【メイドインアビス】主人公「リコ」はどんなキャラ?母親ライザとの関係やレグとの出会いは!?

スポンサーリンク

リコはこの作品の主人公であり、住んでいるベルチェロ孤児院では遺物を窃盗するため問題児として扱われています。

ある日突然母親でありラストダイブ(死が約束された冒険)に挑んでいた白笛探窟家・ライザからの、「奈落の底で待つ」という手紙が発見されました。

母の記憶が無いリコは、その手紙を信じて自身もアビスの底を目指すラストダイブを決行します。

 

リコはアビスに対しては誰にも負けない熱意を持っており、身体能力は高くないが遺物への知識や奇抜な発想で、冒険を支えていきます。(主人公が戦闘に不向き、というのは珍しく感じます)

今回はそんな「デコメガネ卿」や「子供卿」などと小馬鹿にされている、主人公リコについて紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【メイドインアビス】リコはどんなキャラ!?

メイドインアビス@つくしあきひと、黄瀬和哉、黒田結花

リコは今作品の主人公であり、金髪ツインテールでメガネをかけた12歳の少女で、ベルチェロ孤児院に住んでいます。

母は白笛のライザ、父はライザの探窟隊のメンバーで黒笛だったトーカです。

父のトーカはリコが生まれる前に探窟中に亡くなり、母ライザはリコが2歳の時にラストダイブ(死が約束された冒険)に挑んでいるため、リコには二人の記憶がありません。

リコはアビスへの好奇心が非常に強く、いつか探窟家の最高位である白笛になることを目指しています。

住んでいるベルチェロ孤児院は、子供たちが安全な浅い層で発掘したアビスの遺物を売り生計を立てています。

 

しかしリコは発掘した遺物を何度もちょろまかし自分のものにする問題児で、罰として裸吊りなどにされますが決して辞めない生粋の問題児です。

身体能力としては一般的な少女と変わらず、特殊な能力などはありません。

ただリコのメガネには度が入っておらずただの水晶板で、これを通して物を見ないと頭痛に苛まれるそうです。

これはリコの出生が関係しています。

 

リコを妊娠していたライザは、緊急任務でアビスの遺物を回収する必要がありました。

その任務は10ヵ月に及び、他国の探窟隊との戦闘もあり、その影響で父トーカは命を落としてしまいました。

そしてライザも任務中、つまりアビスの中でリコを出産しました。

ですが大人でも死亡してしまう可能性があるアビスの上昇負荷に、生まれたばかりのリコが耐えられるはずがありません。

 

その時にライザが下した決断は、任務対象の遺物の回収を諦め、生まれたばかりのリコを「呪い除けの籠」という名前通りの遺物の中に入れて地上に帰還する、というものでした。

「呪い除けの籠」の能力も完全ではなく、リコはアビスの呪いとして「目が変質した」そうです。

 

スポンサーリンク
"
"

【メイドインアビス】リコは好奇心旺盛で活発な女の子!

メイドインアビス@つくしあきひと、黄瀬和哉、黒田結花

リコはアビスに対する好奇心が非常に強く、アビスにつながる行動は悪いこと(遺物をくすねるなど)でも平気で行ってしまいます。

窃盗した遺物としては太陽玉、ウロコ傘(特にすごい物ではない)などがあるようです。

また遺物の知識、冒険中の注意点や知恵なども豊富で、冒険中はおいしい食材や負傷したときの対処方法などを披露していました。

特に遺物に関しては、これまで発掘された遺物が全て記載された「遺物目録」を全て覚えているほどです。

そのためアビス史上最も価値のある遺物のひとつ「奈落の至宝(オーバード)」の可能性があるレグには、人体実験まがいのことをしています。(髪の毛を燃やす、電気を流す、お尻に棒を刺しこむなど)

12歳の少女がこのような猟奇的なことをするのは異常で、ボンドルドと同じマッドサイエンティスト気質を感じます。

 

スポンサーリンク

【メイドインアビス】母親ライザとの関係は!?

メイドインアビス@つくしあきひと、黄瀬和哉、黒田結花

リコの母親である白笛探窟家・ライザは、リコが2歳の時にラストダイブに挑んでおりそれ以降リコに会ったことがありません。

探窟家としてのライザは伝説通りの凄まじい活躍をしていましたが、地上での日常生活は傍若無人でいたずら好きだったようです。

他にも大酒のみで喧嘩っ早いし酷い偏食家だったようで、白笛で無かったらただの変人と言われるほどです。

 

ライザがリコのことを本当に愛しているかは分かりませんが、ライザの行動からはリコへの愛情を感じることができます。

リコが生まれたのは、緊急の依頼でアビスに潜っている最中でした。

この依頼対象の遺物は国同士のパワーバランスさえも変える程の物で、達成すれば隊全体の将来が約束され、アビスの街全体も潤うほどでした。

加えてこの任務では探窟隊のライザとオーゼン以外が命を落としていて、リコの父であるトーカも無くなっています。

そんな沢山の犠牲を払った任務を放棄し、ライザはリコを地上に連れて帰ることを選択しました。

親としては当然のことかもしれませんが、客観的に見ても犠牲にしたものが大きすぎます。

これだけでもライザのリコへの愛情を感じることが出来ますし、その際の上昇負荷でリコの目に影響が出たことを本当に悔やんでいたそうです。

 

またリコも記憶に無く、生きているかも分からない母親に会いに行くため、死が約束された冒険へと旅立つのです。

共に過ごした時間は少ないけれどアビスへの探求心や問題児的性格など、やはり親子なのだな、と感じる部分があります。

 

スポンサーリンク

【メイドインアビス】リコとレグとの出会い!

メイドインアビス@つくしあきひと、黄瀬和哉、黒田結花

リコが第1層の「樹住まいの化石群」を探窟していると、ベニクチナワという本来は第1層には生息していない危険生物に襲われてしまいます。

ベニクチナワによる一撃目は、パンパンのリュックのおかげで大きな怪我をすることはありませんでしたが、ベニクチナワは倒れているリコを大きな口で捕食しようとします。

身構えて目をつぶるリコでしたが、突然周囲が明るく光り目を開けると、ベニクチナワの顔の一部が円形に焼けこげていました。

ベニクチナワはこの負傷に驚き、リコに攻撃を加えることなく逃げていきました。

安心したリコが周りを確認していると、一方向だけベニクチナワの傷のように円形に焼けこげた跡があることに気づきました。

その跡を辿っていくと大穴の淵には、意識を失って機械の手足をした少年を見つけます。(これがレグです)

 

気を失った機械の少年をベルチェロ孤児院に連れて帰ったリコは、人体実験のように少年を調べ始めます。

焼けた石炭を口に入れる、ドリルで機械部分に傷が付くのか、お尻の穴はどうなっているのか、電気を流すとどうなるのかを調べた結果、孤児院のブレーカーが落ちる程の電気を流すと少年は意識を取り戻しました。

しかし、少年はそれまでの記憶を失っているようです。

リコは少年に「レグ(以前飼っていた犬の名前)」という名前をあげ、細工をしてレグを孤児院の仲間として迎え入れることにしました。

 

スポンサーリンク

【メイドインアビス】なぜリコはアビスの底を目指すのか!?

メイドインアビス@つくしあきひと、黄瀬和哉、黒田結花

レグが孤児院に入ってから2か月が過ぎた頃、ラストダイブをしていたライザの所持品が発見されます。

所持品の中身はライザの白笛、冒険のメモ、リコ宛の「奈落の底で待つ」という手紙がありました。

白笛の所持品は親族に渡されるのが通例であるため、これらはリコの手に渡ります。

しかし白笛の所持品が見つかるということは、その白笛の所有者が死亡したことを意味します。

つまり、ライザは死亡している、と考えるのが一般的です。

 

しかしリコは、ライザの手紙の「奈落の底で待つ」という言葉を信じて、ライザに会うために自身もラストダイブを決行することに決めました。

そしてレグは自分の出生や過去を知るために、リコのラストダイブについていくことにしました。

こういった理由でリコとレグの、アビスの底を目指す冒険が始まります。

 

スポンサーリンク

【メイドインアビス】リコ白笛へ!

メイドインアビス@つくしあきひと、黄瀬和哉、黒田結花

リコ達は冒険の途中で、第5層の上昇負荷でウサギ獣人のような外見のナナチを仲間に加えます。

ナナチは黎明卿・ボンドルドと因縁があり、5層から6層に向かうためにボンドルドの拠点である「前線基地(イドフロント)」を通過する必要がありました。

何の問題もなく通過できそうで、リコは前線基地で年齢が同じくらいの少女プルシュカと仲良くなりました。(プルシュカはリコ達の冒険についていきたいと思うほどに、仲良くなっていたようです)

しかしリコ達が前線基地で寝ている時に問題が起きました。

なんとレグが捕まり、ボンドルドの部下である祈手たちに右腕を切り取られてしまったのです。

これによりリコ達とボンドルドは敵対し、純粋で何も知らなかったプルシュカは、父親であるボンドルドと仲良しのリコ達との板挟みになってしまいます。

プルシュカはボンドルドの説得を試みましたが、説得には失敗し前線基地に連れていかれてしまいました。

 

リコ達はレグの切り取られた右腕の回収と第6層へと向かうため、再び前線基地に侵入します。

その際にリコ達はボンドルドから、白笛は「命を響く石(ユアワース)」という遺物を加工したものであり、命を響く石の原料は「対象者に全てを捧げてもいいと思う人間」ということ知らされます。

その後リコ達はレグをメインとして、カートリッジ(人間を小さく解体した呪い除けの箱)など完全武装のボンドルドと戦闘を始めます。

戦闘はレグが有利に進み、ボンドルドを穴に落とし、上昇負荷で装備を消耗させる作戦で進んでいきます。

作戦もうまく進み穴から這い上がる際には、ボンドルドのカートリッジは呪い除けとして消費され、次々と排出されていきます。

元の地面に戻る頃には全てのカートリッジが消費され、地面へ転がり落ちました。

ボンドルドはそんなカートリッジのひとつに「素晴らしい冒険でしたね、プルシュカ…」と声を掛けました。

そうです、プルシュカは前線基地に連れていかれた後、カートリッジに加工されていたのです。

この事実に怒りながら、リコ達はボンドルドとの戦闘を続けます。

そして機転を利かしたリコの作戦で、ボンドルドにレグの火葬砲を当て、倒すことに成功しました。

 

リコは勝利の喜びに浸ることなく、カートリッジとなってしまったプルシュカに駆け寄ります。

カートリッジを持ちながら泣き叫ぶリコ、すると突然カートリッジから液体があふれ出し、中から拳ほどの固体が出てきました。

その固体に何かを感じ、リコは拾い上げ優しく撫でると、ボンドルドとの戦闘で負ったレグの怪我が治りました。

プルシュカはリコのために、白笛の原料である遺物「命を響く石(ユアワース)」になったのです。

リコとプルシュカが一緒に過ごした時間はとても少なく、普通なら「リコに全てを捧げる」とまでは思わないはずです。

しかし二人には未知への好奇心など様々な共通点があり、それも影響してリコのために命を響く石になったようです。

 

そしてリコ達は命を響く石であるプルシュカの力を使い、ついに第6層に到達しました。

第6層の「イルぶる(村)」でプルシュカは加工され、正式にリコ専用の白笛となりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

メイドインアビス@つくしあきひと、黄瀬和哉、黒田結花

好奇心旺盛で、アビスのことになると常軌を逸した行動をとることもあるリコ。

母親であるライザの手紙を信じて、危険に満ち溢れたアビスへと冒険を始めます。

道中で様々な危険に遭遇しますが、仲間の助けと自らの奇抜な作戦により切り抜けていきます。

プルシュカとの悲しい別れを経験しますが、そのプルシュカのおかげで更なる深層に踏み込み、ライザにたどり着くために冒険を続けます。

 

どんな状況になっても決してあきらめることの無いリコ、その冒険への姿勢は大人でさえも驚かせることでしょう。

今後も様々な試練を切り抜けるであろう、リコの冒険からは目が離せません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA