最新ネタバレ『カッコウの許嫁』74-75話!考察!あいの告白のその後は?!凪、ひろに報告に行く?!

スポンサーリンク

あいから愛の告白をうけた凪は、まだその余韻に浸っていました。

胸が高鳴り、体も熱いまま…!

「熱中症じゃん?」

1人余韻に浸る凪にエリカが声をかけました。

凪は胸がいっぱいで昨日からろくに食事も喉を通らず、寝込んでいたようですw

本格的な夏バテを心配したエリカと幸は素麺を茹でて準備してくれました。

…束ごと茹でられていたのはご愛嬌でしょうかw

あいに人生初の告白をうけた凪のその後は?!

 

スポンサーリンク

『カッコウの許嫁』74話!のネタバレ

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

それでは『カッコウの許嫁』74話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

人生初の告白

凪にとって、あいからの告白は人生で初めての告白でした。

その衝撃は大きく、ドキドキで寝込むほどです…w

一方のエリカと幸は美人でモテるため、告白には慣れています。

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

「笑っちゃうわよねー」

「今ドキ小学生でもありえないっしょ」

慣れている2人にとっては告白”ごとき”で寝込んだり食事が喉を通らなくなることは、大げさに映っているのです。

でも今日の凪は舞い上がっています!

2人の嫌味になど負けませんw

「はじめてだったんだ…そういうの…」

やっぱりまだ告白の余韻に浸りまくりの凪なのでした。

 

スポンサーリンク

エリカと幸にも変化の兆し?

エリカと幸は幸せそうな凪を見て思いつきます。

「告白魔なのに?!」

凪はエリカたちから見れば告白魔なのに、告白はされたことがない…。

それは凪がモテないということを意味していますよねw

なんか悲しい…涙。

むしろ、告白に慣れている2人は告白される!と察知すると逃げるようです。

いちいち断るのも悪いし、色々面倒なようですねw

モテる人は違いますね汗。

凪にとってあいの告白は大切な出来事です。

7年越しの心のこもった告白です。

エリカや幸がバカにしてくることは許せません。

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

「違う!あいちゃんがしてくれた告白はお前らのお遊びのような告白とは訳が違う!!」

凪は机を叩き、エリカたちに訴えました。

凪の剣幕に2人も流石に黙りました。

…が、別に反省しているわけではありません。

席を外したエリカと幸は凪のこじらせ具合を心配しているのでしたw

2人の本心は…焦り!

モテないと思っていた凪がついに告白されたのです。

凪を巡る2人の行動に変化が生まれる可能性大ですね!

 

スポンサーリンク

秘密はナシ!

エリカと幸が席を外した後、凪は1人、再び考えていました。

告白をしてばかりだった凪は、告白をされた時の気持ちを初めて知りました。

胸の高鳴り、食事すら喉を通らなくなるほどの衝撃…。

(瀬川さんもこんな気持ちになったのだろうか)

※凪は既にひろに真正面から告白しています。

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

『秘密はナシ…だよ?』

凪はひろがかつて言っていた言葉を思い出しました。

凪は思い付いてしまいました。

あの姉妹がひろにあいの告白をチクる可能性は高い!

このままではまた秘密にしていたと思われても仕方ありません。

(安心させないと!!)

ひろは凪が告白されたと知ったらどんな顔をするのでしょうか?

凪はひろがヤキモチを焼くことを想像してウキウキですw

凪は大急ぎでひろの元に向かいました。

 

スポンサーリンク

報告にきた!

ひろの神社ではお祭り準備が進められていました。

ひろもヘルメットを被り、現場の最前で指示をしたりと大忙し!

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

準備中の荷物の上に座って、凪は待っていました。

「ヤ☆」

いつものようにダサい服を着て格好をつける凪w

「まぁ…ちょっとな 話があるっていうか?」

しかし、ひろは大忙し。

回りくどい言い方をする凪に付き合っている暇はありません。

「そこジャマだからどいてくれる?」

凪の話を待たずに荷物からどくように指示しました。

ひろの神社では明日からお祭りで、今が1番忙しいのです。

しかし、凪は浮かれています。

ひろが今、どんな状況に居るかを想像するゆとりがないようです汗。

 

スポンサーリンク

凪は面倒くさい?!

荷物の上に乗っていたり、忙しいと言われているのにのんびりした回答をしたり…。

ひろの表情は段々と曇っていきますが、浮かれモードの凪はやっぱり気がつきません。

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

「それで”話”って何?」

ついに面倒になったひろが凪に本題を早く言うように促しました。

「ああ〜すっかり忘れてたぁ〜」

あからさまに忘れていたふりをする凪がウザいですねぇ…。

「まぁ…大したことじゃないんですがね…」

ひろはさらに勿体ぶる面倒くさい凪を待つつもりはありませんw

凪の話を無視して準備の指示をテキパキしていきます。

「うんごめん なに?」

思っていた反応と違うことに、凪も少し気づき始めます(遅い)。

「いや…大したことじゃなくない…かな」

ようやく凪に顔を向けたひろに、凪も必死のアピール!

ついに告白の報告です!

 

スポンサーリンク

ついにご報告

「…というわけで人生で初めて告白されてしまいまして…」

凪はスイカをジャンジャン切るひろの後ろで、ついに告白の報告をしました。

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

相手は幼なじみの子で、自分も舞い上がってしまったことも話した凪。

「…というか ドキッとしてさ」

踏み込んだ発言!

凪はひろがヤキモチを焼かないかこっそりチェックしています。

(どうですか 瀬川さん 今すごく焦っていますよね?とても心配していますよね?!)

最早、凪の願望ですw

しかしここで邪魔が入ります。

お祭り準備をしている大工さんたちの休憩時間がやってきました。

ひろは休憩の時に出すためにスイカを準備していたのです。

 

スポンサーリンク

これって本心…?!

ひろの表情は見えません。

やりすぎた、と感じた凪は今更ですがひろに対するフォローを始めます。

「たしかにドキッとはしました」

「ですが瀬川さんへの気持ちは変わりませんので…そんな訳で安心していただければ…!!」

ザクッ

ひろはスイカを思い切り切り落とし、スイカを口に入れながら、ひろは言いました。

「しっかしこの包丁よく切れるわ」

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

凪の方を振り返ったひろは、よく切れる包丁(スイカの汁で血塗れに見える…)を手に持ち、スイカの汁(血が垂れているように見える…)を口から垂れ流して恐ろしい一言を呟きましたー!!

「殺すしかないかなぁ?」

凪は飛び上がって驚きました。

 

スポンサーリンク

ひろのお誘い

ひろの冗談が炸裂し、ヤキモチを焼いてもらおうと思っていた凪の方が結局驚かされてしまいました。

ひろは凪にお祭りのチラシを手渡ししました。

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

「明日のお祭り ぜひその子ときてね…!」

ひろの表情は冷たい笑顔…!

冗談はちょっぴり本気なのでしょうか?

さて、この状況の中、明日のお祭りに凪はあいを誘うのでしょうか?!

エリカや幸はどうするのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許嫁』ネタバレ74-75話のまとめ

今回は、あいの告白のその後とひろへの報告のお話でした。

人生初の告白に舞い上がる凪は、食事も喉を通りませんw

エリカと幸にからかわれながらも凪は胸の高鳴りを感じていました。

その時に思い出したのはひろのことです。

凪はひろに『秘密はナシ』と言われていたのです。

あいに告白されたことをひろに報告するため、ひろの神社に向かった凪。

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

ちょうど神社では明日から始まるお祭りの準備が進められていました。

凪は空気を読まず、手伝いもせず、ひろに勿体ぶった報告を続けましたw

ついにひろが「それで”話”って何?」 とストレートに聞いてようやく告白のご報告!

ひろは仕返しとばかりに包丁を手に恐怖の冗談で凪を驚かせましたw

ひろは凪が期待した通りヤキモチを焼いているのでしょうか?

あいとひろ、どちらも頭のいい女の子なので、会わせた時にどんな化学反応が起きるのか、怖いような見てみたいような…?

そもそも凪はあいの告白の返事をどうするつもりなのでしょうか?

吉河美希「カッコウの許嫁」74話より引用

ひろには気持ちは変わらないと伝えていますし、この状況であいをお祭りに誘うのは可哀想な気もしますね…。

凪の行動に注目です!

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『カッコウの許嫁』76話!コスプレ大会開幕!!あいちゃんの正体・・

⇒『カッコウの許嫁』75話!お祭りはハプニングの予感?!コスプレ・・

⇒『カッコウの許嫁』73話!運命から抜け出せる?!凪、人生初の・・

⇒『カッコウの許嫁』72話!あいちゃん再登場?!エリカとの勝負・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です