【炎炎ノ消防隊】万有引力を能力に持つフェアリー!本当はショウの守り人になるはずだった!?

スポンサーリンク

フェアリーは、白装束の一派、伝道者一味に属しています。

登場するのは物語の後半になりますが、アドラバーストを使い、万有引力の法則を上手く活用しながら「引力」を自在に操ることが出来る能力を有しています

本来であれば森羅の弟、伝道者の象(ショウ)に使える守り人になるはずでもあったフェアリーですが、その能力の源はどこにあるのか?ショウが伝道者のもとを去った今、フェアリーは何を思うのか?

その能力や生い立ちと共にフェアリーの魅力について解説します。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】フェアリーのプロフィール

フェアリーは、白装束(伝道者)一派に属しています。

初めて登場したのは、白装束の一派が一同に集まった終末集会でのことです

フェアリーが属していた部隊、その部隊名は「大災害執行特化部隊」、略して災害隊。

災害隊のメンバーはフェアリー含め6人が確認されています

災害隊自体は、何を目的に組織されているのか、その背景やどのようなことを行っているのかも明らかにされていません。

その災害隊において唯一戦うシーンが描写されているのがフェアリーになります

 

スポンサーリンク
"
"

【炎炎ノ消防隊】フェアリーは災害隊に所属する超大物

白装束一派が集めていた、アドラバーストを持つ8つの柱。

この八柱がついに揃い、「大災害」を呼び起こす準備が着々と進んでいました

その中で「終末集会」として集まった伝道者の中でも、フェアリーは一際異彩を放っていました。

災害隊に属し、引力を操る能力もその一つではありますが、フェアリーは、その能力で大災害を食い止めいようとする森羅はじめ特殊消防隊に対しても絶大な力を見せつけます

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】フェアリーがショウに切られるも即座に復活する

森羅の弟である象(ショウ)は、森羅とアドラリンクを行ったことで、お互いの生い立ちにフラッシュバックし、白装束一派にいる身でありながら、森羅を兄として認め、話をしたいと思うようになります。

終末会議が近づく中にあっても、ショウの中での兄への思いやより強くなり、ついには守り人のアローを脅しても兄に会うことを選びます。

世界の終わりを悟る世の中で、特殊消防隊を中心に戦っている中において、ついにショウは森羅と出会い、話す機会を得るのです。

ただ、その中で邪魔だてするのがフェアリーです。

フェアリーは、自身の特殊能力で森羅を倒し、ショウに今ここにいる理由を問いただします。

そしてショウとの戦いにつながるのですが、ショウはフェアリーの引力を利用した攻撃を避けつつも、守り人アローの矢の追撃を活用してフェアリーに剣による一閃を加えます。

これによりフェアリーは一刀両断されるのですが、すぐに復活します

これはフェアリーによる身体の一部を透明化した能力によるものだとショウは悟ります

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】フェアリーの能力は万有引力に近いもの??

先にも述べた通り、フェアリーの能力は引力にあります。

万有引力の要素を活用し、あらゆる物体を互いに引き寄せあい、また引き離す力を持っています。

この引力の強さは、対象物の質量に比例しており、小さなものであれば大きなものに引き寄せられるという自然の摂理を上手く活用した能力ともいえます。

また、フェアリーはショウとの戦いの中で、このように発していました。

「アドラバーストを使ってその法則に干渉し引力を操る」

万有引力の持つ力にアドラバーストによって熱量を加え、その力を自在に操ることができるということです。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】フェアリーはアドラバーストを使うことが出来る??

ショウとの戦いでアドラバーストを利用した万有引力の能力を示したフェアリーですが、ここで一つ疑問が生まれます。

アドラバーストを使えるのは、ショウや森羅のように柱たりうる人物のみだったはずです。

そもそも白装束(伝道者)の一派は、アドラバーストを使える人物を柱にすべく探し回っていました。

その中で、ショウや森羅などを柱にすべくようやく八柱を集めることができたのですが、ここでフェアリーがアドラバーストを使えるということは、フェアリーも柱になりうる人物だったことになります

ところがフェアリーは八柱の1人にカウントされてはいません

アドラバースト自体の熱量なのか、その他の能力が足りなかったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】フェアリーはショウの守り人になるはずだった?

また、ショウとの戦いの中で、フェアリーはこのようなことも発しています。

「お前の“守り人”は俺が相応しかったのに」

現在のショウの守り人は、弓矢の能力を扱うアローが勤めています。

ショウが八柱の1人となった時、その守り人も決まったと想定されますが、その際にアローとフェアリーが候補にいたのと思われます。

その中でアローが現在ショウの守り人を務めているということは、ショウがアローを選んだ、フェアリーを拒絶したともいえます

それによってフェアリーは、ショウに対して何か因縁や復讐、恨みのようなものを感じているのかもしれません

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】フェアリーは柱候補??

アドラバーストを纏えるということで、フェアリーも柱になる力を有していたことは、先に述べた通りわかります。

とはいえこの八柱の中にフェアリーの名前はありません

これはただ単に力がなかったからなのか、アドラバーストを扱えるだけではなく、それ以外にも柱になるための条件はあったのかもしれません

フェアリーの言動からはショウの守り人への強い思いは伺えるものの、柱へのこだわりはそこまでまだ感じることはできません。

 

スポンサーリンク

まとめ

白装束一派の中でも、そこまで登場機会が多いわけではないフェアリーですが、その言動や行動、能力から柱と互角の力を有していることは見て取れます

森羅に至ってはフェアリーに触ることすらできず、引力の前に子ども扱いでした。

ショウの守り人を強く望むフェアリーですが、今や生気を取り戻しつつあり、森羅への同調や白装束の過去に対する疑念も生まれているショウに対して、本当に守り人として使えることができるのか?

フェアリーの今後の行方にも期待です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA