【炎炎ノ消防隊】弾木中隊長の能力の秘密は目にあり!焔ビトの大軍の先に待っていた絶望とは??

スポンサーリンク

森羅たち第8特殊消防隊の一員は、白装束と呼ばれる伝道者一味による謎の実験の正体を暴くため、第2特殊消防隊と協力し合いネザー(地下)へと向かいます。

ネザーでは白装束によって焔ビトにされた元仲間が暴れており、第8も第2も仲間同士で戦わなければならない状態に陥っていました。

そこで登場したのが第2特殊消防隊の中隊長、弾木です。

弾木は、同じく第2特殊消防隊のジャガーノートこと武能登と一緒に行動していました。

ジャガーノートの先輩でもある弾木中隊長は、特殊な目を持ち、ネザーにはびこる焔ビトの攻撃を1人で交わしつつ、あっという間に鎮魂します。

特殊消防隊のピンチに果敢に立ち向かう弾木中隊長でしたが、そこに待っていたのは皆も予想だにできない絶望でした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】弾木のプロフィール

弾木は、第2特殊消防隊の中隊長です。

第2特殊消防隊には森羅と同期のジャガーノートこと武能登がいますが、弾木はジャガーノートの先輩にあたります。

大型の連射可能なライフルのような武器を扱い、片手で振り回しながら正確に敵に命中させる技を駆使します

その腕前から、オウビと同じく無能力者かと思われていましたが、それは単なる能力の申請忘れ

ジャガーノートいわく、5年前の新人大会で無能力者として最優秀新人大会に選ばれたというのも、無能力ではなくこの申請忘れが原因とのことでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【炎炎ノ消防隊】弾木は第二消防隊の中隊長として皆を引っ張る

男気溢れる弾木は白装束によって大量に焔ビトにされた中を一人乗り込み、第2のみならず第8の特殊消防隊の仲間の窮地をも救います

焔ビトに捕まったジャガーノートに対しても、ジャガーノートを傷つけることなく焔ビトにだけ攻撃を命中させるほどの腕前。

とはいえジャガーノートに向かって銃口を向けるあたり、かなり無鉄砲な部分もありますが、それだけ仲間の隊員からの信頼も厚く、皆を実力で引っ張る兄貴分的な存在でした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】弾木は目で熱を感知することができる能力を持つ

弾木中隊長には、能力として特殊な目を持っていますが、これはサーマルスコープと呼ばれ、熱源や熱量を感知し、どこに敵がいるのか瞬時に見抜くことができる能力です。

これによって敵に狙いを定め攻撃を確実に命中させることができるのですが、とはいえ後ろ向きに攻撃をしたり、正確に射貫く技術は単に弾木中隊長の基本能力が高いとも言えます。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】弾木は目標に向かって一直線に弾丸を放つ

弾木中隊長は、白装束によって焔ビト化されてしまった元隊員も含め一帯にいた焔ビトを一気にライフル型の銃で攻撃し、一発・・また一発と確実に敵を殲滅させていきます

その華麗な攻撃シーンに環やジャガーノートは呆気に取られ、ジャガーノートに至っては憧れを口にするほどでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】弾木中隊長のおかげで焔ビトの大軍を退ける

大量の焔ビトの前に最後は2丁のライフル型の銃を駆使しながら蹴散らすことに成功した弾木中隊長一行は、無事に鎮魂完了したものの、他の隊員とは散り散りとなってしまいました

それでも、サーマルスコープの能力を持つ弾木中隊長にかかれば、他の隊員の熱量を見て取ることができるため、急いで合流することにしました。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】弾木中隊長がオロチのせいで死亡する??

サーマルスコープの能力を頼りに皆と合流を急ぐ弾木中隊長一行でしたが、目の前に白装束の敵が現れます。顔は覆われその姿を見ることはできません。

その中で弾木中隊長が何かを発しようとした瞬間でした。目にもとまらぬ速さの攻撃で弾木中隊長の首が飛びます

一瞬の出来事でした。

ジャガーノートも環も何が起こったのか理解できずにいました。

目の前には白装束の紫煙騎士団“オロチ”と名乗る強敵

「敵を八つ裂く者なり」という言葉とともに、弾木中隊長の首が切られた死体が横たわるのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】弾木中隊長の死亡によってジャガーノートが覚醒?

弾木中隊長の突然の死によって、動揺が隠せないジャガーノートと環でしたが、それでも向かってくる敵に対して環は覚悟を決め、戦いを挑みます。

スピードで拡散しながら攻撃を繰り出しますが、敵もすぐに見切り、環はオロチに捕まってしまいます。

一方でジャガーノートは動揺が隠せず、自らの不甲斐なさが原因で弾木中隊長を見殺しにしてしまったことを悔やんでいました。

自分には力がない、弾木中隊長のようにはなれないと諦めすら感じていましたが、環が捕まったことで今まで自信のなさに隠れていたジャガーノートの能力が覚醒します

もともと力はあるジャガーノートですが自信のなさから本来の力を出し切れずにいました

 

スポンサーリンク

まとめ

サーマルスコープの能力と持ち前のテクニックを武器に、敵を蹴散らす弾木中隊長はジャガーノートはじめ部下からの信頼も厚く、まさに兄貴分的な存在でした。

その弾木中隊長が一瞬の内に殺されるほど、白装束の力は強大です。

さらに、人間を焔ビトに変えるなど特殊な能力を使うものも多く、第8第2の特殊消防隊連合軍は更なるピンチに陥ってしまいました。

そんな中、ジャガーノートの秘めた能力がついに覚醒。

巨体を活かした強力な攻撃能力で窮地に陥った特殊消防隊を救えるのか?環は助かるのか?

ジャガーノートの覚悟が敵を破壊尽くす。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA