最新ネタバレ『カッコウの許嫁』101-102話!考察!M-1の全容判明?!凪の気持ちにも変化が?!

スポンサーリンク

吉河美希「カッコウの許嫁」101話より引用

M-1…それは”目黒川1″の略称です

凪たちが通う目黒川高校に50年以上続く慣行行事であり、文化祭のメインイベントです。

M-1は与えられた制限時間3分の中で自由にパフォーマンスを行い、生徒投票で優勝者を決めます。

そして、このM-1でコンビを組んだ人たちは将来結婚するという伝説がまことしやかに囁かれているのです

凪はひろと、エリカはシオンとM-1に参加することが決まっています。

果たしてどんなパフォーマンスをすることにしたのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『カッコウの許嫁』101話!のネタバレ

それでは『カッコウの許嫁』101話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

シオンは知っている

M-1に向け、エリカはシオンを家に呼んでいました。

凪はシオンの登場に目を丸くしました。

学校では騒ぎになるので凪とエリカが同居していることは秘密です

わざわざシオンを家に連れてくるのはリスキーなのです。

エリカとしても、本当であれば連れてくるべきではないこともわかっていますが、M-1の練習をする場所が他にはありませんでした。

ところが…心配は無用でした。

シオンは全てを知っていたのです

2人が許嫁であることも、同居していることも。

シオン曰く、この情報社会において隠し事なんてナンセンス…とのこと。

要するにシオンは凪やエリカ、ひろの会話を盗み聞きしていたと言うことでしょうw

エリカ大好きのシオンならやりかねませんねw

マスコミより怖い執念を感じさせるシオンなのでした。

 

スポンサーリンク

友達ができる瞬間

シオンは凪たちの秘密を知る者としての立場を明かしました。

だからこそ「もっと頼っていい」と思っていました

まぁ、メンバーに入りたいのでしょうねw

ところが凪は「いらないと気づいてほしい」と冷めた発言です。

シオンはめげずに「友達だろ」と凪に迫りました。

友達のいない凪にとって、シオンのストレートな発言には気恥ずかしさを覚えますw

エリカたちは凪に友達ができるという奇跡の瞬間に立ち会うことになりましたw

エリカはシオンにバレていることを知って、ある意味肩の荷がおりました。

変に誤魔化す必要もないですしね!

秘密を共有するメンバーが1人増えたところで、いよいよ本題!

さっそく、チームごとに分かれてM-1の練習が始まります。

 

スポンサーリンク

エリカは知っている

エリカとシオンチームは庭で演目を考え中です。

スマホを使い、候補を探していきますがエリカの目に留まるものはありません。

エリカは”ビビッとくる”ものを探していました

もともとエリカは直感に優れており、これなら”イケる”というものに出会うとわかるというのです。

また、父親であるホテル王のパーティでスピーチをすることもある(普通にすごい!)エリカは、人々を惹きつけるセオリーも知っていました。

それは”センセーショナル”で”刺激的”であること。

“話題性”があって”衝撃的”であること

「そうと来れば…?」

極意を教えてもらったシオンは、それらを満たす演目を期待しました。

エリカは「”アレ”の封印を解くしかないわね!」と立ち上がりました。

“アレ”とは一体…?!

エリカとシオンはとりあえず演目が決まり、ハイタッチで盛り上がっていました。

エリカはさっそく買い出しへ!

シオンも一緒に行こうとしますが「シオン君は演習考えておいて!」とエリカにお願いされ残ることになりました。

 

スポンサーリンク

凪のヤキモチ?!

一方、凪とひろチームは…?

凪はエリカとシオンの会話が気になって仕方ない様子…

エリカが”シオン君”と呼ぶのも食わないようですw

“今回ばかりは凪くんと組みたかった”

エリカは確かにそう言いました。

あんなことを言っていたくせに、もう”シオン君”と呼ぶほど仲良くなり、盛り上がっているエリカにヤキモチをやいているようですね…!

ついには持っていたシャープペンをへし折る始末w

ひろはその様子を見ていました。 

 

スポンサーリンク

二人羽織

「複雑な顔してるよ」

ひろは凪に声をかけました。

「やっぱりエリカちゃんと組みたかったかな?」

ひろは寂しそうに言いました。

凪は慌てて否定します。

あっちのチームはもう演目を決めたみたいなのに、自分達はまだだから焦っているだけだと取り繕います。

凪は自分でそう言ったくせに、自問自答しました。

(だよな?)

凪は自分自身のモヤモヤの正体がヤキモチだとまだ気がついてないようですw

そして、ひろは演目を決めました!

それは…二人羽織!

2人で1つの羽織ものを着て、中に入る人が手だけを出し、前の人が目だけを使って中の人に手の動きを指示するゲームです。

古典的なゲームですが、誰にでもわかるからこそ面白いはずです。

凪とひろもさっそく練習開始です!

