最新ネタバレ『ブラッククローバー』314-315話!考察!黒の暴牛号が巨大化!

スポンサーリンク

前回313話は、ヤミの過去回想。

闇魔法を使うヤミのことを皆遠ざけていました。

しかし、魔法帝ユリウスと出会ったことによって変わります。

魔法騎士団のモルゲンとナハト、ヴァンジャンスやジャックなどの後の団長とも出会います。

みんな興味を持って接してくれてヤミは驚きを隠せません。

モルゲンは「ヤミは人を見る目があるよ、騎士団長に向いているなと思う」と話します。

モルゲンの死があってヤミは団長になると決めます。

真っ当に生きられなかった自分のような人間に居場所を作る団を作ろうとナハトに言います。

「ヤミ団長―」と笑顔で呼ぶ黒の暴牛のメンバーの声にヤミは目を覚まします。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』314話!のネタバレ

それでは『ブラッククローバー』314話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

魔神死す

魔神を圧倒するメレオレオナ。

業火の化身は戦えば戦うほど火力が上がっていきます。

田畠裕基「ブラクロ」314話より引用

そして魔神の頭を燃やして魔神を倒します。

ノゼル、パトリ、ランギルスたちもヤミのもとへ到着します。

ランギルスはヴァンジャンスを心配し、ノゼルは憎まれ口を言い、パトリはランギルスと同じくヴァンジャンスを心配しています。

ノゼルは相変わらずですね。

 

スポンサーリンク

第2階層開門

田畠裕基「ブラクロ」314話より引用

「ご苦労だったな人間」とルチフェロが言うと、冥府第2階層が開門します。

モリスの命を吸い取って冥府の門が開く速さを速めました。

モリスはそれでも本望なのかもしれません。

ルチフェロの代弁者だけの存在と自分でいっていましたね。

 

スポンサーリンク

超巨大暴牛号

外の悪魔がどんどん固まって城もろとも巨大化します。

これがルチフェロの顕現の依り代となっています。

田畠裕基「ブラクロ」314話より引用

すぐにバネッサの運命操作、チャーミーの魔力回復、グレイの物質変成、ゴーシュの鏡魔法、ゴードンの魔力吸収を使って城を超巨大暴牛号に作り替えます。

そしてその巨体で巨大なルチフェロの依り代に右フックを入れます。

この最後のシーンなんか面白かったです。

右フック入れられたルチフェロの依り代の殴られ方が面白かったですね。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ314-315話のまとめ

今回は、魔神を倒すメレオレオナ、第2階層開門、ルチフェロの依り代に暴牛号で攻撃するなどが描かれました。

正直黒の暴牛の力がどの団よりも圧倒的に強いですね。

最後には一番人気の団になるかもしれないですね。

田畠裕基「ブラクロ」314話より引用

次回はルチフェロの依り代VS超巨大暴牛号が始まるでしょう。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』313話!ヤミが黒の暴牛を作った理由・・

⇒『ブラクロ』312話!グレイとゴードンの魔法でモリスを圧倒する・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です