最新ネタバレ『ブラッククローバー』316-317話!考察!ルチフェロが真っ二つにされる!

スポンサーリンク

前回315話、クリフォトと合体して顕現しようとするルチフェロ。

ゴードンが魔力をルチフェロから吸収しますが、どれだけ吸収しても追いつくことが出来ません。

バネッサはルージュの力を駆使して黒の暴牛号の防御で精一杯で魔力が足りなくなりそうです。

中々倒せない状況にナハトたちは焦ります。

メレオレオナとフエゴレオンが残った悪魔を蹴散らします。

スペード王国の者達は強い重力で立つこともできず、さらに重力が強くなることに怖がっています。

ルチフェロの顔に攻撃を入れ、魔力が込められた無数の弾を撃ちますが、敵の圧倒的な再生力には敵いません。

そしてルチフェロの反撃で黒の暴牛号が倒されます。

スペード王国の者はもう無理だと思いますが、黒の暴牛は大丈夫だと思っています。

肩にリーベを乗せているアスタが刀を構えてルチフェロと対峙しています。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』316話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」316話より引用

それでは『ブラッククローバー』316話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

アスタへの信頼

黒の暴牛号の中で、アスタが自分とリーベならヤミたちを傷つけずに救えると言います。

皆「任せた」と言って全員から魔力を受け取り、アスタはルチフェロと対峙します。

リーベに「あれくらい俺たちなら斬れるよな」と聞くと、「ああ」と返します。

田畠裕基「ブラクロ」316話より引用

アスタはヤミ団長を助けるため、リーベはリチタの仇のために戦います。

リチタが自分の母親ということにアスタはいつ気づくのでしょうか。

戦いが終わった後にリーベから言うのか、気になりますね。

 

スポンサーリンク

選ばれなかった二人

30分のインターバルが経過してアスタとリーベは悪魔同化することに成功します。

「俺達は選ばれなかった、だから自分で選びにいく」

第四の刀「斬魔」で斬魔「無限斬り・彼岸」を繰り出してルチフェロの依り代を真っ二つに斬ります。

崩れるルチフェロの中からヤミとヴァンジャンスが出てきます。

斬魔は斬るものを自ら選ぶ能力のようです。

田畠裕基「ブラクロ」316話より引用

ナハトとヤミが「やりやがったな、アスタ」と声をかけます。

凄く熱いシーンです。

仲が悪くなっていたヤミとナハトが同じ言葉をアスタにかけるのは感動的です。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ316-317話のまとめ

田畠裕基「ブラクロ」316話より引用

今回は、刀を構えてルチフェロに対峙するアスタ、ルチフェロを真っ二つにする、ナハトとヤミがアスタに同じ言葉をかけるなどが描かれました。

今回はルチフェロの顕現を止めて漆黒の三極性の物語は終わりそうですね。

そうなると、ルチフェロが最後のボスになるのでしょうか。

次回はヤミとナハトの絡みが見られるでしょう。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』318話!驚異の身体能力を持つルチフェロ!・・

⇒『ブラクロ』317話!最強の悪魔ルチフェロ顕現!・・

⇒『ブラクロ』315話!黒の暴牛号敗れる!あとをアスタに託す!・・

⇒『ブラクロ』314話!黒の暴牛号が巨大化!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA