最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』246-247話!考察!帝とかぐやの関係性は?!救出作戦は新たな展開へ?!

スポンサーリンク

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」246話より引用

京都の四宮家本部では、雁庵が隠している金庫を探す黄光を中心に慌ただしさを増していきました

それは同じく四宮家本部の一室にいるかぐやでさえ感じ取れるほどでした。

しかし、今のかぐやはスマホを取り上げられ軟禁状態。

情報を得ることは難しい状況でした。

「まぁ…何が起きても私には関係のないことだろうけど」

かぐやは諦めたように呟きました。

その時、かぐやの呟きに返事をする声がしたのです。

「ところがそういう訳でもないんだよ」

果たして、軟禁状態のかぐやの側に現れたのは誰なのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』246話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』246話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

帝がここにいる理由

部屋の外にいたのは帝でした

現在、四宮家と四条家は戦争真っ只中。

四条家の跡取りである帝は敵地のど真ん中にいるようなものです。

かぐやは帝の身を案じました。

帝はかぐやを安心させるために、黄光に呼ばれてきていたことを伝えました

招かれざる客ではなかったことを知ってかぐやも一安心です。

帝が黄光に呼ばれた理由は、かぐやとの結婚の話のためです。

かぐやにとっても、四宮家の黄光が四条家の帝を呼んだ時点でおおよその予想はついていました。

黄光はこの結婚を四宮家と四条家の和平の柱にするつもりだったのです

しかし帝は黄光の呼び出しに応じた体で四宮家に”潜り込んだ”ことを暴露しました。

帝が四宮家に潜り込んだ真の目的は、かぐやを助けるためです。

双子の姉である眞妃にもかぐやを助けるように頼まれていました

犬猿の仲だった眞妃との関係もいつの間にやらこんなに変わったんですね!

眞妃の優しさを知り、かぐやも嬉しかったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

状況整理

帝はふすま越しに今起きている状況を説明してくれました。

今、御行たちがかぐやを救出するために動き出していること

その一環で雁庵に会い、遺書をチャラにするために隠し金庫を探していること

黄光が慌てているのはその金庫がなかなか見つからないためであること。

かぐやはようやく状況を飲み込めました。

帝は御行たちの奮闘を讃えました。

「僕が想像していたよりも…ずっと頑張ってる」

かぐやはその言葉を聞いて「会長たちが…」と呟きました

その呟きに、かぐやと御行の絆や想いが溢れていたのでしょうか。

帝は何かを感じ取ったような表情を浮かべました

しかしその次の瞬間、かぐやは照れ隠しで御行たちの行動を批判しましたw

「何にしても危険なことを!私たちはもう別れているのよ!」

帝はそこは「素直に喜んでいいとこだろ」とツッコミを入れました。

こういう素直じゃないところはポンコツ眞妃とそっくりなかぐやなのでした。

 

スポンサーリンク

2つの選択肢

帝はかぐやには道が2つあることを提示します。

1つ目は御行たちのプランに乗ること。

2つ目は帝に全てを任せること

帝は自分に任せてくれれば、絶対に丸く収める自信がありました。

なぜなら、御行たちのプランは全体的に詰めが甘いからです。

(まぁ、高校生が天下の四宮家に挑むわけですからね…)

「でも…勝ち筋のあるプランだろう」

帝は自分に自信があります。

でも、御行のことも認めていることがわかりますね。

帝は今ある情報を全てかぐやに提示した上で重ねて聞きました。

「君はどうしたい?」

帝も御行もかぐやの幸せを願っています

だからこそ、当の本人であるかぐやが自分で選択して自分の人生を決めるべきだと考えていたのです。

 

スポンサーリンク

プロポーズ!

帝はかぐやに自分の決意を表明しました。

「僕と結婚したらこの家から君を連れ出して ずっと幸せにするって約束するよ」

もちろん、御行たちのこともちゃんと守ります。

かぐやに苦労はかけさせません。

口にこそ出しませんでしたが”だから自分を選んで!”という帝の祈るような気持ちが伝わってきますね。

「まるで白馬の王子様みたい」

かぐやは突然現れた帝をそう例えました。

なぜそこまでしてくれるのか、かぐは帝に問いかけました

帝はかぐやの問いかけに問いかけで返しました。

「何でだと思う?」

かぐやはその言葉で思い出しました。

かぐやには子供の頃に帝と交わした約束がありました。

子供の頃の約束なんて、もう忘れていると思っていたのに…帝はちゃんと覚えていたのです。

帝はふすまを開けて、かぐやの背後に立ちました。

「この手を取ってくれさえすれば後は僕が何とかしてみせるよ」

「君の願いは全て叶える」

帝はかぐやに手を差し伸べました。

 

スポンサーリンク

かぐやが選んだ道は…?

かぐやは答えを出しました。

「…ごめんなさい」

かぐやが帝の手を取ることはありませんでした

その理由は、単純なことでした。た

帝の言う”かぐやの願いを全て叶える”ことは不可能だからです。

「私の願いを叶えられるのはこの世界でたった1人なの」

その相手はもちろん御行です。

帝はかぐやに背をむけて座り込みました。

かぐやは帝の気持ちに対して、感謝を伝えました。

帝はこうなることがわかっていました

御行とかぐやの絆が強いことを側で見てきたのですから…。

 

スポンサーリンク

別れの時

帝はかぐやの答えを聞き、すぐに次の作戦について話しました。

御行のプランでは、今から30分後に早坂愛が騒ぎを起こす事になっています

警備が手薄になるこの機会を逃さず裏口から脱出すること。

それから、石上に頼まれていたお守りをかぐやに渡しました。

石上のお守りには”交通安全”の文字が

このお守りにも何かしらの秘密があるのでしょうか?

帝は立ち上がりました。

「協力できるのはここまでだ」

かぐやと手を取り合うことのなかった帝にはもうここにいる理由がありません。

かぐらとの結婚が和平の柱になることもありません。

帝は四条家の跡取りとして、この先は父親と共に四宮家との関係をどうにかしないといけないのです

「ありがとう 王子様」

「じゃあね 姫様」

まるで合言葉のように、2人は別れの言葉を交わしました。

 

スポンサーリンク

恋愛はタイミングが全て?!

かぐやの元を去りながら、帝は思い出していました。

2人の出会いは子供の頃。

泣いているかぐやを見つけた帝は、なんとか泣き止んでほしくて、たくさん話しかけました。

ようやく笑顔を見せてくれたかぐやに、帝は一瞬で恋に落ちてしまったのでしょう。

『君を四宮の家から連れ出してあげる!僕が守ってあげるからね!』

子供の頃は上手くいきませんでした。(当たり前w)

四宮家と四条家の関係性もあったのでしょう。

過剰な帝の行動は目をつけられる事に…。

帝はかぐやに近づけないようになってしまいます

…だから、帝は水面下でずっと…かぐやを救い出す下準備を進めてきました。

幼い頃に交わした約束を帝は忘れなかったのです。

実力を身につけ、四条家の跡取りとしての地位を築き、黄光の懐にも潜り込み…。

あとはかぐやが手を取ってくれさえすれば…。

ところが、久しぶりに再会したかぐやには彼氏ができていました。

2人を見ていれば、自分が立ち入る隙がないことはわかっていました。

「そりゃ苦しんでいる時に傍に居た奴が強いよな」

恋愛はタイミングが全て。

帝の一途な恋は、タイミングによって打ち砕かれたのかもしれませんね涙。

「本当に姉さんの事を笑えない」

涙を流しながらも不幸な恋愛体質の姉にそっくりな自分を冷静に分析する帝なのでしたw

家柄をも超えた帝の恋は、ここで敗れてしまいました。

 

スポンサーリンク
"
"

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ246-247話のまとめ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」246話より引用

今回は帝の恋のお話でした。

軟禁状態のかぐやの元に現れた帝。

帝は情報をシャットアウトされているかぐやに今の状況を伝えました。

その上で、御行のプランと自分との結婚、どちらを選ぶかかぐやの判断に委ねました

最初からわかっていたことではありますが、かぐやは御行を選びました。

帝はかぐやの選択を尊重し、これから起きる次の作戦について伝えました。

恋に敗れた帝はかぐやの元を去ります。

帝はかぐやとの出会いを思い出していました。

幼い頃、泣いていたかぐやが笑ってくれた瞬間、きっともう恋に落ちていたのでしょう

かぐやを救い出したくて、幼い帝は過剰な行動に出てしまったようです。

結果として、かぐやに近づけさせてもらえなくなってしまいます。

でも、帝にとってかぐやは大切な女の子であり続けました。

会えない間に努力を重ね、いつの日かかぐやを救い出すという約束を果たすべく…

そして2人は再会するのですが…。

かぐやには御行という彼氏ができていました。

御行とかぐやの間に割って入る隙はなく、帝の一途な恋はここで散りました。

結局双子の姉である眞妃と同じように恋愛薄幸な運命なのでしょうか…涙。

帝にも幸せな未来を期待します!w

さて、かぐや救出作戦は次のステージへ

次回は早坂愛が大暴れ?!

かぐやと御行が再会するのはいつになるのでしょうか?!

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』248話!ついにかぐやが脱出?!遺言・・

⇒『かぐや様は告らせたい』247話!次なる作戦開始?!女を怒ら・・

⇒『かぐや様は告らせたい』245話!四宮家は一枚岩ではない?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』244話!目指せ京都!!東京組は一休み・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA