最新ネタバレ『カッコウの許嫁』85-86話!考察!軟禁生活はイケちゃう!?母のジェラシー炸裂?!

スポンサーリンク

軟禁生活初夜…。

男女で2人きりで過ごす夜に不安しかないエリカは凪を拘束して寝ることにしました。

しかし、真夜中に喉が渇いて起きたエリカは、寝ぼけて凪の腕をペットボトルの水だと思い込んで…?!

真夜中に起きたドキドキモードで2人に変化は起きるのでしょうか?!

それでは第85話『凪くんと出会ってエリカは変わったのね』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『カッコウの許嫁』85話!のネタバレ

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

それでは『カッコウの許嫁』85話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

凪の腕はペットボトル?

手も足も口も塞がれている凪は何をされても抵抗することができません。

そんな中、エリカは水を求めて凪の近くに寄ってきました。

アングル的に凪はエリカを見上げる形で、エリカの胸の谷間がはっきり見えてしまいます。

もうこれだけで年頃の男子はドキドキですよね!

近くに寄ってくればエリカの匂いがして、凪はクラクラし始めます。

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

その上、アイマスクをしているエリカは凪の腕をペットボトルだと思って掴んで離しません。

声が出せない凪は必死で「フーッ」と息を吐き出そうとしますが…耳栓までしているエリカには全く届かず涙。

エリカは凪の腕をペタペタ触って「生ぬるいわね」と天然ボケをかましてくれます。

(寝ぼけてるのか?!バカなのか?!)

凪は諦めたようにエリカにされるがままになっています。

エリカは凪の指を位置的に蓋だと思っているようで、なんとか回そうとしますが当然回りませんw

イライラしたエリカはついに…!

 

スポンサーリンク

真夜中のドキドキ!

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

エリカはなかなかうまく開けられない苛立ちからついに凪の指にかじりついたのです。

突然の痛みに凪は苦しみます。

声にはならなくても痛みに耐える荒い息が漏れます。

エリカは何を思ったのか今度は凪の指を舐め始めました。

女の子に指を舐められる…凪の人生上(多分)ない出来事が起きましたw

凪はゾクゾクと襲ってくる初めての刺激に耐えるしかありません。

ここでようやく!ようやく!エリカがおかしいことに気がつきました。

アイマスクを外すと、自分がペットボトルだと思っていたものは凪の腕であることに気づきます…。

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

驚きのあまり、耳栓も吹っ飛んでいきましたw

エリカは冷静さを装い、本物のペットボトルの水を取り、飲んで一言!

「間違えちゃった…」

凪に対しての謝罪コメントはなく、独り言で済ませましたw

エリカはエリカで本当はかなり恥ずかしいのでしょうね〜。

エリカは凪の口に貼り付けたガムテープだけら外してあげました。

話せないと色々と不便だと実感したからでしょう。

「拘束されてれば安心だとわかったし?」

拘束さえされていればエリカが指に噛みつこうと問題ないことが証明されていますからねw

(ドSかな?)

凪は心の中でツッコみました。

 

スポンサーリンク

エリカママの企み

ドキドキのハプニングも落ち着き、2人は再び寝ることになりました。

電気が消えた部屋の中で、凪はずっと感じていたことを話しました。

「おかしいと思うんだ」

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

「マスコミから逃れるなら別々の部屋にした方が安全だろ?」

凪は若い男女がひとつの部屋に押し込められている状況に疑問を持っていたのです。

エリカはその答えを知っていました。

エリカの母親はテレビ局のプロデューサー。

何でもエンターテイメントにしようとするのです。

許嫁として同居を続けても何の進展もない2人をこの機会にくっつけてみようと面白がっているだけ。

「昔からそう言う人よ」

エリカの見立ては大正解!

監視カメラで観察を続けていたエリカの母親は嬉しそうですw

「さすが私の娘!わかってるぅ!」

エリカは実の娘ではないのですが、育ててきただけあって自信があるようです。

凪はエリカの話を聞いた上でもう一つの狙いについて確信しました。

エリカの母親は2人を試している…。

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

「俺たちが許嫁としてふさわしくなるために」

エリカは凪の考えを聞いて、その手には乗らないと改めて決意しました。

そのためにこの2週間で気をつけることは、これまでと何も変わらない2人でいることです。

エリカは念を押しました。

「いい?いつも通りよ」

ひろが好きな凪はもちろん、最初からそのつもりだったんですけどね…。

 

スポンサーリンク

初日がようやく終了!

エリカの母親はエリカのことをよくわかっているつもりです。

何も変わらない、と意気込んだところで初日にしてこの有様です。

凪を意識してドキドキして、すでにいっぱいいっぱいな娘を見ていれば次の行動が目に見えていました。

“いつものように泣きついてくる”はずです。

一方、凪はまだ眠れずにいました。

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

エリカに声をかけるものの、エリカはすでに眠っていました。

その寝顔に思わずドキッとしてしまいます。

(寝顔は…かわいいんだけどなぁ)

凪の心も知らず、エリカはすやすやと眠り続けるのでした。

 

スポンサーリンク

なんとかやっていけそう?!

翌朝、ドキドキハプニングのせいで遅くまで起きている羽目になった凪は寝坊してしまいます。

拘束具はすでに外されていました。

エリカは先に起きて朝食まで済ませていました。

凪はいつも通り、ぼーっとしながら起き出します。

 

朝食はエリカの好みでパンが用意されていました。

ご飯派の凪はガッカリ。

ここから2人の痴話喧嘩勃発ですw

くだらないことで言い合いをして、お互いの秘密を暴露して…。

エリカはついに笑い出しました。

緊張していたはずなのに、いつの間にかいつものように過ごせていたからでしょう。

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

「なんかイケる気がしてきたわ」

前向きに捉えるエリカとは違い、凪はこれから毎日拘束されて眠るのか…とちょっと恐怖を感じていますがw

 

スポンサーリンク

子供はいつの間にか成長しているものです

エリカもまた母親のことをよくわかっています。

今頃、母親は自分が泣きついてくると思っているだろうと予想していました。

ドンピシャですね!

でも今のエリカはそんなことをする気はありません。

「何が許嫁よ」

エリカがまだ思い通りに動くと思っているのなら、それは大きな間違いでした。

「これから先 凪くんのこと 好きになるにしろならないにしろ 私のことは私が決める!」

エリカがサラッとすごいことを言うので、凪は吹き出しました。

それは…エリカが今後、凪を好きになる可能性を示しています。

2人の関係は確実に変わってきているようですね。

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

「そう…凪くんと出会ってエリカは変わったのね」

感慨深い表情で娘を見つめました。

思い返せば小さい頃から泣き虫でママ、ママと泣きついていたエリカ。

そのエリカ成長を目の当たりにした母は…嬉しがるのかと思いきや?!

「ムカつく」

キーボードに拳を叩きつけ、静かな怒りを発していました…。

今まで腕の中にいたはずの娘を奪われた感覚なのでしょうか?!

勝手に許嫁にして同居させて、軟禁生活まで強いているのに超理不尽な気もしますが…w

残る軟禁生活、エリカママの次なる作戦とは?!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許嫁』ネタバレ85-86話のまとめ

今回は、軟禁生活初夜とこれからのお話でした。

凪を意識しまくりのエリカは凪の手足を拘束、口にはガムテープを貼って完全防備!

しかし、寝ぼけたエリカは凪の腕をペットボトルだと勘違いして捻ったりかじったり舐めたり大暴走!

凪は大変な被害者ですw

エリカは母親の狙いをよくわかっていました。

何でもエンターテイメントにしたがる母は2人の様子を面白がっているはずです。

凪はもう一つの狙いにも気がつきました。

何の進展もない許嫁の2人を試している…?!

親の言いなりになりたくないエリカは、あくまでこの2週間いつも通りに過ごすことを誓うのでした。

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

「これから先 凪くんのこと 好きになるにしろならないにしろ 私のことは私が決める!」

最後にサラッと爆弾発言をかましたエリカに凪はドキドキ!

なんだかんだ…2人はいい感じですね♪

ただ1人、不機嫌な人がいます。

それはエリカの母親。

いつもママ、ママと助けを求めて泣きついてきたエリカは凪と出会い、いつの間にか成長していました。

吉河美希「カッコウの許嫁」85話より引用

「ムカつく」

娘を奪われた母のジェラシーはどう言う方向へ進むのでしょうか?!

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『カッコウの許嫁』87話!今1番欲しいものは?!侵入者の正体・・

⇒『カッコウの許嫁』86話!軟禁生活3日目!!凪の決意表明に・・

⇒『カッコウの許嫁』84話!今まで至上最もドキドキ!?2人の関係・・

⇒『カッコウの許嫁』83話!ホテル生活スタート!!2人っきりの・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です