最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』236-237話!考察!石上と伊井野は一線を越えるのか?!かぐやからの重大な連絡とは?!

スポンサーリンク

四宮家が用意した調査会社の人間をストーカーだと思い、強い不安に駆られていた伊井野ミコは、石上に家に送ってもらうことになりました。

伊井野を家に送り届けた石上は、そのまま家に招き入れられます。

これは…そういうことなのでしょうか?!

石上は男になれるのでしょうか?

それでは第236話『そして石上優は目を閉じた⑤』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』236話!のネタバレ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

それでは『かぐや様は告らせたい』236話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

あざとい伊井野、降臨?!

伊井野はかぐやがしてきてくれたことを思い返していました。

思えば、かぐやはいつの日かこんな事態になることを予想していたのかもしれません。

だからかぐやは自分達がいなくなった後も生徒会がキチンと回せるように、あえて厳しく育ててくれたのかもしれません。

今となっては、かぐやの予想は見事に的中してしまいました。

かぐやは家庭の事情で姿を見せなくなり、御行のアメリカ留学はもう目の前です。

かぐやにべったりだった藤原も姿を見せません。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

夏が終われば、生徒会は石上と伊井野だけかもしれないのです…。

しかし、こんな真面目な話をしながら、石上の意識は生徒会の未来になんてありませんw

なぜなら、伊井野がずっと石上の手を握っているから。

(これはいわゆる良いムードってやつなのか?!手を繋いでるってことはそういうことなのか?!)

経験値の低い石上は完全にテンパっていますw

 

スポンサーリンク

伊井野の狙い

石上はドキドキしながら伊井野を見つめました。

ところが伊井野の表情はのっぺらとしていて、感情が掴めません。

石上からしたら(よく男と手を繋ぎながらそんな澄まし顔できるな!)とツッコミたくなるレベルです。

「石上 ご飯食べてく?」

伊井野は動揺を感じさせることなく、普通に会話を続けます。

ご飯といっても、伊井野の家はお手伝いさんが作り置きしてくれたものをチンするだけの簡単なもの。

忙しい両親なので仕方ない部分もありますが、伊井野は寂しいでしょうね…。

ご飯の支度をするために、伊井野は石上の手を離しました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

離された手を石上は切ない表情で見つめました。

伊井野が手を繋いだ目的は何だったのでしょうか?

石上がご飯を断ると伊井野はすぐに戻ってきました。

石上は離された手を見て、伊井野はストーカー騒ぎで不安を感じていただけで、特に深い意味はないのかもしれない…と思い始めていました。

内心、もうこれでサービスタイムが終わりだとガッカリしていたのですw

しかし!伊井野は再び手を繋いできました。

石上は女子と手を繋いでいる現状にドキドキです。

 

スポンサーリンク

これからの生徒会

「来期も…続けるの?」

その行為とは裏腹に伊井野の真面目トークは続きます。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

石上は中学時代のトラブルが元で学校に場所がなく、恩のある御行に誘われて逃げるように生徒会に入りました。

だから生徒会の仕事にそこまでの情熱があるわけではありません。

それに、今は学校に居場所もできました。

「学校が息苦しいとは思わなくなった」

石上の素直な言葉を聞いた伊井野は「石上は生徒会を無理に続けること無いと思う」と答えました。

「石上はもう居場所を選べるんだから…」

まだ2年生の夏、これから部活を始めても良いし、受験勉強に専念するものも1つの手です。

伊井野が生徒会以外の石上の道を考え始めたのを見て、石上も聞きました。

「伊井野は?」

伊井野の答えは決まっています。

「続けるよ」

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

伊井野は生徒会長になるために頑張ってきたのですから、やめるという選択肢はありません。

伊井野のキッパリとしたブレない姿勢に、石上は思わず頭をポンポンとしました。

「偉い偉い」

石上に頭をポンポンされても伊井野の真面目トークはブレませんw

生徒会に入って様々なことを経験してきて、伊井野には疑問も生まれていました。

「どうして私は生徒会長になりたいんだろうって」

伊井野は現在、風紀委員です。

伊井野が掲げる理念は”ルールに正しい学園生活”です。

それが本当にいい理念なのか、これまでのメチャクチャな、でも楽しい学園生活を築きあげてきた生徒会メンバーを見ていて思うところもあるようです。

 

スポンサーリンク

石上は溺愛したい

伊井野が真面目トークを強行する中、石上の意識は全くそこにありませんw

正直、生徒会の未来なんて今の石上にはどうでもいいことでしょうw

それより、伊井野の頭をポンポンした時に感じた感触が忘れられません。

再び伊井野の頭に触れ、その感触に改めて感動しますw

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

(髪 サラッサラやなぁ…こいつ)

(どんだけ良いトリートメント使ってるんだ 指の通りが滑り台やんけ)

(永遠に触ってられる)

石上の頭の中は伊井野の髪への賞賛で溢れていました。

「そう思わない?」

伊井野の話を全く聞いていなかった石上は突然求められる意見に応えることができませんw

「ん?あーね?」

適当に話を合わせて難を逃れた石上なのでした。

適当に合わせただけなのですが、伊井野は石上に肯定してもらえたと思い大喜び!

「来期は私…1人になっちゃうのかな」

その喜びも束の間、伊井野は寂しそうな表情を浮かべました。

「伊井野は寂しがり屋だな」

石上は優しく伊井野の頭を再びポンポン。

 

スポンサーリンク

甘い時間がやってきた?!

伊井野は待っていました、石上との甘い時間を…!

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

「私 寂しがり屋だし甘えん坊なんだよ。もっと甘やかせてほしい…」

伊井野は石上の胸に体を預けました。

…これは?!

石上の頭の中に駆け巡った言葉は…“ワンチャン!!”

石上はクリスマスの日につばめに手を出さなかったことをずっと後悔していました。

特に石上のような童貞は性欲に流されない男を演じてしまいがち。

でもそれが逆に女性を傷つけることもあるのです。

今回の相手はあざとく迫る伊井野。

伊井野のアピールを受け取らなくては男が廃りますよねw

あのクリスマスの日でそのことを学んだ石上は決めていました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

次、同じようなことがあったら迷わず手を出す、と…。

石上は伊井野を抱き寄せました。

キター(//∇//)

2人の距離はもう目と鼻の先です!

 

スポンサーリンク

タイミングを壊したのは?

2人はお互いに抱き合いながら、先に仕掛けたのは相手であると思い、駆け引きをしています。

しかし、本当はそんなことは大した問題では無いのです。

恋愛で重要なのは両者の気持ちのタイミング!

今、2人の気持ちは一致しているはずです。

このまま一気に…と思った時でした。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

プルルルルルルル!

…高まった甘い時間をぶち壊したのは石上のスマホでした。

(タイミング悪っ!!)

石上も伊井野も思わず体を離してしまいました…残念。

石上は不満そうにスマホを見ました。

しかし次の瞬間、表情が変わります。

「おひさです 四宮先輩」

電話の相手はかぐやでした。

かぐやは石上に御行に伝えてほしいことがあるとお願いしたのでしょう…。

石上は自分で伝えたらいいと返しますが…かぐやは一言、石上に伝えて一方的に電話を切ってしまいました。

 

スポンサーリンク

かぐやからの伝言

石上が何を言ってもかぐやが反応することはありませんでした。

そのまま電話も切られ、石上は感情をあらわにしました。

「何言ってんだ あの人!!クソ…言い逃げかよ…!」

事情が飲み込めない伊井野は石上に何が起きたか聞きました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

石上は悔しそうな顔で伊井野にかぐやの伝言を伝えました。

「四宮先輩 秀知院 辞める事になったらしい」

かぐやはどこに行こうとしているのでしょうか?!

御行には会うこともなく去るつもりなのでしょうか?!

石上はこの悲しい伝言をどう御行に伝えるのでしょうか…。

 

スポンサーリンク
"
"

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ236-237話のまとめ

今回は引き続き、大人の階段を登り始めた石上と伊井野のお話でした。

ストーカー騒ぎの中、石上を家に招き入れる伊井野。

石上の手をしっかり繋ぎ、これからの生徒会について熱弁をふるいます。

しかし、女子と2人きりで手を繋ぐなんて非日常な出来事に石上はドキドキです。

生徒会の未来なんて全く頭に入ってきませんw

石上が寂しそうな様子の伊井野に思わず頭ポンポンを実行したところ、思わぬ展開に…!

伊井野が仕掛けてきたのです。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」236話より引用

「もっと甘やかせてほしい…」

石上の胸に体を預ける伊井野。

ここで手を出さなきゃ男じゃ無い!

石上と伊井野はついに男女の関係に…?!

 

残念ながらその一線を越えることはできませんでした。

かぐやから電話がかかってきたのです。

かぐやは石上に秀知院を辞めると一方的に伝えました。

御行にも何も伝えることなく、かぐやは去ろうとしているのです。

石上はかぐやの伝言をどう伝えるのでしょうか?

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』238話!かぐやからの電話!ウルトラ・・

⇒『かぐや様は告らせたい』237話!旧家の女の生き方とは?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』235話!伊井野に迫る影とは?!石上・・

⇒『かぐや様は告らせたい』234話!すれちがう石上と伊井野!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA