【無職転生】フィッツの正体はシルフィエット!!転移事件後にアリエルの守護術師となっていた!!

スポンサーリンク

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」に登場する「フィッツ先輩」の正体は、読者の皆様も知っている「シルフィエット」です。

転移事件以降、彼女はアスラ王国第二王女のアリエルに保護され、やがて男性として「フィッツ」と名乗り、守護術師になりました。

そこに至るまでの経緯は非常に複雑で、アスラ王国の政権争いが絡むなど、フィッツ自身も難しい問題に巻き込まれています。

また、フィッツとしての立場や心情、シルフィエットとしてのルーデウスに対する想いなど、その後の展開がどうなるのか、読者も気になっていました。

今回は、シルフィエットが「フィッツ」としてどのような経緯をたどったのか、ルーデウスとはどうなったのかなど、詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】フィッツが男装するワケは??(小説Ver)

シルフィエットが「フィッツ」と名乗り男装する理由は、政権争いの「手駒」にされたからです。

フィットア領転移事件で、アスラ王国の王都アルスの王城に転移したシルフィエットは、偶然、その場所にいたアスラ王国第二王女「アリエル」を助けました。

正確に解説すると、「偶然、助ける形になった」といった方が正しいかもしれません。

転移した先でアリエルが魔物に襲われており、そこにシルフィエットが転移して来たのです。

魔物を見たシルフィエットは、咄嗟に中級魔術「氷霜撃」を放ちました。

その魔術は強力で、一撃で魔物は消滅しています。

 

結果的にアリエルを助けたシルフィエットは、ケガをしていたこともあり保護されました。

しかし貴族たちは、シルフィエットの身元が不明であることからを処分した方がいいといいます。

なぜなら、当初アスラ王国では、第一王子派とアリエル派で次期国王の座をめぐる権力争いが起こっていたからです。

シルフィエットは、貴族たちから尋問を受けました。

彼女は正直に、自分が何者であるかを答えましたが信じてもらえません。

貴族の中には、アリエルを狙った罠かもしれないと疑う者までいました。

ブエナ村に、「無詠唱で魔術を使う少年がいる」という噂を聞いていた貴族たちは、シルフィエットをルーデウスではないかと勘違いし、結果、ボレアス家が黒幕ではないかと邪推します。

 

そして、ある貴族が「シルフィエットに男装をさせて、ルーデウスと詐称し、敵に揺さぶりをかけるのはどうだろう」といいました。

男装をさせておけば、いざというとき、アリエルの影武者にすることもできます。

その意見をきっかけに、シルフィエットは「フィッツ」と名を改め、男装して謎の少年を演じることになったのです。

その後、アリエルの守護術師として、フィッツは護衛の任務につきました。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】フィッツの強さは暗殺者を撃退するほど!!彼女はどう鍛えられた!?(小説Ver)

アリエルは、第一王子が放った暗殺者「夜目の烏」によって、命を狙われたことがあります。

それを撃退したのが、フィッツでした。

もともとフィッツは、ルーデウスと同様ラプラス因子を持った人物で、魔力総量が高く技術も高いため、魔術師としてはかなり強いキャラクターの1人です。

わずか10歳で全ての中級魔術と、いくつかの上級魔術を習得し、それを無詠唱で行えるのですから、並みの魔術師ではありません。

 

では、フィッツが優秀な魔術師になった理由とはなんでしょうか。

それは、フィッツに魔術を教えたのが、ルーデウスだからです。

ルーデウスは、フィッツに遊びと称して魔術の訓練を施していました。

彼は教え方がうまく、フィッツ自身にも才能があったことから、魔術が使えるようになるまで、そう時間はかかっていません。

やがて、フィッツは無詠唱で魔術が使えるようになり、優秀な魔術師へと成長しました。

有名な暗殺者である「夜目の烏」を撃退できたのも、恐らくフィッツでなければ、無理だったかもしれません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】フィッツは「無言のフィッツ」と呼ばれ恐れられる!!その理由は!?(小説Ver)

フィッツは、アリエルの護衛中に、人前ではしゃべらないように指示を受けています。

なぜなら、フィッツがアリエルの影武者になることを想定していたからです。

アリエルはときどき、魔道具を使ってフィッツに変身し、町へ出向いたりしていました。

つまり、声を出すとバレてしまうため、無言でいたわけです。

しかし、それが原因となり、ラノア魔法大学でもフィッツに関するさまざまな噂が飛び交っていました。

「アスラ王宮が秘密裏に育成している殺人集団の1人」などといわれ、そんな噂がひとり歩きした結果、フィッツを恐れる者もいたようです。

また、サングラスをしていることも、フィッツの謎を深める要因になっていました。

このサングラスは、アリエルがフィッツに与えた魔道具の1つで、アリエルの窮地を察することができる物です。

貴族の中には、「不敬」だと不満を漏らす者もいましたが、国王より直々に許可をもらったアイテムなので、なんら問題はありません。

本当の理由を知るといかにアリエルがフィッツを信頼し、また彼女を守っていたのかがわかります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】フィッツは女子力高めなボクっ子!!(小説Ver)

フィッツは、もともと「女子」なので、女子力が高いのは当たり前のことです。

しかし、まわりは「男子」と思っているので、そう勘違いされても仕方ありません。

フィッツは、普段サングラスをしています。

そのため素顔は見えませんが、それでも笑顔がかわいいとわかるほどの美形です。

線も細く少女のような容姿で、アリエルの下着を洗濯したり、着替えをさせたりと、侍女と同じようなことをしていれば、女子力が高い男子と思われてしまうのも無理はありません。

ルーデウスの部屋に、正体を明かそうとしに行ったときには、彼の服を洗濯してあげていました。

これだけでも、女子力の高さがうかがえます。

 

また、アリエルには恋愛相談をよくしていたようです。

「奴隷市場で見せたルーデウスの姿がカッコよかった」、「彼に好きな人はいるのか」など、その、惚気話や悩みを話すフィッツの姿を見たアリエルは、「早く正体を明かしてしまえばいいのに」と思っていました。

ルーデウスとの将来を考えたフィッツの妄想はかなりのものでしたが、見た目は男性であっても、やはり中身は「乙女」だったようです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】フィッツは再会したルーデウスに気づいてもらえなかったのはナゼ!?(小説Ver)

ラノア魔法大学で再会を果たしたとき、ルーデウスは「フィッツ」が「シルフィエット」だとは気づきませんでした。

しかし、これには理由があります。

まず、髪の色が違ったことです。

シルフィエットは転移した際、その影響で魔力が枯渇し、髪が真っ白になっていました。

ルーデウスが知っているシルフィエットは、髪が緑色です。

しかもサングラスをし、男装をしているうえに、名前も「フィッツ」と名乗っていれば、気づかなくても仕方がないでしょう。

ただし、ルーデウスが鈍感だったというのも忘れてはいけません。

 

スポンサーリンク

【無職転生】フィッツがルーデウスと学生結婚!!挽回できた理由は「自作自演の……」(小説Ver)

ルーデウスに自分が女性であることを知られたフィッツは、大胆な作戦を実行します。

部屋がトラブルで使えなくなったと伝え、ルーデウスの部屋へ行き、そこで正体をバラすというものです。

この作戦は、アリエルから提案されました。

ルーデウスは、転倒しそうになったフィッツをかばって、抱きかかえたことがあります。

そのときに、フィッツが女性だと彼は気づきました。

ですが、何か事情があるのだろうと考えたルーデウスは、フィッツが女性であることを隠し通そうとします。

しかし、ルーデウスの心情を知っていたアリエルは、それでは2人の関係は進展しないだろうと考え、フィッツにセクシーな下着を渡して、千載一遇のチャンスを掴み取れとすすめたのです。

結局、この作戦は失敗に終わってしまい、次の作戦を決行することになりました。

 

ルーデウスに、森へ行くフィッツの護衛をしてもらうという内容です。

森の中で雨を降らし、洞窟に雨宿りしたところで正体を明かすという作戦でした。

この作戦は、幼少の頃の頃の思い出を絡めています。

ルーデウスとシルフィエットが出会って間もない頃、ルーデウスは彼女を男の子だと思い込んでいました。

そんな中、2人で遊んでいる途中に振ってきた雨で、2人はずぶぬれになってしまい、ルーデウスの家に逃げ込みます。

ずぶ濡れの衣服を脱いで体を拭くことになったとき、ルーデウスは「男同士の戯れ」とばかりにシルフィエットを無理やり脱がせ、そこで初めて女の子と知ったのです。

記憶からフィッツがシルフィエットであることに気づくように、過去の恥ずかしい思い出をなぞる、「自作自演のずぶ濡れ作戦」をアリエルは立てたわけです。

この作戦は成功し、ルーデウスは、やっとフィッツが「シルフィエット」だと知ることになりました。

やがて2人は結ばれ、結婚することになったのでした。

 

スポンサーリンク

【無職転生】フィッツはルーデウスがロキシーやエリスと結婚することをどう思っている?(小説Ver)

フィッツは、できれば自分だけを見ていてほしい、好きであってほしいと、本当は思っています。

ですが、「自分以外の人と、ルーデウスが結婚する」ということに、反対はできませんでした。

ミリス教徒でもないルーデウスに、わがままをいって嫌われたくなかったのです。

また、女性好きのルーデウスが、「1人の女性だけを愛するというのは、難しいことだろう」とも思っていました。

好きな人のためなら、他の女性を連れて来ても「寛容でいよう」とフィッツは考えていたようです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】フィッツに別エンドが存在!?オルステッドの歴史で彼女はどうなる!?(小説Ver)

フィッツは、オルステッドが知る歴史でロキシーの弟子となり、冒険者になっています。

その後は、世界でも有数の迷宮探索者となって、名を馳せたそうです。

オルステッドが知る限りでは、誰とも結婚せず、生涯を独身で終えています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】フィッツに死亡エンドまで!!なぜ彼女は死んだ!?(小説Ver)

50年後の未来から来た、いわゆる老デウスの日記では、フィッツは亡くなっています。

魔石病によって亡くなったロキシーの死から立ち直れずにいたルーデウスは、献身的に彼を慰めていたフィッツを、ないがしろにしてしまいました。

それにショックを受けていたフィッツのもとに、ヒトガミに操られたルークがやって来ます。

それがきっかけとなり、フィッツはアスラ王国のアリエルのもとへ、ルーデウスを捨てて戻ってしまいました。

やがて、クーデターを起こしたアリエルと一緒に戦ったフィッツは、その戦いで戦死します。

最後は、反逆者扱いをされたあげく、遺体にまで石を投げられるという、悲惨な結末を迎えたのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、謎の少年「フィッツ」についてご紹介しました。

シルフィエットが転移してからフィッツになるまでの経緯は、政権争いが絡むなど、かなり複雑になっています。

アスラ王国の事情に巻き込まれた彼女でしたが、困惑しながらもフィッツとなり、自分を保護してくれたアリエルを、男性として献身的に守っていました。

性格の良いフィッツらしい判断であり、行動だったといえるでしょう。

しかし、ラノア魔法大学でルーデウスと再会してからのフィッツは、身分を隠しながらも、ルーデウスへの想いは変わることなく、ずっとかわいい女の子のままでした。

ルーデウスと結ばれるのか、ヤキモキしながら無職転生を読んだ読者は多いでしょう。

無職転生に登場するヒロイン中でも、転移事件以降、1番複雑な時間を過ごしたのはフィッツだったかもしれません。

ですが、フィッツ=シルフィエットは、最後までかわいいままでした。

無職転生で、フィッツのファンが多い理由は、このキュートさにあることは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です