最新ネタバレ『ブラッククローバー』326-327話!考察!リーベの苦しみを知ったアスタ

スポンサーリンク

田畠裕基「ブラクロ」326話より引用

前回325話、ルチフェロは影の兵士を全部砕けていきます

アスタとユノ、ヤミとナハトで攻撃を仕掛けます。

アスタは2分だけ悪魔同化できます

斬魔・無限斬りをしますが、ルチフェロに止められてピンチです。

ヤミが助けに入りますが、吹っ飛ばされそうです。

その瞬間、ユノの星魔法でヤミを瞬間移動させます。

ユノとナハトは、アスタとヤミどちらに賭けるかを考えています

そんな中でもアドラメレクは見ているだけです。

ナハトの腕が魔法で変形させられますが、アスタの剣で無効化します。

その隙をルチフェロは逃さずにアスタの左足を蹴ります。

ユノがアスタと自分の位置を入れ替えます。

ユノはヴァンジャンスの剣を授かったヤミに賭けます

ルチフェロは攻撃に備えて構えています。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』326話!のネタバレ

それでは『ブラッククローバー』326話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

最後のチャンス

攻撃を食らって倒れるユノ。

星魔法でヤミと位置を交換します。

そして合体魔法「闇影法師」を使って背後に回ってナハトと一緒にルチフェロに斬りかかります

しかし、二人はルチフェロに傷を与えられずダメージを受けます。

ルチフェロの腕が増えてヤミとナハトの胸に突き刺さっています

 

スポンサーリンク

涙を流すリーベ

ルチフェロはその後ろにいるアスタにパンチしようとします。

リーベはアスタの母リチタとの日々を思い浮かべます

リチタと出会って「アンタ、私の子供になんなよ」と言われてからルチフェロに殺されるまでを思い出します。

「俺じゃ結局勝てないのか、憎い、自分も、あいつも」

と言ってリーベは涙を流します。

 

スポンサーリンク

リチタの子どもと兄弟

アスタがリーベの苦しみを初めて知ります。

「おれは魔法が使えないのが辛かったけど、だからこそお前に出会えた」

と言ってリーベに感謝します。

「何も持ってないおれだけど一緒に戦わせてくれ」

今自分は一人じゃないと感じるリーベ

「行こうぜ兄弟」とアスタとリーベが言います。

「魔王か何か知らないが、よくもおれの相棒の母親を殺したな」

とルチフェロの拳を剣で受け止めています。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ326-327話のまとめ

今回は、ヤミとナハトの最後の攻撃が止められ、リーベが涙を流す。

アスタとリーベが互いを理解して兄弟と呼ぶなどが描かれました。

アスタは兄弟と呼んでいますが、それは自分の母親だと分かって言っているのではなさそうですね。

田畠裕基「ブラクロ」326話より引用

涙を流す悪魔って悪魔っぽくないですね

やっぱりリーベはかわいいです。

ナハトの悪魔も涙を流すのでしょうか。

ヤミとナハトの攻撃が止められたときは絶望的でした

次回はアスタとリーベがルチフェロに勝つために覚醒するでしょう。

ナハトの悪魔契約の仕方が違うので、もしかしたらもう一段階上の力が出せるかもしれませんね。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』328話!魔王を圧倒するアスタとリーベ!・・

⇒『ブラクロ』327話!真の悪魔同化!魔力無効の体!・・

⇒『ブラクロ』325話!ヤミとアスタどちらに賭けるか!最後の攻・・

⇒『ブラクロ』324話!闇魔法と影魔法の相乗効果でルチフェロに・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA