スポンサーリンク

最新ネタバレ『カッコウの許嫁』103-104話!考察!取り違えっ子は複雑?!凪の思わぬ提案とは?!

スポンサーリンク

吉河美希「カッコウの許嫁」103話より引用

律子からM-1で優勝した時のことを聞いた凪たち

話が終わった後、凪たちは先に外でエリカを待ちます。

2人きりになったエリカは律子に話してくれたことへの感謝を伝えました

一方の律子もエリカの成長を感じていました。

今まで、エリカが友達を家に連れてきたことなどありません。

娘の成長は嬉しくも少し寂しいもの。

律子は仲良く友達と帰っていくエリカを見送りました

新たにM-1への思いを強くした凪たち!

どんなパフォーマンスになるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『カッコウの許嫁』103話!のネタバレ

それでは『カッコウの許嫁』103話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

M-1への意気込み

律子から聞いたM-1の話で凪たちのグループLINEは賑わっていました。

宗一郎と律子は爆弾を使っていましたね!

秘訣は”期待を裏切ること”

明日までにどんなパフォーマンスにするか考えておくことが宿題になりました。

ちなみに宿題を出した凪に残る3人が『偉そうに…』とツッコミw

凪のいじられキャラっぷりが垣間見えますねw

現実にM-1優勝を果たした律子から話を聞けたことで、みんな俄然やる気がでたようです

 

スポンサーリンク

どっちも似てる?!

ひろとシオンも帰宅し、凪とエリカは2人きりになりました。

エリカは天野家の両親について、今まではそんなに仲がいいと思っていませんでした

特に海野家の両親が仲良しなため、よりそう感じてしまった部分もあるでしょう。

(2人は取り違え子であるため、天野家両親はエリカの育ての親であり、凪の実親。海野家両親は凪の育ての親であり、エリカの実親。)

でも律子から2人のなれそめを聞けて、少しホッとしたようです。

それにしても、映像で見た高校生の2人は凪にそっくりです。

エリカにそう指摘された凪は、そっくりそのままエリカにその言葉を返しました。

律子の鉄仮面は表情に乏しかった凪に確かに似ています

宗一郎がすぐに告白をネタにするところも、エリカからすると凪に通じる部分があります。

(凪は別に告白をネタにしているつもりはないのですがw)

凪にも言い分があります。

エリカは常々”爆弾発言”を繰り返しています

「爆弾大好き親子」と凪は命名しましたw

でも、エリカの場合、本当の爆弾ではないんですけどねw

さらになんでもエンターティメントにしようとするところもそっくりです。

(エリカ自身はエンタメではなくサプライズのつもりなのですがw)

2人はお互いに天野家両親に似ている部分について押し付け合いました。

…天野家両親の立場がないですね汗

 

スポンサーリンク

親が4人いること

本当に取り違え子は面倒くさい。

2人はこの結論に落ち着きました。

凪は考えます。

自分が取り違え子だと知る前に、凪は偶然にも実の両親と同じ高校を選び、同じような選択をしています

初めて会った時、2人を見て確かに自分に似ていると思いました。

でも…。

凪が天野家両親と自分が似ていることを素直に受け入れられないのにはある理由がありました…。

思い浮かぶのは海野家両親の笑顔です

(俺を育ててくれたのはあの2人だから…今更親じゃないなんて思えない)

凪は天野家両親を認めることは、海野家両親を否定することのように感じていました。

そんな凪の気持ちをエリカは見抜いていました。

「親が4人もいるとかおもしろいよね!」

凪はエリカにそう言われてハッとしました。

別にどちらかを選ぶ必要なんてないのです。

天野家と海野家の両親はどちらも本当の親だと思えばよかったんです。

エリカに凪は救われました。

 

スポンサーリンク

ここにいる意味

両方の両親が本当の親だと受け入れられたところで、エリカは2人を”許嫁”にして、凪とエリカ両方とも本当の子供にしようとしている両家の親の気持ちも理解してしまいました。

(柔軟すぎ!w)

でもそこに子供たちの気持ちがありません。

だから2人はここで抵抗しているのです

「そーだった!」

エリカは毎日が楽しいからか、事の始まりをすっかり忘れていたようですがw

お腹が空いたエリカは幸を誘ってピザを食べようとその場を去りました。

1人きりになった凪は、ソファに寝そべって考えていました。

その瞳は何かを決意したようで…?!

 

スポンサーリンク

宿題は出揃った?!

翌日、ひろは弓を引いていましたw

その先には頭に爆弾を置いた凪が!

状況を全く飲み込めない凪はプチパニック中です。

ひろが考えたM-1のパフォーマンスは、ウィリアム・テルなどを模したもの。

いつ爆発するのかハラハラドキドキ!

さらに爆発するのは爆弾か人か?!

危険度が高すぎるアイディアに、流石の凪も戸惑いを隠せませんw

チラッと凪が横を見ると、エリカ&シオン組も謎のパフォーマンスを見せようとしていました。

エリカはバリカンを持ち、シオンの頭をカットしようとしています

どうやら、シオンを坊主にする事で”爆弾級のインパクト”をGETする作戦らしいのですが…。

 

スポンサーリンク

凪からの提案

ひろは弓を構えて矢を入ります。

凪に緊張が走りました。

一方のエリカもバリカンを構えてシオンの頭にスタンバイ!

でもシオンはここで大切なことに気がつきました。

今、坊主にしちゃったら本番…坊主になれない!?

当たり前のことにようやく気がついたものの、エリカは勢い余ってバリカンを手放してしまいます。

その先はプールです。

勢いのままプールに飛び込みそうになってしまうエリカ!

エリカを間一髪で支えたのは凪でした

(さっきまで頭にあった爆弾がない…w)

エリカの胴体に手を回し、しっかり抱き止めました。

凪はここで昨日から思っていたことを伝えました。

「やっぱり俺たちでコンビを組もう」

凪の目的は何なのでしょうか?!

宗一郎と律子のM-1優勝に関係があるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許嫁』ネタバレ103-104話のまとめ

今回は、取り違え子の悩みとM-1パフォーマンスを決めるお話でした。

凪とエリカは家に戻ってきてから、宗一郎と律子がやはり凪に似ているという話になりました

凪と天野家両親は実の親子なので、似ているのは当たり前。

凪はそれを認めざるを得ないとわかっています。

でも、思い浮かぶのは自分を育ててくれた海野家の両親です。

今から、親じゃないなんて思えません。

凪の葛藤に気がついたエリカは「親が4人もいるとかおもしろいよね!」と凪に伝えました

別にどちらかを選ぶ必要なんてないのです。

エリカは生みの親も育ての親も、どちらも本当の親だと言いたかったのでしょう。

どちらかを選ばないといけないと思い込んでいた凪はその言葉に救われました。

 

翌日、ひろとエリカは早速M-1のパフォーマンスを考えてくれたのですが…w

ひろは凪の頭に爆弾をくくりつけ、それを撃ち落とすという荒技w

(爆発するのはいつか?人か?爆弾か?そのハラハラをパフォーマンスと捉えている模様)

エリカはシオンの髪をバリカンで坊主にすることで爆弾級のインパクトを与える作戦のようです。

でも今坊主にしてしまっては本番で実行できません。

吉河美希「カッコウの許嫁」103話より引用

そんな大事なことに今頃気がついたエリカは焦ってバリカンを手放してしまいます

その先はプール!

あと少しで落ちるというタイミングで凪がエリカを抱き止めました。

凪、久々にカッコいいシーンですw

凪はエリカを抱きとめたまま「やっぱり俺たちでコンビを組もう」と声をかけました

凪の心変わりの理由とは?!

ひろとシオンの気持ちは?!

波乱必至のM-1がどんな結果になるのか今から楽しみですね!

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『カッコウの許嫁』105話!M-1でやることは?!文化祭がついに・・

⇒『カッコウの許嫁』104話!天野家に負けたくない?!凪とエリ・・

⇒『カッコウの許嫁』102話!宗一郎と律子のなれそめ?!M-1の・・

⇒『カッコウの許嫁』101話!M-1の全容判明?!凪の気持ちにも・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA