最新ネタバレ『名探偵コナン』1037-1038話!考察!事件解決のヒントは年代物の小皿?

スポンサーリンク

鑑定番組で1憶円の値がついた堆黒盆を巡る殺人事件が発生しました。

依頼した年代物の小皿を取りに行くため、コナン、灰原、博士、昴、世良の5人は鑑定士の西津さんに家を訪れると、彼は何者かに殺害されてしまいました。

コナンたちの前に容疑者として現れたのは堆黒盆の鑑定を依頼した遠島さん、蝶野さん、坂巻さんの3人でした。

博士の目撃情報より、堆黒盆に残された西津さんの血の跡を確認すれば犯人はすぐに分かると思われましたが、血の跡に気付いた犯人が他の堆黒盆にも同じような血の跡を付けていました。

しかも博士が目撃したはずの鶴のくちばしのところに血の跡があるお盆はありませんでした。

本物の堆黒盆は一体どれでしょうか?

そして薬の情報を得ようと灰原の言動を監視する世良は、灰原が難しい言葉を使うたびにちょっかいを出してきます。

そんな中、世良は自分を女だと見破った昴に疑問を持ちます。

「どうしてわかったんだよ?ボクが女だって…」

果たして昴の回答は?

 

スポンサーリンク

『名探偵コナン』1037話!のネタバレ

それでは『名探偵コナン』1037話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

昴が世良を女性だと判断した理由

「ボクのどの辺が女だったんだ?」と詰め寄る世良に対し、「女性特有のヒップライン」を見て世良を女性と思ったと昴は説明します。

昴が世良に声をかけた時、博士の家を覗いている世良の後ろ姿を見ているので、世良の顔や服装を確認する前にヒップラインで女性と判断したという理由はすごく自然な気がします。

おしりで女性だと分かったと言われて、世良はまんざらでもない様子でしたね。

女子トイレが混んでいる時は男子トイレを使っちゃう世良ですが、男によく間違えられることは気にしているようですね。

 

父務武が失踪した理由

赤井の過去の記憶から、父務武が例の組織と関わったきっかけが判明しました。

羽田浩二の父と赤井務武が友人関係で、息子の浩二がアメリカで謎の死を遂げてしまったので、友人の務武に調査を依頼したのですね。

そして事件の真相を探る過程で、組織の存在を知ってしまったようですね。

そして務武は家族を日本へ避難させ、イギリス人であることを隠して暮らすようメールを送っています。

組織がこれまで行ってきた残虐な行為を考えると、務武の指示はすごく的確ですね。

 

スポンサーリンク

赤井が妹に聞きたかったこと

赤井が世良に聞いておきたかったことは母メアリーのことだったんですね。

「ボクにも分けてくれないか?時の流れを元に戻す例の薬を…」と直球で聞く世良に赤井は母メアリーが幼児化していることにどうやら気づいたようですね。

「元に戻すということは今は逆らっている…君とは別の誰かが…」

と確信を突く質問で灰原から気を逸らしつつ、世良の反応を見る赤井はさすがですね。

赤井自身は死んだことになっていて今は沖矢昴として暮らしているので、もしもメアリーが他国の諜報機関に所属しているのなら、正体をバラすわけにはいきませんからね。

そしてコナンも、灰原に執拗に薬のことを聞く世良を見て領域外の妹はメアリーが幼児化した姿だと確信したようです。

 

「領域外の妹」の本当の意味

メアリーがイギリス人という情報から「領域外の妹」の本当の意味にコナンは気づいたようです。

そのコマに描かれているものを見れば彼女の正体は一目瞭然ですね。

それはイギリスの秘密情報部(SIS)のシンボルマーク。

イギリスの情報機関の1つでMI6の方が聞いたことがある方が多いかと思います。

アメリカのCIAと同じように、国外での情報活動が主な任務です。

メアリーがSISだとすると、務武もSIS所属の諜報員だったのでしょうか?

秀一と秀吉にイギリス人であることを隠して生活するよう指示したのは、メアリーや務武がSIS所属だとバレないための対策だったのかもしれません。

 

事件解決のヒントになった年代物の小皿

鑑定士が呼べず捜査が行き詰まっていたところへ家政婦さんたちが持って来てくれたのは博士が鑑定を依頼した年代物の小皿でした。

開けて見るとお皿の裏の塗料が一部剥がれヒビが入っていました。

そしてそれをひっくり返したとき、コナン、世良、昴は何かに気付いたようですね。

コナンは博士に堆黒盆を見つけた時のくちばしの位置を、高木刑事には箱の中の座布団のある部分に血が付いている人がいないか確認しています。

それらを確認したコナンは、不敵な笑みを浮かべます。

どうやら全ての謎が解けたようですね。

 

『名探偵コナン』ネタバレ1037-1038話のまとめ

次号はついに解決編!

本物の堆黒盆は?そして西津さんを殺害した犯人は?

ヒントは博士が堆黒盆を見つけた時のくちばしの位置と箱の座布団のある部分に付着した血液です。

そして「領域外の妹」の本当の理由に気付いたコナン。

メアリーと世良が写っているいる写真をわざとコナンに見せたり、「領域外の妹」と伝えるよう指示したのは、自分の正体を見破れるかコナンの力量を試していたのかもしれません。

メアリーは一度コナンと会おうとしたことがあったので、もしもメアリーが自身の正体を見破られたことを知ったら、コナンの力量を認め、二人が対面する日が来るかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です