最新ネタバレ『炎炎ノ消防隊』295-296話!考察!森羅万象マン誕生!魂の共鳴で真の救世主見参!

スポンサーリンク

これまで出会ってきた大事な人たちを母に会わせたいと願うシンラ。

友達であるアーサーのようにまだまだ諦めずハウメアに向かっていきます。

しかしインカの予知やシスターの加護も持つハウメアの力はやはり圧倒的で、シンラは「俺に出来ることなんてもうない」と思いました。

そこで見出したのが、日下部家の心をひとつに重ねること。

「家族が一つになれば奇跡を起こせる!!」

果たして日下部家の魂は世界を救う道となるでしょうか!?

第295話『見参』に注目です!

 

スポンサーリンク

『炎炎ノ消防隊』295話!のネタバレ 

大久保篤「炎炎ノ消防隊」295話より引用

それでは『炎炎ノ消防隊』295話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

聖女にとっては悪魔

青い地球は今や2つ目の太陽になりました。

今そこにあるのはただ黒い炎と絶望。

絶望はこの星の人類が無意識に望んだ結果です。

そして聖女であるハウメアは、神の啓示が最後まで全うされるのを見届けるはずでした。

が、まだ日下部家が足掻いています!

大久保篤「炎炎ノ消防隊」295話より引用

「奇跡を起こす」

手を繋ぎ合った3人を見て、ハウメアは「神の啓示である無意識に反して嘆かわしい」と思いました。

「あなたはやはり悪魔です」

そう言って手を合わせ、涙を流します。

 

スポンサーリンク

希望を胸に!

奇跡を起こすとは言ったものの、シンラは何をするかまだ決まっていないようです。

ただ依然絶望的な状況ではありますが、シンラはそうは思っていない様子。

何故ならハウメアがマリのことを「伝導者のドッペルゲンガー」だと言っていたから。

大久保篤「炎炎ノ消防隊」295話より引用

「絶望の伝導者」ならば「希望の母さん」。

つまり「母さんが現れたということはまだ微かに希望があるということだ」とシンラは笑いました。

するとシンラはふと伝導者がハウメアの後ろで何をしているのか気になりました。

「聖女は伝導者と一体化して“絶望を背負っている”!」と返すショウ。

そこでシンラは思いつきます。

「だったら俺たちは“希望を胸に”だ!」

 

スポンサーリンク

魂の共鳴!

天使のショウ、ヒーローのシンラ、希望のマリ。

3人の希望が光となって輝きます。

「三人の心を!!胸に秘める三人の魂を一つに!!」

1つに重なっていく3人の魂。

大久保篤「炎炎ノ消防隊」295話より引用

そして―『魂の共鳴』!!

するとズン!と大きな魂が生まれました。

凄まじい衝撃がアドラを包みますが、ハウメアは防壁を展開し冷静にその様子を見つめています。

 

スポンサーリンク

森羅万象マン見参!

その衝撃の中から、ツノの生えたギザ歯の何者かが出てきました。

「黒き絶望の星に!希望を胸にずずいと見参!」

大久保篤「炎炎ノ消防隊」295話より引用

そう言って現れたのは、森羅万象マン!

シンラの面影もありつつ、鬼のような竜魔人のような姿になっています。

ヒーローというより悪魔に近いですがかっこいいです!

「希望が止まらねェ。笑顔がこみ上げる」と悪魔の笑みを浮かべる森羅万象マン。

森羅万象マンは聖女に問いかけました。

「決めようか“希望”か“絶望(しょんぼり)”か」

ハウメアは涙を流しながら森羅万象マンを見据えています。

果たして森羅万象マンは人類が積み上げた絶望を祓うことができるでしょうか!?

 

スポンサーリンク
"
"

『炎炎ノ消防隊』ネタバレ295-296話のまとめ

大久保篤「炎炎ノ消防隊」295話より引用

本当に魂の共鳴でした!!

ここまでガッツリ重ねられると本当に『ソウルイーター』と繋がっている気がしてきましたね。

その点も含めて今後の展開に注目していきたいですね。

そして魂の共鳴によって、森羅、万里、象が合体した森羅万象マンの誕生!

見た目は悪魔に近いですが、邪気を払拭するような正義の力に満ちている感じがします。

悪魔と言われ続けたシンラの中身がやはりヒーローであること、復讐の炎を纏っていても本当は大事な人を守りたいという真っすぐな想いはあったことなど、これまでのシンラのイメージとシンラの本質が合致したような姿が良いですね。

口調がやや浅草の影響を受けていそうなのも良いです。

今まで悪魔みたいで気持ち悪いと罵られてきた笑顔も、ここに来て世界の希望を背負った光り輝く笑みにしか見えないのも熱いですよね。

とにかく森羅万象マンの言う通り「希望が止まらねえ」という感じになってきました。

大久保篤「炎炎ノ消防隊」295話より引用

次回はまさに『森羅万象マン』とのことなので、この真の救世主たる力が見られるかもしれません!

普通の攻撃ではハウメアには通用しませんでしたが、果たして森羅万象マンはどのように神とも言える存在から世界の運命を逆転させるのか。

次回も楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『炎炎ノ消防隊』297話!生命を生み出す森羅万象マン!希望ビッ・・

⇒『炎炎ノ消防隊』296話!絶望聖女と化すハウメア!希望無双の・・

⇒『炎炎ノ消防隊』294話!魂の共鳴!?日下部家一つになって奇跡・・

⇒『炎炎ノ消防隊』293話!万里は伝導者のドッペルゲンガーだった・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です