最新ネタバレ『東京リベンジャーズ』242-243話!考察!東卍復活!オレたちのリベンジ!

スポンサーリンク

和久井健「東京リベンジャーズ」242話より引用

千咒が語ったのは幼少期、千咒がマイキーの大事にしていたプラモデルを壊してしまい、しかもマイキーに“春千夜がやった”と嘘を吐いてしまったことでした

それによりマイキーが春千夜の口元を切り裂くという大事件に。

そしてその時の眼と三天戦争で見た眼が同じだったことから、マイキーの“黒い衝動”は自分のせいで生まれたものだと責任を感じていたのです。

また、春千夜がおかしくなったのもそのせいだという千咒。

「自分のせいでみんなが変わってしまった」

千咒はだからこそ自分がどうにかしたかったけど、マイキーの目を見て結局もうどうにも出来ないのだと実感した三天戦争になったわけですね。

しかし決して手遅れではないとタケミチは訴えました

「オレと一緒に行こう」

こうして千咒もチーム入り。

第242話『Inherit the crown』ではさっそく行われた新チームの決起集会が熱い!

 

スポンサーリンク

『東京リベンジャーズ』242話!のネタバレ 

それでは『東京リベンジャーズ』242話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

チーム名は東京卍會

タケミチは自分のバイクを見つめていました。

それはかつてマイキーとドラケンがプレゼントしてくれたもの。

マイキーのバブと双子のバブです。

そしてバブのシートに東卍の特攻服をかけていました

その特攻服は東卍立ち上げの時にマイキーが着ていたもの。

第29話ドラケンを救うというミッションに成功した83抗争の後に、ドラケンから手渡されたものです。

「着るか着ないかはお前次第。でもお前に持っていて欲しい」というマイキーの伝言付きで渡されたもの。

当時のタケミチは「オレには重い」「いつか似合う男になれますかね?」なんて言っていました。

そのバブと特攻服に…マイキーに向かってタケミチは報告しました。

チームを創りました、と。

そしてタケミチは三ツ谷に“チーム名はタケミチが決めるべき”と言われたようで、その新たなチーム名も一緒に報告しました。

「チーム名は東京卍會」

タケミチは東卍を名乗ることにしたのです。

 

スポンサーリンク

新生東卍決起集会

1週間後の8月31日、さっそく二代目東卍の決起集会が行われます

場所はいつもの武蔵神社。

2年ぶりの集会ではあるものの、いつものように東卍メンバーが東卍の特攻服を着て、階段上にいる総長の話を待っていました。

新たな東卍もやはり5隊編成。

ここで新生東卍の幹部が描かれますが、これまでと同じ部分と変わった部分がありますので発表していきます。

総長:タケミチ

副総長:千冬

壱番隊隊長:イヌピー

壱番隊隊員:アッくん、山岸、タクヤ、マコト

弐番隊隊長:三ツ谷

弐番隊副隊長:八戒

参番隊隊長:パーちん

参番隊副隊長:ペーやん

肆番隊隊長:河田ナホヤ

肆番隊副隊長:河田ソウヤ

伍番隊隊長:千咒

初代東卍を引き継いでいるのが良いですね。

ちなみにパーちんが元東卍メンバーたちに声掛けしたらしく、このほかに50人ほど集まることになったようです。

 

スポンサーリンク

動き出すリベンジャーズ

かつてドラケンが行っていたように、副隊長・千冬の掛け声で決起集会が始まりました。

皆が静まる中、総長・タケミチの第一声は、皆を巻き込んでしまったことへの謝罪でした。

その上で、二代目東卍総長としての意志を語っていきます。

まずタケミチは、自分は総長の器ではなく、東卍の総長はやはりマイキーだと言いました。

しかし三天戦争で「もうマイキーは別人」だと思い知り、「あの頃のマイキーは取り戻せない」とも思っているのだと言います。

それでもタケミチは「マイキーに勝ちたい!」と訴えました。

そう、二代目東卍の目的は関東卍會をぶっ潰しに行くこと

タケミチは叫びました。

絶対勝つ、負けたままじゃ終わらせないと。

だから皆も諦めていたものを取り戻そうと叫びました。

これは自分だけの戦いではないと言うタケミチ。

「オレたち」のリベンジだと言ったのでした

 

スポンサーリンク
"
"

『東京リベンジャーズ』ネタバレ242-243話のまとめ

タケミチの新チーム、サウザンドウィンターズは面白かったですが、なんだかんだで特攻服もろとも東京卍會を背負うことで落ち着きました。

タケミチのこれ以上ない決意を感じますね。

東卍のトップになるという目標をこういった形で達するのも熱かったですし、新たな東卍、新たなリベンジとしてタケミチの「リベンジだ」というこれまでと同じ言葉に「俺たちの」がついたのも熱いです

そしてその継承と変化を表すように、これまでと同じ役職でありながらも、タケミチ&千冬が総長&副総長になっているほか、イヌピーが壱番隊隊長に千咒が伍番隊隊長にとなっているのも良いですね。

千咒が春千夜のいた伍番隊というのもグッときます。

あ、千咒の晒し姿は必見です!!

とはいえ六破羅単代も吸収した関卍もいきなり抗争を仕掛けるというのはさすがに無謀かなと思うので、これから色々ありながらメンバーをさらに増やしていくのではないかなと思います。

壱番隊副隊長にココが入るのも待ちたいところですね。

ということで東卍のリベンジ、最後の戦いが始まりますので次回からさらに期待していきましょう!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒『東京リベンジャーズ』244話!トーマンは2つもいらねえよなぁ・・

⇒『東京リベンジャーズ』243話!半間も関東卍會にいた!?まさか・・

⇒『東京リベンジャーズ』241話!三途の口裂け理由が判明!始まり・・

⇒『東京リベンジャーズ』240話!三途春千代はマイキーと幼馴染・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA