最新ネタバレ『東京リベンジャーズ』251-252話!考察!ココが激アツの寝返りへ!半間も動きマイキーvsパーちんも勃発の激動展開!

スポンサーリンク

和久井健「東京リベンジャーズ」251話より引用

三ツ谷、八戒、千冬に続きアッくんも勝利!

さらに勢いづく東卍ですが、ワカの他にベンケイも現れたイヌピーと、春千夜に対し罪悪感を抱いていた千咒がそれぞれ劣勢と心配な戦いもあります。

特に千咒の方は劣勢どころか、負けを認めながら過去のことについて謝罪していました。

それに対して春千夜は「あの日何があったか、てめえは何も分かっていない」と千咒を鉄パイプで殴打

千咒のした事は「きっかけにすぎない」とのことですが、果たして春千夜とマイキーの間に何があったのでしょうか。

しかし第251話『Get out of hand』は春千夜の話は一旦置いておいて、予想外の激アツ展開満載です!

 

スポンサーリンク

『東京リベンジャーズ』251話!のネタバレ 

それでは『東京リベンジャーズ』251話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

イヌピーは負けられない

場面はイヌピーvsワカ・ベンケイと、それを見ているココ

ワカだけでもやばいのにベンケイも参戦してきて、イヌピー1人ではさすがに勝てる気がしません。

ココも思わず「レジェンド2人相手にお前1人でどうする」のだとイヌピーを止めようとします。

しかしイヌピーは全く怯んでいないどころか、「ワカ君もベンケイ君もムカつく」と言って2人を殴りました

イヌピーが腹を立てているのは、2人が梵だったり関東卍會だったりにいるからです。

佐野真一郎はそんなことを望んでいないはず。

2人の“ど真ん中”は初代黒龍のはず

というのがイヌピーの怒りであり、顔を見るにその怒りと言葉はちゃんとワカとベンケイに届いているようでした。

やはり関東卍會にいる理由が何かありそうですね。

 

スポンサーリンク

ココの葛藤

続けて「自分にとっての“ど真ん中”も初代黒龍であり、その思いをタケミチに託した」とも言うイヌピー。

つまり二代目東卍は初代黒龍と同じ魂を持っているのだと

だからこそイヌピーは関東卍會には絶対に負けられないのだと、強く拳を握ったのでした。

そしてイヌピーの叫びはココの心にも響いているようでした。

ココには葛藤が生まれていました。

子どもの頃なら絶対にイヌピーを助けに入ったはずだと。

つまり敵同士にもかかわらず、イヌピーを助けたいという気持ちを抱き始めているのです。

しかしココには“イヌピーより赤音を選んだ”という後ろめたさがあり、動けずにいました

 

スポンサーリンク

半間動きます

戦況が固まってきた頃合いを見て、マイキーは傍にいた人物に「後片付け」を頼みました。

その人物とは半間修二!

まだ抗争には参加していなかったんですね。

しかしいよいよ動き出します。

半間が向かったのは、それぞれの勝利を讃える三ツ谷・八戒・千冬・アッくんのところ。

「死にぞこない共。遊んでくれよ」と死神がやってきました

4人とは言えすでにボロボロですし、半間1人にやられる可能性は十分にあります。

半間と言えばドラケン…蘇ってくれよー!

 

スポンサーリンク

真のマブダチ

啖呵を切ったイヌピーですが、やはりワカ・ベンケイ2人を相手取るのは無謀でした。

ボロカスにやられています

するとイヌピーは「何やってんだ!」と“ココに対して”叫びました。

「早く手を貸せ!マブだろ!」とイヌピーは言うのです

敵同士なのに何故そんなことが言えるのかとココは戸惑いました。

その時、ココの中にいる赤音がこう語りかけてきました。

いいかげん自分の好きなように生きな、と

「ありがとう」と微笑む赤音。

そこでココは、自分がずっと意地を張っていたのだと気づいたのでした。

意地を張って後に引けなくなったまま、ズルズルと悪の道に進んでしまっていたわけですね。

「自分の好きなように生きる」

ココにとってそれは、イヌピーに加勢することでした。

ココはベンケイにとどめを刺されそうになっていたイヌピーの前に割り込み、ベンケイをぶっ飛ばしたのでした!

嬉しそうなイヌピー。

ようやく本当にわだかまりが解けた感じです。

 

スポンサーリンク

マイキーvsパーちん!?

一方、ついにマイキーの元に東卍メンバーのひとりが辿り着きました。

それはなんとパーちんでした!

「引導を渡すのは俺だ」と言うパーちん

マイキーは「お前か」と睨み立ち上がったのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

『東京リベンジャーズ』ネタバレ251-252話のまとめ

ココが味方になりました!

イヌピーに説得されるのではなく、イヌピーの言葉をきっかけに本当の心と向き合った結果、イヌピーと同じ方向を向いたというのが熱いですね。

未来(現代)でも梵天という極悪組織にいたココですが、ここで足を洗えたことになるはずです。

ただしマイキーを裏切ることになるというのが心配です。

三途も裏切りには厳しいですしね。

そして半間が動き出しました。

マイキーが「後片付け」と言っているのが悲しいですが、普通に考えれば半間に4人が倒されて終わってしまいそうではあります

が、半間が出てきたからには今の物語に予想外の要素を与えてくれそうと期待してしまいます。

和久井健「東京リベンジャーズ」251話より引用

さらにはマイキーvsパーちん

かつての仲間、それも東卍創立メンバーで、愛美愛主との一件もあったことから注目の組み合わせですね。

かなり熱い、あるいはツラい展開になりそうですが、とにかくパーちん頑張れ!

いよいよマイキーが動き出し、次回も楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒『東京リベンジャーズ』252話!パーちんがマイキーに挑む!バカ・・

⇒『東京リベンジャーズ』250話!春千夜の傷の真意とは!?アッ・・

⇒『東京リベンジャーズ』249話!灰谷兄弟惨敗!?千冬vsモッチー・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA