最新ネタバレ『東京リベンジャーズ』248-249話!考察!千咒と春千夜の明司兄妹対決勃発!イヌピーは憧れの初代黒龍と対戦!?

スポンサーリンク

和久井健「東京リベンジャーズ」248話より引用

圧倒的人数差で始まったものの、タケミチの姿に士気を上げ勢いづく東卍

しかし関卍も幹部メンバーが動き出し、各所で因縁の対決が始まっていきます。

鶴蝶vsタケミチのほか、千冬vsモッチー、アッくんvs班目獅音、三ツ谷・八戒vs灰谷兄弟という注目のカードだらけ。

千咒やペーパーコンビやイヌピーも快進撃中で、イヌピーはその騒乱の中でココを見つけました

果たしてそれぞれの戦いはどんな展開を見せていくのでしょうか。

第248話『Long time no see』ではさらに最大の激アツ対戦が勃発!?

 

スポンサーリンク

『東京リベンジャーズ』248話!のネタバレ 

それでは『東京リベンジャーズ』248話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

灰谷兄弟に憧れた三ツ谷

場面は三ツ谷・八戒vs灰谷兄弟ですが、三ツ谷の思い出話を少しだけ。

13歳の三ツ谷がルナとマナを連れて麻布祭りに行った時のことです

13歳の夏なので東卍を結成した直後あたりでしょうかね。

祭りでは大勢の人で賑わう中を、刺青を入れたガラの悪い集団が歩いており、人々がそれを避けるように道を開けていました。

そしてそのガラの悪い集団の先頭にいたのが“六本木のカリスマ”灰谷兄弟

彼らを見て三ツ谷はかっこいいと思いました。

こうして実は当時、灰谷兄弟に憧れたという三ツ谷。

2人の“都会の不良”という感じでスタイリッシュなところが三ツ谷の心を射止めたようです。

デザイナーになるほどのセンスを持つ三ツ谷らしい感情ですね。

あるいは灰谷兄弟が三ツ谷のデザイナーとしての才能を目覚めさせたのかもしれませんが、三ツ谷にとっては関東事変でやられた以上の因縁が灰谷兄弟にあるというわけです。

しかし当の灰谷兄弟は「お前らは5分後に死ぬ」という予言を残し、挑発的に走り去っていきました

三ツ谷の制止も聞かず逆上して2人を追っていく八戒。

三ツ谷もそれを追うハメになったのでした。

 

スポンサーリンク

明司兄妹対決!

無双状態だった千咒もさすがにやや疲れてきた様子。

50人以降は数えていないと言っていますが、つまりはそれ以上の人数をすでに1人でぶっ飛ばしたということです

さすがですね。

ところがそこへある人物がやってきたため、千咒に一気に緊張が走りました。

その相手とは千咒が「ハル兄」と呼ぶ人物。

千咒の兄・三途春千夜です

春千夜は「目ざわりなハエめ」と鉄パイプを千咒に突きつけました。

まさかこれで千咒を殴るとでもいうのでしょうか…。

激熱・兄妹対決の勃発です!

 

スポンサーリンク

灰谷兄弟の罠

八戒を見失ってしまった三ツ谷。

見つけた時には、すでに八戒は血まみれで倒れていました。

辛うじて意識のあった八戒は、三ツ谷に「はめられた」と言います

すると気づけば周囲にゾロゾロと関卍メンバーが!

灰谷兄弟は兵隊を隠していた場所に2人を誘い込んでいたのです

灰谷兄弟は高みの見物。

果たして灰谷蘭の予言通り、2人は“5分後に死亡”してしまうのでしょうか!?

三ツ谷&八戒ピンチです!

 

スポンサーリンク

イヌピーvsワカ

騒乱の中ココを見つけたイヌピーですが、どうやらそのままココを追っていたようです。

追い詰められたココは「オマエとやる気はねえ」と拒絶

するとそこへココに「下がってろよ」との声がかかりました。

声の主はワカ。

つまりイヌピーvsワカの勃発です

ココをどうにかしたいイヌピーに突如降りかかった試練。

憧れの黒龍初代メンバー、しかも元特攻隊長を相手に、イヌピーはどんな戦いを見せるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

三ツ谷の予言

関卍に包囲された三ツ谷でしたが、なんと1人でその殆どをぶっ倒していました。

八戒は地面に倒れたまま。

どうやら八戒は不意打ちで頭をバットで殴られたらしく、そう簡単に起き上がれる状態ではないようです。

が、八戒は「ちょっと寝たら回復した」と言ってすぐに起き上がりました

2人のタフさに驚く竜胆。

三ツ谷&八戒は5分経っても死んでいないどころか、包囲していた関卍の兵隊たちを倒してしまったのです。

つまり蘭の予言はハズレ。

すると今度は三ツ谷が灰谷兄弟に予言してみせました

「5分でボコボコだ」と。

兄弟以上の名コンビ、三ツ谷と八戒の反撃が始まります!

 

スポンサーリンク
"
"

『東京リベンジャーズ』ネタバレ248-249話のまとめ

和久井健「東京リベンジャーズ」248話より引用

今回は新たに瓦城千咒vs三途春千代、乾青宗vs今牛若狭という注目の対決が勃発しました

やはり千咒は春千夜との対決になりましたね。

千咒は“春千夜がおかしくなったのは自分のせい”という自責の念があるのでかなりやりにくいでしょう。

それに慕っていたお兄ちゃんですしね。

そのため殴り合いはあまり見たくないなと思ってしまいますが、ともあれ期待していた大一番なので、千咒との対決の中で春千夜の心が知れたらいいなと思います

イヌピーvsワカに関しては正直イヌピーがワカに勝てるイメージはありませんので、イヌピーとココの関係性の変化や関卍にいるワカの事情などを見られたらいいなと思います。

新たな対戦カードでさらに見どころが増えた東卍vs関卍。

次回もますます楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒『東京リベンジャーズ』250話!春千夜の傷の真意とは!?アッ・・

⇒『東京リベンジャーズ』249話!灰谷兄弟惨敗!?千冬vsモッチー・・

⇒『東京リベンジャーズ』247話!それぞれのリベンジ!?因縁絡・・

⇒『東京リベンジャーズ』246話!東卍優勢!タケミチの姿に勢い・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA