最新ネタバレ『ブラッククローバー』315-316話!考察!黒の暴牛号敗れる!あとをアスタに託す!

スポンサーリンク

前回314話、魔神と戦っているメレオレオナ。

戦えば戦うほど威力が上がっていく業火の化身の前に魔神はなすすべもありません。

そして魔神の頭部が燃え尽きます。

ノゼル、パトリ、ランギルスたちがヤミのもとへ到着します。

次の瞬間、ルチフェロがモリスの命を使って冥府第2階層が開き、悪魔がさらになだれ込んできました。

外の悪魔たちが固まって城と一緒に巨大化し、ルチフェロの依り代となります。

バネッサたちが瞬時に動いて黒の暴牛号を巨大化させて攻撃します。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』315話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」315話より引用

それでは『ブラッククローバー』315話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

不完全なルチフェロから溢れ出る魔力

ルチフェロの依り代に右フックを食らわせたことでヤミとヴァンジャンスの居場所を見つけます。

クリフォトと一体化して依り代として顕現しているルチフェロ。

ヤミとヴァンジャンスを助ければルチフェロの顕現は止められます。

田畠裕基「ブラクロ」315話より引用

不完全な状態であるにも関わらずゴードンが魔力をどれだけ吸収しても追いつきません。

バネッサもルージュの力で黒の暴牛号を守ることで精いっぱいで魔力供給も間に合わなくなりそうです。

ルージュとゴードンの魔法は強大な力なため、魔力を大幅に使うのだと思いますね。

黒の暴牛団の魔力全て合わせてもルチフェロの魔力を上回ることができないのだからさすが悪魔の王という感じですね。

早くケリをつけないといけないとナハトたちは焦ります。

 

スポンサーリンク

黒の暴牛号が砕け散る

メレオレオナとフエゴレオンが残った悪魔の相手をしています。

スペード王国の者たちは重力に押されて立つこともできません。

さらに重力が強くなるのに危機感を覚えます。

ルチフェロの顔面に攻撃を入れ、魔力の無数の弾のようなものを撃ちます。

しかし、ルチフェロの依り代の再生力には追いつきません。

田畠裕基「ブラクロ」315話より引用

ついにはルチフェロの反撃で黒の暴牛号が粉々になってしまいます。

 

スポンサーリンク

アスタに最後を託す

スペード王国の者たちはそれを見てもう無理だと絶望します。

黒の暴牛の皆は大丈夫だと皆思っています。

「なあ。アスタ」

とアスタに期待をします。

田畠裕基「ブラクロ」315話より引用

それに応えるかのようにアスタが刀を持って立っていました。

肩にはリーベが乗っています。

ヤミとヴァンジャンスを助けてから悪魔の心臓を壊したら終わりと言う感じでしょうか。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ315-316話のまとめ

田畠裕基「ブラクロ」315話より引用

今回は、ルチフェロに猛攻撃を仕掛ける黒の暴牛号、黒の暴牛号が砕け散る、黒の暴牛は最後をアスタに託すなどが描かれました。

ルチフェロには勝てなかったけど魔力を消耗させることはできたのかもしれません。

メギキュラのときは、黒の暴牛皆いなくてもギリギリ勝てたのに対してルチフェロには皆いて負けそうな状態ですから二人の間には相当力の差がありそうですね。

それにしてもアスタへの信頼感が泣きそうになります。

次回はアスタVSルチフェロの依り代になりそうですね。

アスタの悪魔同化がまた見られるのか。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』317話!最強の悪魔ルチフェロ顕現!・・

⇒『ブラクロ』316話!ルチフェロが真っ二つにされる!・・

⇒『ブラクロ』314話!黒の暴牛号が巨大化!・・

⇒『ブラクロ』313話!ヤミが黒の暴牛を作った理由・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です