最新ネタバレ『スパイファミリー』62話前編!考察!黄昏の過去が判明?!戦争は突然に!?

スポンサーリンク

遠藤達哉「スパイファミリー」62話より引用

西国(ウェスタリス)東部の在りし日の日常、穏やかな西の国のとある日、子供たちが集まって戦争ごっこをしていました

まだ東西戦争が起きる前のことです。

<参謀>と呼ばれた少年は、頭脳も使いながら敵を倒していきます。

その少年は…のちに<黄昏>と呼ばれるようになるのです

ついに謎大き黄昏の過去が明らかに?!

 

スポンサーリンク

『スパイファミリー』62話!のネタバレ

それでは『スパイファミリー』62話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

戦争ごっこ

黄昏は子供時代、参謀と呼ばれていました

1話で披露した『振り向いたら殺す』というセリフも登場!

子供の頃からの本気の時は迫力満点ですw

でも普段はとってもかわいい少年でした。

東西の緊張が続く時代背景の中、子供たちの間で流行っているのはどうやら戦争ごっこのようです。

しかし、参謀の家は父親が厳しく、兵隊セットを買ってもらえません

どんなに賢く、迫力があってもそのせいで参謀は友達から兵隊とは認めてもらえずにいました。

参謀が優秀なので妬みもあったのでしょう。

参謀たちが遊んでいたのはかつて陸軍が使っていた倉庫です

子供たち4人はここを秘密基地として遊び場にしていました。

この日も平和な1日が終わり、4人はそれぞれの家路につきました。

 

スポンサーリンク

父親との確執

参謀が家に帰ると、父親が帰っていました

参謀は思わず輪ゴム銃を隠しました。

しかし、父親はその動きに気づいていました。

父親は息子が兵隊ごっこをやっていることが気に入りません。

そんなことをしている暇があるなら勉強してほしいと思っていました。

父親に将来をどう考えているのか問われた参謀は、本音を父親にぶつけます。

「みんなと一緒に軍隊に入る」

それは父親の望む答えではありません。

父親は臆病者である息子に軍隊は務まらないと言いました。

夢を否定された参謀は食い下がってしまいます。

「やれるよ!東の悪人を全員やっつけるんだ!」

その瞬間、父親は参謀の頬を思いっきりビンタしました

父親は参謀に東国の悪行を本当に見たのか、直接話してどんな人たちなのかを知っているのかと問いかけました。

「自分から争いを望むな」

父親は息子を諭しましたが、幼い参謀にはただただ夢を否定され、悔しさだけが残りました。

その悔しさは握りしめていた輪ゴム銃が壊れてしまうほどでした。

父親の話を途中で無視し、参謀は自分の部屋に駆け込みました。

その後は参謀への対応について、父親と母親は口論ばかり

(自分だって母さんと争ってるくせに…)

この頃の参謀の中で父親は少し遠い存在だったようですね…。

 

スポンサーリンク

戦争は起きない?

参謀たち4人の子供たちはこの日も仲良く遊んでいました。

近所のお店でコロッケを買って、町をぶらぶらしているとおじさんに祭りの準備の手伝いをしてほしいと声をかけられました。

どうやらお祭りが近いようですね。

子供たちは木材を運んだりと肉体労働に勤しみます。

参謀は大人に「本当に戦争が起きるの?」と尋ねました。

大人たちは子供たちが”戦争ごっこ”をしているうちは大丈夫だと答えました

今は協定があるらしく、目立った小競り合いも起きていません。

しかし、老人は1人、反論していました。

「その油断が命取り」と大人たちの平和ボケを否定していました

おおむね、西国は今日も平和…。

誰も老人の言葉を本気にしません。

子供たちはどのみち軍隊セットを持っていない参謀は兵隊にはなれないと揶揄しました。

…こうなると、参謀はどうしても兵隊セットが欲しくてたまりませんでした。

 

スポンサーリンク

父親を騙してしまう?!

その日の夜…。

父親は急な出張に行く準備をしていました

国境沿いが慌ただしくなってきたのです。

この状況から考えるに、父親は軍関係の仕事をしている可能性がありますよね。

服装的には軍人ではなく、それこそ”参謀”なのかもしれません。

父親が戦争の凄惨さを知っていたとしたら、息子には同じ道を歩ませたくないと強く願うのも頷けます。

一方、参謀は出かける直前の父親に声をかけました。

参考書が欲しいからお小遣いが欲しい…

父親は参謀の言葉を聞いて明るい笑顔を見せました。

父親は嬉しそうにお金を渡してくれました。

参謀の胸はチクリと痛みました

参謀はこのお金で兵隊セットを買うつもりなのですから…。

父親は「帰ったら一緒に祭りを回ろう」と言い残し、出かけていきました。

参謀は最後まで本当のことを言い出せず、この日の食事は味がしませんでした。

 

スポンサーリンク

ついに手に入れた兵隊セット!

翌日、参謀はみんながいる秘密基地に意気揚々とやってきました。

父親を騙してもらったお金で兵隊セットを買ったのです

念願の兵隊セットを手に入れて、参謀もうれしそうです。

みんなも似合うと褒めてくれました。

となれば…もちろんやることは決まっています。

戦争ごっこです。

友達は今日も東国人をギッタギタにすると盛り上がっていました。

参謀は昨日の父の言葉が頭をよぎったのでしょうか。

今日はなぜか戦争ごっこに入り込むことができません

「やっぱ今日はやめとくよ」

自分は父親が言うように東国の人のことを何も知りません。

何より父親を騙して手に入れた兵隊セットでは楽しく遊べないのです。

 

スポンサーリンク

壊れた日常

参謀は1人、秘密基地を後にしていつものコロッケのお店にやってきていました。

参謀は店主のおばさんに「ボクって兵隊さんに向いてないのかな…」と問いかけました。

おばさんは兵隊になんてならなくていいと答えました。

銃を持っているより、コロッケを持っている方がかわいくて好きだと言ってくれました。

参謀は周りから東国人はツノが生えたアクマで、人間を食べると教えられていました

おばさんはその情報も誤りであることを教えてくれました。

東も西も、同じく人間が暮らしているのです。

参謀は買ったばかりの兵隊セットの帽子を外しました。

(なんか…思ってたのと違うかも)

参謀はおばさんに店の手伝いを申し出ました。

10ダルク稼いで、父親に騙したお金を返したいと考えたのです

参謀はまだ幼く、難しいことはわかりません。

でも、今やらなくちゃいけないことは決まっています。

父親に謝ること

それから、友達とは戦争ごっこ以外の遊びを…。

参謀がそう心に決めた時でした。

鳥が鳴く平和な青空に突如爆弾が降り注いだのです。

 

スポンサーリンク

戦争が始まる?!

臨時放送が流されました。

『東国軍が国境を越え東部各州への攻撃を開始した』

国境付近は父親が出張で向かった場所です。

西国はもうすぐお祭りで、平和な日常が続いていくはずでした。

突然、崩された日常…。

協定もあったはずなのに、なぜ突如としてこんな事態が起きてしまったのでしょうか?!

参謀の父親は無事なのでしょうか?!

参謀の運命は如何に?!

 

スポンサーリンク
"
"

『スパイファミリー』ネタバレ62話前編のまとめ

今回は、<黄昏>の過去が少し明らかになるお話でした。

黄昏は子供の頃の回想をすることが過去にも何度かありましたが、これは戦争孤児になる前のお話です。

幼い頃、黄昏は<参謀>と呼ばれていました

参謀が小さい当時、東西は協定を結び、なんとか平和を保っていました。

それでも子供たちの間では東は敵!というイメージが浸透しており、遊びは専ら東国を相手にした戦争ごっこでした。

参謀の父親は厳しい人物で、参謀が戦争ごっこをしたり、ましてや兵隊になりたいといいだすとビンタをするほど戦争には否定的でした

おかげでみんなが持っている兵隊セットも参謀は買ってもらえません。

どうしても兵隊セットが欲しい参謀は、父親に参考書を買うと嘘をついてお金を騙し取り、念願の兵隊セットを手に入れるのですが…。

父親を騙して手に入れたことや、父親が言っていた言葉が参謀の胸に刺さったのか、結局この日は戦争ごっこをせずに帰ってしまいます。

帰り道、参謀はいつものコロッケの店のおばさんと話しました。

10ダルク稼いで父親に返して謝ろう…。

遠藤達哉「スパイファミリー」62話より引用

そんなことを考えていたその時、平和な日常を壊す爆撃が西国を襲いました

臨時放送では『東国軍が国境を越え東部各州への攻撃を開始した』と流れています。

…父親は国境付近に出張に行っていました。

大人になった黄昏の回想では、戦争で壊れた街の中で泣いていました

父親も母親もなく、1人で…。

もしかしたらその日が迫っているのかもしれませんね…。

父親とは会えないままなのでしょうか?!

参謀が黄昏になるのはいつなのでしょうか?!

次回もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒スパイファミリー62話後編!黄昏の誕生?!嘘で塗り固めた本当・・

⇒スパイファミリー61話!厄災降臨?!プランBは一歩前進!?・・

⇒スパイファミリー62話中編!みんな嘘つき?!黄昏が銃を持った・・

⇒スパイファミリー60話!イチゴは世界平和の必需品?!フィオナ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA