【七つの大罪】メリオダスの弟は十戒のリーダー!!敬神の戒禁を持つゼルドリスとは何者!?

スポンサーリンク

魔神族の少年であり、魔神王直属精鋭部隊(十戒)の一人。

ゼルドリスのプロフィール
  • 年齢252歳(封印前)
  • 身長152㎝、体重50㎏
  • 血液型A型
  • 誕生日2月5日
  • 出身地、魔界

外見はメリオダスと瓜二つで黒髪であり、声まで似ている。

メリオダスの弟です。

過去はエスタロッサの弟でもありましたが、エスタロッサの正体は四大天使の中でも最強だったマエルということが判明しました。

ゴウゼルの禁呪によりマエルの記憶は「魔神王の息子で、メリオダスの弟であり、ゼリドリスの兄」という架空の人物にすり替わってました。

エスタロッサの正体がマエルと判明したため、ゼリドリスの兄はメリオダスだけとなります。

性格は冷静沈着。

十戒の中では年少の分類ではあるが癖のある仲間を指揮している。

エスタロッサの放蕩ぶりに呆れたり、感情的なガランを諫めたりと気苦労が多い。

理由は不明だが女神族の紋章が掘られた剣を所持している。

魔力「魔神王「ゴッド」」

他者の魔力を封じることができ、本来は『魔神王』が持つ魔力だかゼルドリスは魔神王より、この魔力を借り受け”魔神王の代理”として行使している。

魔力「凶星雲(オミノス・ネビュラ)」

 ゼルドリスを中心に強烈な吸引力を持つ力場が発生する。

対象は生物のみ。

物理攻撃は届かず近づけば正体不明の攻撃に襲われる。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】フラウドリンによって復活した魔神族

復活した経緯は二大聖騎士団長ドレファスに憑依したフラウドリンによって3000年の時を経て復活を果たした。

フラウドリンは正式な十戒には任命されておらず、ある人物の代理である。

魔神族は魔神王が束ねる種族です。

赤き魔神は魔神族の中では下位に分類されている全身赤色の魔神です。

灰色の魔神は魔神族の中では赤き魔神より上だが、全体的に見れば下位に分類されており、全身が灰色の魔神です。

十戒は魔神王直属の精鋭部隊です。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】見た目がメリオダスそっくり

外見は瓜二つであり、声も似ている。

髪は黒髪。

メイオダスと似ていますが、

ただメリオダス魔神化したときは右の額、ゼルドリスは左の額に紋様があり違いがあります。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】魔人王より与えられた能力「敬神」

魔神王より与えられた能力です。

能力内容はゼルドリスに対して背を向ける者を魔神王ひいては代理であるゼルドリスへの”背信”とみなされ強制的に服従させる。

リオネス市街地で聖騎士と一般人に発動しており、ギルサンダー達に襲いかかった。

その時の聖騎士は「魔神王様に従わぬ反逆者に鉄槌を下すのが我ら僕の使命❗」と言っており、戒禁の威力は強力なようです。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】メリオダスを尊敬していた過去

blank

3000年前の時、魔神王の息子、メリオダスは十戒の統率者であり、次期魔神王候補だった。

また魔神族のリーダーとして敵味方に畏れられていた。

ゼルドリスも十戒であるにしろメリオダスの強さに畏れもありながら兄として「強い」メリオダスに尊敬をしていました。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】 吸血鬼一族にいた恋人との別れと裏切った兄への深い恨み

blank

ゼルドリスにはエジンバラに封印されていた吸血鬼、「ゲルダ」と言う女性がおり、恋人同士だった。

ゼルドリスは彼女を護る為に強くなろうとしていた。

その最中にメリオダスは魔神族を裏切りその混乱に乗じて逆乱を企てていた吸血鬼一族の処刑を請け負う事になり、自らの手で恋人を処刑をしました。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】ドロールとの戦いで圧勝

blank

ドロールはかつて巨人王であり、女神族と妖精族の連合軍「光の聖痕(スティグマ)」の一翼を担っていました。

ドロールと対峙したときゼルドリスの魔力により、圧倒的な力を封じられたドロールにゼルドリスは自分の魔力の説明と二択の選択肢を与えました。

「十戒のメンバーになるか、それともここで命を失うか」

誇り高い巨人族、その巨人王ドロールが逃げるという選択肢はなく、苦渋の末にドロールは十戒になりました。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】エスカノールに吹き飛ばされて生死不明

blank

一度はエスタロッサと共に吹き飛ばされましたがマーリンの使い魔を倒し、生存確認されました。

その後、再度エスカノールと対峙します。

その際は魔力「凶星雲(オミノス・ネビュラ)」を使用し、エスカノールの「ザ・ワン」と互角に戦うがエスカノールがゼルドリスの間合いに入ると強制解除されました。

距離を取るゼルドリスだかエスカノールの攻撃とリュドシエルの攻撃により現在は生死不明です。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】メリオダスに協力するゼルドリスの狙いとは?

呪いにより蘇ったメリオダス。

魔神王になるべく戒禁を吸収しに来たメリオダスの発言に激昴し攻撃を仕掛けるも彼への攻撃は一切通用せず、返り討ちに合い拘束されてしまう。

その時、耳打ちでメリオダスから実は「ゲルダは生きている」と聴かされ、メリオダスが魔神王になる事でゲルダが救われると理解し、戒禁をメリオダスに吸収させるため協力している。

 

ゼルドリスの強さと悲しい過去と現在の状況がわかりました。

ゼルドリスは一言で言うと「苦労人」だと思います。

ゼルドリスは強力な魔力を有している為、再度戦いになればどうなるかわかりません。

 

現在ではゼルドリスの生死は不明ですがゼルドリスの過去をましてや聞くと生きていて欲しいですね‼️

最後はゼルドリスの自分なりの答えが出せる時がくるといいなと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



2 件のコメント

    • KRさま

      コメントありがとうございます。

      たしかにエスタロッサはマエルと判明し、ゼルドリスやメリオダスとも兄弟ではなくなりましね。
      内容を更新しました。

      ご指摘ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です