最新ネタバレ『ブラッククローバー』303-304話!考察!メギキュラに勝利!ノゼルとノエルの共闘!

スポンサーリンク

前回302話では、ノエルはアスタにロロペチカを頼みメギキュラのもとへ向かいます。

アスタは聖域のノエルを初めて見て驚いています。

ノエルがメギキュラ以外の敵を相手にはできないと思ったその瞬間、絵画魔法「ヴァルハラの主」が発動してノエルを助けます。

次にシャーロットが真荊魔法「緋威の麗戦槍(ひおどしのれいせんそう)」を発動します。

メギキュラは戦いの中で成長しているノエルたちを見て嬉しそうにしています。

ノエルが残りの軍勢に襲われるその瞬間、ラックが現れてその悪魔を退けます。

雷でノエルの行く道を作りますが、もう一つ雷の導きが必要です。

そのとき、瀕死だったガジャが雷魔法を使ってもう一つの道を作ります。

ガジャはまたロロペチカを守るために戦えることに喜んでいます。

アスタはみんなすげえと感心しています。

ラックとガジャの共闘で次々と悪魔を倒していきます。

ノエルはその隙にメギキュラに剣を刺し向けますが、呪言で防がれます。

メギキュラが勝ち誇りますが、突然ノエルを守る氷の球が現れてメギキュラを潰します。

ノゼルが現れて「この時をどんなに待ち望んでいたか」と言います。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』302話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」303話より引用

それでは『ブラッククローバー』302話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

呪いの副産物

ノゼルの過去回想。

アシエの戦いを見ているだけでなにもできなかったノゼル。

呪いをかけられたあとアシエはどんどん衰弱していきました。

何も知らない一族の者たちは出産の影響だと思いました。

田畠裕基「ブラクロ」303話より引用

アシエが呪いをかけられたときノゼルにも副産物として呪いがかけられていました。

アシエ・シルヴァの死にメギキュラが関わっていることを話したら死ぬ、そしてもし話したらそれを聞いた人にも呪いがかかり伝染病のように広がってしまいます。

ノゼルは孤独に呪いを解く方法を探すと決めます。

アシエはノゼルにこのままだと命が危険だからとやめるように言います。

 

スポンサーリンク

ノエルを遠ざけていた理由

アシエは「人は簡単には強くはなれない、だけど安心して、あなた達はいつか私よりも強くなる、だから生きなさい」と言います。

田畠裕基「ブラクロ」303話より引用

呪いを受けて1年後にアシエは亡くなるが、ノゼルはその一年何もできませんでした。

これはきついですね。

だから強くなることにこだわっていたのですね。

いつの日か母の仇を討つ為にと強くなると決意します。

ネブラとソリドの力では敵わないし、ノエルは魔法の才がない。

自分のような思いをさせたくはないと思い、だからいっそのこと戦いから遠ざけようとノエルのことを遠ざけるようになります。

ノエルを産んだせいで母は死んだとノエルに言っています。

田畠裕基「ブラクロ」303話より引用

そのときのノゼルの心の中は「あたしが殺した、守る自信も覚悟もない臆病者、今の私にお前と関わる資格はない」という感情でいっぱいでした。

ノゼルも自分の弱さに苦しんでいた一人だったようです。

弱さから出たあの言葉だったのでしょう。

強いと思われている人も弱い心を持っているようですね。

 

スポンサーリンク

共に強くなるべきだった

ノゼルは魔法帝を目指し始め強さを求め続けました。

そして言霊魔法を使う悪魔とも戦えるようになりました。

「ここにいるいますべての者に感謝する、とうとう巡り合えたな」

田畠裕基「ブラクロ」303話より引用

今までのすべてを乗せて魔法を放ちます。

メギキュラは感動の再会という感情はないようです。

あなたは鋼の剛の水の柔を合わせ持っているというアシエの言葉を思い出します。

血は弾き鋼鉄は侵入しますが、それでも心臓はこわせません。

「やはり私は間違っていたのだな」

ノゼルは遠ざけて閉じ込めるのではなく、共に強くなるべきだったと感じます。

田畠裕基「ブラクロ」303話より引用

「諦めなかった人間の勝ちよメギキュラ」

警戒しながらも人間に負けることはないとおもっていたメギキュラ。

本当の人間の強さを見誤っていたと認めます。

アシエの幻影みたいなものがノゼルとノエルを抱きしめて「二人とも強くなったね」と声をかけます。

二人は涙を流します。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブラッククローバー』ネタバレ303-304話のまとめ

今回は、ノゼルにも呪いがかけられていた、アシエが死んだのは自分のせいだと思うノゼル、ノエルとノゼルでメギキュラを倒すなどが描かれました。

田畠裕基「ブラクロ」303話より引用

ノゼルが共に強くならねばならなかったと言ってやっとノエルを認めてくれました。

とても感動的でした。

メギキュラは人間の想いの力に敗れたと認めるところが敵としてカッコよかったですね。

次回は、残っているゼノンとの戦いが描かれると思います。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』305話!生意気な後輩の強さは独りよがりではなか・・

⇒『ブラクロ』304話!ミモザが回復魔法で瀕死の3人を助ける!・・

⇒『ブラクロ』302話!因縁に決着を!ノゼル到着!・・

⇒『ブラクロ』301話!リルとシャーロットの魔法でメギキュラを・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です