【スパイファミリー】東西平和を脅かすデズモンド家の紹介

スポンサーリンク

デズモンド家の登場人物には今のところ父ドノバン、兄デミトリヤス、弟ダミアンの3人がいます。

ドノバンは本当に西国との戦争を企てる危険人物なのでしょうか?

いまだに謎多い皇帝の学徒であるデミトリヤスはどんな人物なのでしょうか?

アーニャの同級生で憎めない可愛さを持つダミアンの活躍とは?

 

スパイファミリーの重要なキーマン、デズモンド家についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】国家統一党総裁のドノバン・デズモンドって何者?プロフィール

ドノバン・デズモンドはロイドが取り組むオペレーション<梟>のターゲットとなる人物です。

ドノバンは東国(オスタニア)の国民統一党総裁であり、大企業デズモンドグループのトップでもあります。

用心深い性格で、あまり表舞台に顔を出さない人物とされています。

表情を読みにくい落ち窪んだ目が特徴的です。

 

ドノバンは総裁というくらいなので、東国の政治に非常に大きな影響力を持っているといえるでしょう。

ドノバン率いる国民統一党が東西平和に対してどんな考えをもっているかはまだ作中であまり触れられていません。

ただWISEはドノバンを”東西平和を脅かす危険人物”と名指ししています。

 

今後明かされるであろうドノバンの思想はロイドとの対決に大きな影響を与えることになるでしょう。

 

スポンサーリンク
"
"

【スパイファミリー】ドノバン・デズモンドはなぜ表舞台に顔を出さないのか?

ドノバンは国民統一党総裁でありながら、表舞台に立つことはほとんどありません。

それは”ひきこもりで用心深い性格だから”とされています。

過去に何かあったのか、実際の表情も乏しく、目は暗く落ち窪んでいますよね。

 

唯一ドノバンが姿を表すのが息子達が通うイーデン校の懇親会です。

そこは政財界の大物が集まる社交場となっているようです。

表舞台に立たずとも、ここで情報収集や指示を行なっているのかもしれませんね。

懇親会は限られた人物しか参加できません。

スパイに怯えることなく重要な話ができる場となっているのでしょう。

 

オペレーション<梟>はこの懇親会に紛れ込むためのものです。

アーニャが懇親会の参加資格である”皇帝の学徒”になれるかどうかに東西平和がかかっているという…。

そう考えるとオペレーション<梟>はシュールな任務ですね…w

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ロイドからみたドノバン・デズモンドってどんなやつ?

ロイドとドノバンのファーストコンタクトはダミアンとドノバンの待ち合わせに割り込む形で合実現しました。

ロイドはダミアンを入学早々殴ったアーニャの無礼を詫びようと近づきますが、ドノバンはいつもの不気味な表情からは考えられないような笑顔を見せました。

ロイドが次々と謝罪を申し入れますが、子供同士のことだからと、笑顔を崩すことなくかわされてしまいます。

懐に入り込む余地もなく、深追いを避けようとしたロイドですが、ダミアンがドノバンの態度に反応しました。

なぜ自分が殴られたのに怒ってくれないのか?

ドノバンは大人の会話に口を挟んだダミアンを深いため息だけで威圧しました…。

 

ロイドは鋭い目つきでその落差を見ていました。

更にドノバンは「人と人は結局永遠に分かり合えん」と口にしました。

言葉の端々からロイドはドノバンの人間性について考察します。

他人とは分かり合えないという考えを持つドノバンなら、西国を力でねじ伏せようと考える(=戦争を起こす)可能性が高い…!

まぁ、ロイドは最初からドノバンが戦争を企てている前提で話をしていたのですが。

しかし、当然この短い時間で確証を得ることはできず、ロイドの総評は”掴みどころのない男”とされています。

 

ロイドは今後もドノバンに近づくため、アーニャを皇帝の学徒(前途多難…)にするべく努力を続けていくことになりそうです。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】デズモンドグループの実績

ドノバンは大企業デズモンドグループのトップでもあります。

グループというくらいなので様々な事業を展開していると思われますが、具体的にどんな会社を経営しているのかは描かれていません。

わかっていることは、アーニャの同級生ベッキーの親が経営する会社とビジネスパートナーであること。

ベッキーの親は大手軍事企業ブラックベルのCEOであることから、デズモンドグループも軍事系の事業を行なっている可能性は高そうです。

ドノバンが戦争を起こそうとしているとしたら影響が出てきそうですね…!

 

更にクラスメイトのジョージの親が経営するグルーマン製薬を救済しています。

グルーマン製薬は経営危機に陥っており、デズモンドグループが買収することで救われました。

(おかげでジョージもイーデン校を辞めることなく通うことができています。)

今や懇親会にのみ顔を出すドノバンにとって、イーデン校関係者は特別なのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】デズモンドグループの怪しい動き

アーニャが社会貢献で1つ目の星を手に入れた頃…WISEの中には焦りが生まれていました。

ドノバンがトップを務めるデズモンドグループの周辺ではいくつかの企業で怪しいお金の動きが見られていたからです。

お金が動くところには争いの種が潜んでいます…。

 

そして、この直後に起きたのが西国のブランツ外相暗殺未遂事件でした。

この事件の犯人は東国首都の大学に通う排外主義の学生グループ。

リーダー格のキースを中心として爆弾犬を使った暗殺を計画していました。

ロイドは犬を暗殺の道具に使ったこの計画は相当なコストがかかることを瞬時に見抜いていました。

では、一介の学生であるキースは何故そんな計画を実行できたのでしょうか?

デズモンドグループの周りで見られた怪しいお金の動きこそ、ここに繋がってくるのではないでしょうか?!

更に少し前に買収したグルーマン製薬についても、単なる人助けではない可能性が高まっています。

 

デズモンドグループがグルーマン製薬を買収した後、ロイドはフィオナと共にテニスの大会で優勝することがミッションの任務に当たっていました。

その時に登場したのがドーピング剤”OSO-R”です。

ロイド達の対戦相手はこの危険なOSO-Rを使いムキムキの体に変貌を遂げました…。

このOSO-Rは政府と企業の合同開発らしいのですが…企業というのがグルーマン製薬を買収したデズモンドグループの可能性は大きいと考えられます。

そもそも国民統一党の総裁でもあるドノバンは政府と企業の両方の顔を持ちます。

爆弾犬にしろ、危険なOSO-Rにしろ、使用すれば強力な戦闘兵器になりかねません。

 

ここまで来ると、ドノバンが戦争を企てているというロイドの見立てにも信憑性が出てきますね…。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】意地悪でかわいいい次男のダミアン・デズモンドって、どんなやつ?

ドノバンの次男ダミアンは意地悪なガキ大将として登場しました。

イーデン校のクラスメイトには偉そうに振る舞い、先生ですら気を遣っていました。

ドノバンの影響力すごいですね汗。

ところがそんな調子に乗りまくりの意地悪ダミアンに鉄槌を与えたのがアーニャでした。

アーニャは入学したその日にダミアンをグーパンチで泣かせてしまったのですw

 

でもダミアンはこの日から変わりました。

誰もが言いなりだったダミアンにとってアーニャは特別な存在になったようです。

本人は必死で否定していますが、完全に恋してますw

ダミアンには意地悪な部分がありますが、内面は真面目で男気溢れるいい子です。

例えばアーニャが社会貢献で誰よりも先に星を手に入れた時に、周りが陰口を叩く中、ダミアンだけはアーニャを庇うような発言をしていました。

アーニャに星を先に取られて悔しいものの、認めるべきところは認められる子なのです。

他にもグルーマン製薬買収騒動ではジョージを喜ばせるために、ジョージのしたかったことを何でも叶えてあげました。

ドッチボールの試合でもダミアンの男気は炸裂しました。

ダミアンは転んでしまったアーニャを助けるために自分が盾のようになりアーニャを守り抜きました。

これは咄嗟の行動であり、ダミアンが本当は他人を大切にできる人物でいることを証明しています。

 

ダミアンはデズモンド家の次男であるというプライドがあるためなかなか素直になれず、面倒くさい一面を持ちますが、それがまた可愛いところなのです!

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】デズモンド家の親子関係、そこには愛がある?

ドノバンには息子が2人いて、どちらもイーデン校に在籍しています。

兄であるデミトリアスはあまり登場機会がないのでドノバンとの親子関係についてもあまり描かれていませんが、ダミアンとドノバンが会う機会をセッティングしてあげているシーンがあるので、ダミアンよりは会ったり話したりする機会があるようですね。

一方、弟であるダミアンにとってドノバンは自慢の父親です。

国民統一党の総裁であり、大企業デズモンドグループのトップを務めるドノバンは憧れの存在でもあるのでしょう。

でもダミアンは父親が自分に興味を持っていないことを知っています。

優秀なデミトリアスに関心が集中しているのかもしれませんね。

 

その分、ダミアンはドノバンに認めてもらいたくて必死です。

勉強もスポーツも工作も、ドノバンに褒めてもらうために努力を惜しみません。

ようやく1つ目の星を手に入れたダミアンはデミトリヤスの協力もあり、ドノバンに会う機会を手に入れるのですが、土壇場でやめようとしています。

「父上は忙しいんだ オレなんかにかまってるヒマあるわけない」

ダミアンはドノバンの評価を気にするあまり会うのが怖くなったのです。

ドノバンとダミアンの関係は仮初の親子でいるロイドとアーニャより遠いことがわかります。

最終的にはアーニャの喝を受けて、ダミアンはドノバンに星を1つ手に入れたことを報告することができました。

「そうか よくやった」

「デズモンドの名に恥じないよう引き続き励め」

普段、自分に興味を示さないドノバンの言葉はダミアンの心に響きました。

ドノバンの言葉が本心であれば、ドノバンはダミアンにも多少は期待していることになるでしょう。

ドノバンはロイドが言うように掴みどころのない男であり、ダミアンに対する言葉が本心かは不明ですが…。

ダミアンが必死で頑張っていることを知ったドノバンはどんな風に変わっていくのでしょうか?

 

今後の2人の親子関係はオペレーション<梟>にとっても大きな影響を与えそうです。

 

スポンサーリンク

【スパイファミリー】兄のデミトリヤスについて

ドノバンにとっての長男、ダミアンにとっての兄であるデミトリヤスはいまだ未登場です。

(ダミアンとの電話で声のみの登場)

わかっていることは非常に優秀であり”皇帝の学徒”にも選ばれていること。

デミトリヤスが皇帝の学徒であることから、ドノバンはイーデン校の懇親会に顔を出しているわけです。

デミトリヤスがどんな人物かはよくわかりませんが、ダミアンとの短い電話からややドノバン似ではないかと思われます。

ダミアンが電話をした際『何だ?』『用件は?』と必要最低限の会話しかしようとしませんでした。

ダミアンは実の弟ですから、最近の様子を聞くとか、雑談があってもよさそうなんですけどね…。

 

一応、ダミアンの願いであるドノバンとの待ち合わせについては『伝えておく』と言ってくれましたが…。

『期待するな 父上は忙しい』と冷たい言葉を付け加えるのは忘れませんw

今後、デミトリヤスも登場機会があるでしょう。

ロイドの任務にどう関わってくるのか、期待して待ちましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

デズモンドファミリーの父ドノバンはロイドが狙うターゲットです。

国民統一党総裁であり、デズモンドグループのトップも務めています。

その本心は読みにくく、今のところロイドも腹の内を確認中です。

息子達に対しても愛があるのか微妙なところですが、興味がないとされていたダミアンに会う時間を作っていますし、ただの冷たい男ではないと思われます。

 

何故ドノバンが表舞台から姿を消し、イーデン校の懇親会にのみ出ていくようになったのか、その背景についても気になりますね!

デズモンドファミリーとロイド親子の絡みは今後もっと深くなっていくでしょう。

ロイドの任務が達成され、東西平和が早く達成されるといいですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です