 

スポンサーリンク

ドキドキの連鎖

凪たちの目の前には熱々のうどんがセットされました。

これをひろが凪に食べさせるわけです。

二人羽織は、2人の距離がゼロになりますw

凪は集中しようと必死でした。

これはM-1で優勝するために必要なパフォーマンスなのだ、と言い聞かせ、雑念を払いますw

…が、凪の背中にひろの柔らかいアレが当たります…!

その瞬間、凪の体は大きく跳ね、つられるようにひろの手もうどんを凪の顔に当ててしまいます。

ひろはミスしたことに気がついて慌ててタオルを手に取ります。

しかし、ここでも見えていないひろはタオルごと凪の顔を殴ってしまいますw

もう…てんやわんやですねw

凪は殴られた衝撃とひろのらしくないミスの連続に驚きながら倒れました…

ひろ自身も自分が自分らしくないことに気がついていました。

凪に謝りつつ、ひろは素直な気持ちを伝えようとしていました。

「ちょっとドキドキしすぎちゃって ダメみたい」

顔を赤らめたひろは伏し目がちに呟きました。

それって…?!

凪はひろの意味深な発言にドキドキです

ひろのドキドキは凪に対して?それとも二人羽織の役目について?!

「今まで海野君とこんな近くになったことないからかな?」

…凪に対してでした!!

2人の間には青春特有の甘酸っぱい空気が流れます。

 

スポンサーリンク

幸の評価

その時、幸が帰宅しました。

幸は凪とひろの青春満喫空気に不満気!

「何イチャイチャしてんの?」と辛辣です

幸が帰ってきたところで、エリカとシオンもM-1の演目を初披露です。

エリカたちは派手な服に身を包み、ラップを披露しました

エリカがラッパーでシオンがDJです。

ところが…。

「つまんない」

不機嫌な幸は辛口評価を下し、自分の部屋に戻ってしまいましたw

部屋に戻った幸は、全然違う方向で前を向いていました。

「来年は…アタシがお兄とやるし!」

今年受験生の幸が凪とM-1に出れるのは来年の1年のみ!

その並々ならぬ決意を勉強に向けてくれることを期待しましょうw

 

スポンサーリンク

エリカのママはM-1優勝者?!

凪たちは幸の辛口評価に凹んでいました。

凪とひろはエリカたちの完成度に度肝を抜かれていましたが。

ド派手なエリカたちの演目に比べて、地味すぎる二人羽織…

このままじゃ笑い物になってしまう!と焦りを隠せません。

ひろはこんな時の為にと、重要なアイテムをゲットしていました。

それは、過去のM-1優勝者をまとめたDVDです

(学校の備品を借りてきた)

映像はS58から…。

今からもう40年ほど前、映し出されたのは…エリカの母(凪の実母)・律子!

今とはだいぶ雰囲気の違うロングのストレートヘアーで現れた律子は、M-1でどんな演目を披露して優勝したのでしょうか?!

相手は…エリカの父(凪の実父)・宗一郎ということになるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許嫁』ネタバレ101-102話のまとめ

今回は、M-1の練習をするお話でした。

エリカはコンビを組むシオンを練習のために家に連れてきます。

シオンは凪とエリカが許嫁であることも同居していることもいつの間にか知っていましたw

秘密を知る人がまた増えましたね!

エリカとシオンは順調に演目を決め、凪には仲も深めているように見えます。

凪はシャープペンをへし折るほど気持ちを乱されてしまいます

その様子を見たひろは寂しげに「エリカちゃんと組みたかった?」とつぶやきました。

凪は必死で否定しますが、凪自身も自分の気持ちの正体がまだわからない様子ですね…。

世の中ではそれをヤキモチと呼び、エリカが気になっていることの証拠になると思うのですが…

まだそこには至っていませんw

凪とひろは二人羽織に挑戦!

密着しすぎてドキドキの2人は全くうまくいきませんw

タイミングよく帰宅した幸は、凪とひろの密着っぷりを見て不機嫌に

とばっちりを受けるようにエリカとシオンの高レベルのラップも辛口評価を受けてしまいます。

幸は来年こそは自分が凪とM-1にでる!と決意するのでした。

幸の辛口評価に、どんな演目をすればいいのか迷宮入りしていく凪たち…

そんな空気をひろは変えてくれました。

学校から借りてきた、過去のM-1優勝者のDVDを見ようというのです。

きっと参考になるでしょう。

最初はS58の映像です。

吉河美希「カッコウの許嫁」101話より引用

映し出されたのはストレートロングの美人!

それは…40年ほど前のエリカの母・律子でした。

果たして律子はどんな演目を披露したのでしょうか?!

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『カッコウの許嫁』103話!取り違えっ子は複雑?!凪の思わぬ・・

⇒『カッコウの許嫁』102話!宗一郎と律子のなれそめ?!M-1の・・

⇒『カッコウの許嫁』100話!エリカの気持ちに変化が?!M-1は・・

⇒『カッコウの許嫁』99話!兄妹から一歩前進?!エリカに仕返し・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA