最新ネタバレ『チェンソーマン』98-99話!考察!衝撃の第二部幕開け?!新たに登場する悪魔とは?!

スポンサーリンク

藤本タツキ「チェンソーマン」98話より引用

いよいよ始まった待望の第二部。

舞台は、とある高校です。

担任の田中先生が新たな仲間として連れてきたのは鶏の悪魔

コケピーと名付けられた鶏の悪魔を待っていたのは衝撃の結末で…?!

 

スポンサーリンク

『チェンソーマン』98話!のネタバレ

それでは『チェンソーマン』98話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

コケピー登場

コケピーは、首がない鶏の形をした悪魔で、話すことができました。

そして3ヶ月後、クラスのみんなで食べることが決まっていました

田中先生の目的は、みんなに命の大切さを知ってもらうことです。

突然仲間入りしたコケピーに生徒たちは興味津々。

しかし、そんな中、1人だけコケピーを受け入れない女子生徒がいました

三鷹です

三鷹は親を悪魔に殺されていて、コケピーを認めないことはもちろん、クラスからも孤立していました。

ある日、コケピーが自分の机に座っているせいで居場所を無くした三鷹はクラスを出て行きました

屋上を目指す途中、目に入るのは楽しそうな学生たちです。

三鷹は心の中で悪態をつきました。

死ね!

 

スポンサーリンク

この街は腐ってる?

1人屋上で昼食を食べる三鷹のもとに、委員長がやってきました

委員長はぼっちの三鷹を気にしているようです。

委員長が食べていたのはチェンソーマンのカレーパンです。(デンジは人気者みたいですね!)

三鷹はこの街を腐っていると思っていました

ほとんどの建物が違法建築、飲酒運転をしていた人が市長を務め、チェンソーマンという悪魔がデビルハンターとして人気者…。

そして、教室には鶏の悪魔まで。

三鷹はコケピーもチェンソーマンも早く死んでほしいと呟きました

委員長はコケピーについては100日後には死んでいるんだから…となだめました。

ところが…コケピーは次第にクラスに馴染み始めました

三鷹なんかよりよっぽど…。

そして、約束の3ヶ月が過ぎました。

 

スポンサーリンク

本当の狙い

田中先生は約束の3ヶ月が過ぎた日、デビルハンター志望の生徒にコケピーを殺してもらうことにしました

コケピーは悲しそうにうなだれます。

嬉しそうなのはこの日を待ち侘びた三鷹だけです。

その時、委員長が立ち上がりました。

「私たち全員で話し合って決めました。コケピーは食べません!」

三鷹は唖然w

(全員で、と委員長は言いましたが、少なくとも三鷹は参加していませんしw)

委員長はコケピーはみんなにとって、もう鶏でも悪魔でもなく、友人だと語りました。

田中先生は「その言葉を聞きたかったんだ」と涙を浮かべました

結局、コケピーを殺すのはやめ、これからもクラスの一員として一緒に暮らすことになりました。

盛り上がるクラス、白ける三鷹…。

田中先生の真の狙いは、たとえ悪魔であっても命は大切であることを学ばせることでした

作戦は大成功、コケピーを含めたクラスメイトはみんなでサッカーをしようと外に飛び出して行きました。

三鷹を除いては…。

 

スポンサーリンク

コケピーを悲劇が襲う!

三鷹は1人、みんなを遠くから見ていました。

田中先生はあいかわらずぼっちの三鷹に、友達を作る大切さを語りました

しかし、三鷹の心は頑なでした。

「一緒にサッカーしよう」と委員長も声をかけてくれました。

その時、コケピーも三鷹に飛び付きます。

「三鷹アサちゃん!」

コケピーは三鷹の名前をちゃんと認識していました。

自分の名前など、田中先生と委員長しか知らないと思っていたのに…。

三鷹は飛びついてきたコケピーを抱きしめました。

顔を上げると、そこには三鷹を待つクラスメイトの姿が…。

三鷹はようやく気づきました。

楽しそうな学生たちに悪態をついてきたけど、本当は、ただみんなが羨ましかっただなのです

コケピーを抱いたまま、三鷹はクラスメイトの元に駆け出そうとしました。

ところが悲劇が起きてしまいました。

三鷹は転んでしまったのです。

「ゴギャ!」

コケピーは潰れてしまいました…

 

スポンサーリンク

絶望の夜

コケピーの内臓は飛び出し、三鷹の制服を汚しました。

自分自身でも猫に勝てないと言うほど弱い悪魔でしたから、人間の体重が乗ればこうなってもおかしくないでしょう。

目の前で起きた惨劇に、コケピーと仲良くしてきたクラスメイトは衝撃を受けました

三鷹が恐る恐る顔を上げると、みんな顔を歪め、涙を浮かべていました。

その悲しみを知れば知るほど、三鷹は絶望的な気持ちになりました。

もうコケピーは何をしたって帰ってきません。

もしも、クラスで誰か1人が屋上から飛び降りなければいけなくなって、それを投票で決めるとしたら…全員が自分に入れるだろう

自分自身だって自分に入れる。

三鷹はそんな想像をすることしかできませんでした。

夜、三鷹はベットで今日のことを振り返りました。

あの後、クラスではコケピーのお墓を作りました

教室に三鷹が入った時のみんなの刺すような視線…。

思い返しても辛くなります。

せっかくあの輪に入れると思ったのに…。

 

スポンサーリンク

委員長の変貌

三鷹が後悔していると、家のチャイムが鳴りました。

家を訪問してきたのは田中先生と委員長でした。

2人は三鷹が落ち込んでいると思ってコケピーのお墓参りに誘ってくれたのです

途中、横断歩道がありました。

信号は赤。

車通りはなく、田中先生と委員長は迷いなく信号無視をしました。

でも三鷹はルールを守り止まりました

委員長はここが我慢の限界でした…。

委員長は三鷹に対して思っていた本音をぶちまけてしまうのです。

“いつもいつも良い子ちゃんぶってばかり”

コケピーが死んで三鷹が逃げ出した後、田中先生は三鷹に代わってみんなに謝っていました。

田中先生は委員長にいつも1人の三鷹と「友達になってやれ」とお願いしていました。

ここで委員長の体が膨張し始めます…。

そしてついに、人の形ではなくなった時…委員長の憎しみが爆発しました

…田中先生と委員長は実は体の関係にありました。

それなのに、田中先生が好きなのは三鷹だったのです。

 

スポンサーリンク

あの時の真相

委員長の顔は6個に増え、体は内臓のような物で覆われていました。

もうその姿は完全に悪魔…。

「正義の悪魔と契約した」

委員長は、田中先生とハッピーエンドを迎えるために悪魔と契約していたのです。

正義の悪魔と契約してわかったこと。

それは”三鷹を殺せばいい”ということでした

そうすれば田中先生の心は自分のものになると考えたのでしょう…。

委員長は正義の悪魔に言われ、三鷹に足をかけて転ばせたことを白状しました

あの時、コケピーが潰れたのは委員長のせいでもあったのです。

委員長は高笑いしました。

呆然とする三鷹の前に、悪魔と融合した委員長の手が伸びました…!

 

スポンサーリンク

後悔

死ぬまで0.1秒。

そんな瞬間、三鷹はなぜか安心していました。

コケピーが死んだのは自分のせいじゃなかったこと。

委員長だって田中先生に好かれる自分のことが羨ましかったってこと。

みんなきっと誰かに嫉妬しているんだってこと

三鷹の顔は委員長の手で切り裂かれ、目玉が飛び出しました…。

もしも、もっと早く知っていたら、もっと上手く生きられたのに…。

もうちょっとだけ、自分勝手に生きてみればよかった…

三鷹は薄れゆく意識の中、そんなことを考えていました。

 

スポンサーリンク

田中先生は武器に変身?!

飛び出した三鷹の目玉は信号機の上に光る2つの玉を見つけました

2つの玉の正体は悪魔の目玉…。

「生きたいなら体をもらうぞ」

死ぬ寸前、三鷹と悪魔は融合しました。

ゆらり、と立ち上がった三鷹に田中先生も委員長も驚きました。

次の瞬間、三鷹は田中先生の首を引っ張り出したのです。

「田中脊髄剣」

(あまりにグロいので注意が必要です汗)

委員長は「なんだテメェ!」と叫びました。

三鷹の顔には委員長に刻まれた傷跡がしっかり残っています

確かに体は三鷹なのですが、今の人格は悪魔です。

「我が名は戦争の悪魔!」

戦争の悪魔となった三鷹と、正義の悪魔と契約した委員長がついに激突します。

 

スポンサーリンク

ハッピーエンド?

委員長は愛する田中先生からできた田中脊髄剣で腕を切り落とされてしまいます。

委員長の腕は戦争の悪魔の手で手榴弾に変形させられてしまいました

戦争の悪魔は田中脊髄剣で委員長の体を一刀両断!

その体に田中脊髄剣を突き刺し、手榴弾を投げました。

田中脊髄剣には田中先生の顔ももちろんついています。

突き刺したことで、委員長の顔と田中先生の顔は至近距離に…。

委員長は田中先生の顔にキスをしました

「よし、ハッピーエンドだな」

戦争の悪魔が呟いた瞬間、手榴弾が爆発しました。

全て吹き飛び、残ったのは肉片と戦争の悪魔だけ…。

 

狙いはチェンソーマン?

戦争の悪魔の目に、あるポスターが映りました。

それは”チェンソーマンを皆で呼ぶ会”のお知らせでした

「待ってろ、チェンソーマン…核兵器を吐き出させてやるぞ」

戦争の悪魔は宣戦布告!

三鷹の魂は完全に乗っ取られてしまったのでしょうか?!

次回、ついにデンジも登場?!

 

スポンサーリンク
"
"

『チェンソーマン』ネタバレ98-99話のまとめ

ついに始まった第二部!

チェンソーマンらしい衝撃の連続でしたね。

藤本タツキ「チェンソーマン」98話より引用

今回の主人公は親を悪魔に殺され、クラスでも孤立する女生徒・三鷹アサ

担任の田中先生が連れてきた鶏の悪魔・コケピーとの出会いと衝撃の別れ。

優しくしてくれた委員長のまさかの悪魔化…。

そして、それを引き起こしたのは三鷹本人である悲劇…。

その上、田中先生と委員長は体の関係にある中、田中先生が好きなのは三鷹という三角関係!

人間模様までドロドロでしたw

今回、三鷹の体と融合し、新登場した戦争の悪魔

名前からして強そうです。

田中先生は剣、悪魔化した委員長は手榴弾に変えられていました。

このことから、戦争の悪魔の能力は相手を武器化することだと思われます

(それにしても田中脊髄剣…ネーミングセンスが相変わらずすごいですよね!)

戦争の悪魔はチェンソーマンを敵視している(ライバル視?)様子が見られました。

チェンソーマンに対しては、核兵器というキーワードを使っていることから、強さにおいては一目置いているようですね!

戦争の悪魔とチェンソーマンの対決はすぐ起きてしまうのでしょうか?!

また、第一部で登場したマキマの生まれ変わり・ナユタはどうなっているのでしょうか?

パワーを見つけ出すという約束の行方は?

これから解明されていくことにも期待ですね!

来週もますます目が離せません♪

 

この記事の関連記事はこちらじゃ⇩

⇒『チェンソーマン』100話!デビルハンター部の入部試験開始?!・・

⇒『チェンソーマン』99話!脳を半分乗っ取られた?!戦争の悪魔・・

⇒『チェンソーマン』97話!怒涛の最終回!!チェンソーマンには・・

⇒『チェンソーマン』96話!マキマとデンジは1つになる?!デンジ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA