最新ネタバレ『東京リベンジャーズ』262-263話!考察!黒い衝動発動でマイキー暴走!東卍復活するも瞬殺!?

スポンサーリンク

和久井健「東京リベンジャーズ」262話より引用

未来で起きた出来事をマイキーに話したタケミチ

その時漏れたマイキーの助けを求める声に応えるためにタイムリープしてきたことをマイキー本人に打ち明け、「最後の決着をつけに来た」と伝えました。

タケミチもタイムリーパーなのにマイキーの背負った業のデカさを何もわかっていない」「マイキーはガキの頃から定められていた修羅の道を進むしかない」

と春千夜が割り込んできたため、タケミチの言葉と覚悟をマイキーがどのように受け止めたのかは分かりません。

ともかく春千夜が大寿を斬ってしまった上に半間も駆けつけてきたため、タケミチは関卍最強幹部3人に囲まれる形になってしまいました。

しかしその時、すでにボロボロなはずの千冬が「もうタケミチを1人にはしない」と立ち上がり駆けつけてきました

「総長のために命を懸ける」とタケミチと背中を合わせた千冬。

揺るぎない相棒コンビはこの劣勢を覆せるでしょうか!?

第262話『To rout and ravages』は衝撃かつ文字通りあっという間の展開です!

 

スポンサーリンク

『東京リベンジャーズ』262話!のネタバレ 

それでは『東京リベンジャーズ』262話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

奮い立つ東卍

タケミチの背中を預かった千冬。

「東卍は絶対負けねえ」と奮起し、マイキー&春千夜&半間という強敵3人に「かかってこい」と啖呵を切りました

千冬の姿には、彼が立っているのがやっとの状態だと分かっている東卍メンバーが何よりも驚きました。

すると突然、三ツ谷が「うおおおお!」と叫びました。

千冬に元気をもらったとして、三ツ谷も立ち上がったのです

もちろん三ツ谷もすでにボロボロですが、「東卍はまだやれる」と言って後ろを振り返ると、同意するようにイヌピー&ココ、パー&ペー、河田兄弟、溝中五人衆、モブの東卍メンバーも立ち上がりました。

そして千咒も春千夜の傷に対しての罪悪感やしがらみをここで断つべく立ち上がりました。

もはやタケミチしか残っていないと思われましたが、千冬の奮起を皮切りに二代目東卍が甦ったのです

そして「東京卍會!」という声と共に東卍の旗が力強く掲げられました。

 

スポンサーリンク

大寿生きてた!

旗を掲げたのはなんと大寿でした

大寿が東卍の旗を掲げたのも熱いですし、春千夜に斬られながらも生きていたのが熱いですし、何より八戒が肩を貸している姿が熱すぎます!

大寿は「まだまだ行けるだろう」と東卍に檄を飛ばしました。

その姿に春千夜は、大寿への斬撃が浅かったと悔しがりました

幹部の奮起や大寿の檄によって、他のモブメンバーたちもどんどん立ち上がってきます。

そしてこの場が「東卍!」コールで埋め尽くされていきました。

先ほどまでタケミチが関卍3人に囲まれる形でしたが、あっという間に関卍が東卍に囲まれる形へと形勢逆転です!

「東卍!東卍!」と鳴り響く東卍コールがなんとも心強い。

しかしその東卍コールがマイキーを変貌させてしまうのです。

 

スポンサーリンク

出た!黒い衝動

東卍コールはマイキーの耳に入ると、マイキーの中でズズズと何かが蠢きました。

そしてタケミチの目の前に立つマイキー。

マイキーの眼が「あの眼」だと気づき、タケミチは戦慄します

しかし何かアクションする暇もなく、タケミチはマイキーにぶっ飛ばされてしまいました。

気付いた千冬がタケミチに駆け寄ろうとしますが、千冬もマイキーに蹴り飛ばされてしまったのでした。

先ほどまで背中を合わせていた2人が、気づけば数mも離れた状態で倒れることになるなんて…。

東卍コールと共に甦った東卍も一瞬で静まり返ってしまいました。

このマイキーの状態はやはり黒い衝動です

三ツ谷は、あれがマイキーなのかと言葉を失いました。

逆に春千夜は「出た!黒い衝動」と目を輝かせていました。

 

スポンサーリンク

全滅

今度は春千夜の方へ歩いていくマイキー。

春千夜は「待っていたぜこの時を」と嬉しそうにマイキーを迎えますが…なんとマイキーは春千夜も蹴り落としてしまいました

白目を剥いて倒れる春千夜。

半間が「どうした?今のは三途だぞ」とマイキーに問いかけますが、しかしマイキーは「で?」と返すのみ。

その無機質な殺意に半間すらも戦慄しました

そしてそのまま半間も蹴り飛ばされてしまったのでした。

味方である春千夜と半間さえも倒してしまったマイキーに恐れおののく東卍メンバー。

その後、東卍も関卍も関係なく片っ端からやられていきました。

三ツ谷やパーペー、河田兄弟さえも容赦なく倒され、大寿さえもあっけなくやられてしまったのです。

気づけば立っているのがマイキーだけになっていました

 

スポンサーリンク
"
"

『東京リベンジャーズ』ネタバレ262-263話のまとめ

千冬の奮起から東卍復活の熱い展開でしたが、それを忘れてしまうほど衝撃的で悲しい終わり方でした。

和久井健「東京リベンジャーズ」262話より引用

最後は敵味方関係なく皆が地面に伏す中でマイキーだけ立ち尽くす形になってしまい、マイキーの孤独感を表すような描写でした

「お前本当にマイキーか」と問いかけるスマイリーの声も聞こえていなかったようなので、やはり黒い衝動中は無意識なのでしょう。

東卍メンバーを殺害したり遠ざけたりしていたこれまでのマイキーの行動を改めて考えさせられる姿でしたね。

で、次回はどうなるの?と呆然としてしまうくらい、もうマイキー1人です。

もちろんタケミチが立ち上がってくるでしょうが、今回の最後の1コマはマイキーが自身の行動に気づいた=正気を取り戻したような感じでもあります

この壮絶な状況を見てマイキーが何を思うのか、そしてタケミチが起き上がったとしたら何と声をかけるのか、注目していましょう!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒『東京リベンジャーズ』264話!マイキーから見る真一郎の死や・・

⇒『東京リベンジャーズ』263話!マイキー過去編に突入!佐野家・・

⇒『東京リベンジャーズ』261話!相棒千冬参戦!タケミチvsマイ・・

⇒『東京リベンジャーズ』260話!大寿vsワカ・ベンケイ!周囲が・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA