最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』245-246話!考察!四宮家は一枚岩ではない?!早坂家の矜持とは?!

スポンサーリンク

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」245話より引用

かぐやの父・雁庵から御行が聞き出した金庫の解除番号を生かすべく、四宮家がある京都に向かっていた早坂愛と藤原…

しかし、目の前に現れたのは四宮家が差し向けた追手でした。

絶体絶命のピンチに、早坂はナイフを出して応戦しましたが…?!

それでは第245話『早坂家は認めない』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』245話!のネタバレ

それでは『かぐや様は告らせたい』245話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

追手の正体

男たちの後ろから現れたのは帽子を被った女性です。

女性は早坂に、プロが相手の時は刃物を出してはダメだと指導。

「ママが銃とか持ってたら撃っちゃうかもよ?」

女性の正体は早坂の母・奈央でした

奈央はさらに指導を続けますw

相手が素手の場合は(そのように見える場合も)、まずは鈍器を見せ、本当に殺す時だけ刃物を見せるようにするのが鉄則のようですw

早坂家は四宮家に代々仕える使用人の家系ですが、暗殺者としての側面もあるのでしょうか…?

とにかく、突然の修羅場に藤原はビビりまくりですw

早坂は奈央にこの状況について説明を求めました。

「黄光さまが大層お怒りなのよ」

奈央は黄光の命令に従って早坂たちを待ち受けていた事になります。

なぜ、早坂たちが京都に来ることを知っているのか…?

その答えは簡単です。

雁庵の病室には盗聴器が仕込まれていたのです

つまり、黄光も遺書の話を知っているということになります。

雁庵が本部のどこかに隠した遺書の入った金庫…。

黄光はそれを血眼になって探している最中でした。

 

スポンサーリンク

遺産を引き継ぐ者

本部の屋敷では黄光が屋敷中をくまなく探して金庫を見つけようとしていました。

しかし、金庫はなかなか見つかりません。

そもそも雁庵が隠した遺書は、黄光が書かせたものでした

遺書がなければ、雁庵の莫大な遺産は兄弟で等しく分配されます。

四宮グループは雁庵が作り上げた帝国。

雁庵がいなくなれば、バラバラになってしまうのは火を見るより明らかです。

そして、その莫大な遺産は権威の象徴です。

遺産を等しく分配すれば、パワーバランスが崩れ、混乱を招く事になるでしょう。

そもそも、次男・青龍は経営のことなど何もわからない金食い虫。

三男・雲鷹は何を考えているかわからない腹黒野郎。

そしてかぐやは女…

黄光は雁庵の遺産を引き継ぎ、四宮グループをまとめられるのは自分しかいないと思っています。

そもそも今、このタイミングでパワーバランスを崩せばそれこそ四条家の思う壺です。

黄光は雁庵にそうアピールしました。

そして、ついに遺産のほとんどを自分が引き継げるような内容の遺書にサインさせたのです

黄光は満足気な顔を浮かべました。

 

スポンサーリンク

黄光の焦り

黄光にとっての誤算は、雁庵が完全には耄碌していなかったことでしょう。

雁庵は黄光の理想通りの遺書にサインはしましたが、その遺書を黄光には渡しませんでした。

役所に提出し、公正遺言書として弁護士に預けると言ったのです

黄光は多少の不安を残しつつも、それを認めるしかありませんでした。

そして今…黄光は雁庵に嘘をつかれていたことを知る事になりました。

雁庵は弁護士になど預けていなかったのですから…。

黄光は雁庵の部屋を特に念入りに探していました。

なかなか金庫が見つからない苛立ちから、ついには雁庵の部屋の壁を全部剥がすように指示を出しますが…。

「なりません…ここは元当主の居室なのです…」

黒服の男たちは黄光のあまりに乱暴な指示に抵抗を見せました。

しかし、黄光も必死です。

ついには本音がダダ漏れに…。

「ほっとけば後数週間でくたばる老人の部屋だ どうせもう使いやしねぇ!」

次期当主となることが決まっている自分の立場と雁庵の立場を天秤にかけ、圧をかけ始めます。

やはり雁庵のカリスマ性は強烈だったのでしょう。

黒服の男は雁庵への忠誠からか、黄光の無茶な依頼にはどうしても従えず、謝るばかりです。

未だに雁庵に勝てない状況にも苛立つ黄光…!

その時、仲間を助けるためか、別の黒服の男が黄光に新たな情報をもたらしました。

“この本邸には雁庵と名夜竹が逢い引きに使用した秘密の小屋”があるらしい

黄光はその情報に飛びつきました。

ただし、本邸の地は辺り一面の山を含みます。

その広さから秘密の小屋を探し出すのは容易ではありません…。

 

スポンサーリンク

雁庵の真意

雁庵はカリスマと言われただけあり、死ぬ時もただでは死なないようです。

遺書は黄光の言う通りに書きましたが、そんな簡単に思い通りにはさせません。

雁庵は試しているのです

これくらいのトラブルを軽くいなせない奴には四宮の当主は任せられません。

…本当に、黄光は四宮グループの当主として相応しい人物か?

これくらいの逆境を乗り越えられない奴には娘を任せることなどできません

…本当に、御行はかぐやの相手としてふさわしい人物か?

雁庵は最後まで四宮グループの当主として、かぐやの父として、四宮グループと子供たちのことを心配しているのですね…。

 

スポンサーリンク

早坂家の立場

黄光は雁庵の秘書を長らく努めてきた早坂愛の父・正人に詰め寄りました

秘書を務めていた正人なら雁庵と名夜竹が逢い引きしていた小屋の存在も知っているでしょう。

正人はもちろん知っています。

「ですがお答えできません」

正人は冷静に答えました。

黄光は正人のネクタイを掴み食ってかかります。

しかし、正人はその手を強力な力で離させました。

(細身なのに、強い!)

正人は自分の立場をはっきりと口にしました。

自分達が黄光に従うのは雁庵の意向あっての事。

早坂家は雁庵に忠誠を誓う身。

「自分達の主人は貴方ではありません」

正人の意思は早坂家を代表したもの。

それは当然、奈央にも当てはまるわけで…。

 

スポンサーリンク

禁断の…?!

奈央は早坂たちに迫る黒服の男たちを押さえつけました

黄光の指示に背いたわけです。

奈央にとっての主人も当然、雁庵です。

その雁庵が御行たちに”好きにしろ”と言っているのだから、早坂家としては御行たちのグループが好きにできるように動くだけです。

「主人の盗聴なんて舐めた真似されたんだから これ位しなきゃ早坂家としても面子がたたないわ」

奈央のおかげでできた隙に早坂と藤原は逃げ出します。

それでも迫ってくる黒服の男を早坂がスタンガンで撃退!

「小娘だからって馬鹿にしないで 私も早坂家の人間なのよ」

目の前でピンチを救われた藤原は早坂の正体が”プロの人”であることを改めて再認識しました

早坂自身は、ついに知られてしまったという感覚でしょう。

早坂は藤原に今まで黙っていたことを謝りました。

「書紀ちゃんの事は何があっても絶対に守るからね」

早坂の男前なセリフに藤原はキュンとしたようで…?w

「全部終わったら1回くらいならチューさせてあげてもいい…」

藤原が言い出した禁断のお誘いに早坂もびっくりなのでしたw

 

スポンサーリンク

かぐや、始動?!

その頃、かぐやは…。

本邸が騒がしくなっている事に気がついていました。

バタバタと黒服の男たちが金庫を探して屋敷を走り回っています。

かぐやは時折聞こえてくる言葉から、金庫のありかを見抜いていました

いよいよかぐやも行動開始?!

遺産をめぐる四宮家の戦いはどうなっていくのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ245-246話のまとめ

今回は京都組のそれぞれの戦いのお話でした。

早坂愛と藤原は四宮家の黒服の男たちに囲まれてしまいますが、敵の中にいた早坂の母・奈央に救われます

一方、本邸では黄光が雁庵が遺書を入れたという金庫を探していました。

黄光は雁庵の病室に盗聴器を仕掛けていたのです。

しかし、いくら雁庵の部屋を探しても金庫は見つかりません

雁庵には名夜竹と逢い引きに使った小屋があるとの情報を受け、黄光は早坂の父・正人にその場所を教えるように迫りました。

正人は長らく雁庵の秘書を務めていたので、当然その小屋の場所を知っていますが、黄光の依頼を拒否。

早坂家は代々”雁庵”に忠誠を誓う家系

早坂家の主人は雁庵であり、黄光ではないのです。

早坂家の反乱により、黄光は自力で探し出すしかなくなり、早坂愛と藤原は黒服の男たちから逃げ出す事ができました。

もちろん、早坂愛も活躍!

スタンガンで黒服の男を撃退しています

藤原は男顔負けのキュンセリフを言ってくれた早坂に禁断のお誘いを仕掛ける始末w

その頃かぐやは、屋敷の中が慌ただしい事に気がついていました。

その理由は雁庵の残した遺書の存在です。

かぐやには金庫の隠し場所がわかっているようです

いよいよ、かぐやも始動?!

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』247話!次なる作戦開始?!女を怒ら・・

⇒『かぐや様は告らせたい』246話!帝とかぐやの関係性は?!救出・・

⇒『かぐや様は告らせたい』244話!目指せ京都!!東京組は一休み・・

⇒『かぐや様は告らせたい』243話!義父の心を掴めるか?!御行・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA