからか、弱った感じでしたが鶴見中尉との最終決戦では流石「不死身の杉元」と言われる由縁を見せつけてくれました。

その後、「権利書」の話しも決着がついた杉元とアシリパの2人は北海道に戻り狩りをしながら生活しています

ようやく決着がついた「金塊争奪戦」。

杉元とアシリパが勝利する事になりましたが、最後の最後まで鶴見中尉の脅威に晒される事になります。

そして、その鶴見中尉の遺体は愚か遺品も鯉登少尉が探しながら見つかっていません。

これが何かの伏線なのか、結果、杉元の勝ちながらこの先の話しも見てみたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒ノラ坊とは杉元佐一!!菊田と出会ったきっかけは??・・

⇒杉元が「ちょうだい?」とおでこを押しても離さない・・

⇒杉元佐一のモデルは作者の曽祖父・・

⇒アシリパと杉元は両想い!?相手を思う気持ちは愛情?それと・・

⇒樺太編は内容が濃すぎ!アシㇼパと杉元は再び相棒関係に!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA