最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』285-286話!考察!永倉が鶴見の元に!?砲弾降り注ぐ五稜郭でまさかの一手!

スポンサーリンク

五稜郭で籠城戦の準備と金塊探しをしていた杉元&土方一行。

すると「神」の刺青があった場所からひとつの箱を発掘しました。

入っていたのは土地の権利書。

読み解くとそこには「アイヌが北海道各地の開拓の進んでいない広大な土地の権利を金塊で買う」という契約が、榎本武揚が各国の大使を立ち会わせた中で政府とアイヌの間で結ばれたということが書かれていました。

金塊はすでに「アイヌによってアイヌのために使われていた」ということ。

一同はガッカリしますが、しかし土地購入には、予想されていた金塊の半分しか使われていないことが発覚します。

希望が復活しましたが、その時砲撃とともに早くも鶴見が爽やかに到着してしまったのでした。

開戦必至の第285話は『最終決戦』ということで、いよいよ最終章が開幕!

最終章はジジイの悪巧みから始まります!

 

スポンサーリンク

『ゴールデンカムイ』285話!のネタバレ

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

それでは『ゴールデンカムイ』285話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

鶴見はやはり海路で到着

早く残りの金塊を探しに行きたいところですが、五稜郭にはどんどん砲撃が行われます。

塹壕へ逃げる途中、永倉が砲撃を避けるため堀に飛び込み水中へ。

そんな中、一同は海の方に“偵察を行うための軍用の気球”が飛んでいることに気づきました。

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

「あいつら駆逐艦で来たから早かったんだ!!」

そう鶴見は船で来たのです。

鶴見は暗号解読の開始時から“金塊がどこであれ短時間で迎えるように”鯉登平二のいる青森の大湊要港部へ連絡していました。

そして札幌から汽車で室蘭へ移動し、そこで待機していた駆逐艦で函館港へ到着したのでした。

 

スポンサーリンク

五稜郭から逃げるべきか否か

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

堀に飛び込んだ永倉は何やら思案し、対岸へ泳いで渡ると「門倉!!頼んだぞッ!」と言い残しどこかへ歩いて行ってしまいました。

すると、なんと永倉は兵士と接触し「鶴見中尉と話したい!」と白旗(ふんどし)を上げたのです。

そんな中でも艦砲射撃は五稜郭を更地にしそうな勢いで続きます。

アシリパは「やっぱりここから逃げよう!」と提案。

しかし「艦砲射撃で炙り出されてくる者を、三か所ある出口で大勢の兵士が待ち構えているはずだ」と土方は言いました。

逆に杉元は、駆逐艦の隻数と乗船人数を推測し「出口の三か所以外なら包囲網は薄いかも」と考えます。

今逃げるべきか否か…その議論に口を挟んだのが白石。

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

白石はウイルクが囚人たちに「金塊を“半分やる”」と言っていたことを挙げました。

この言葉は権利書の内容とも一致するので信憑性は高いですよね。

だからこそ、残りの半分がこの五稜郭にあるのか無いのかだけはハッキリさせたいと白石は考えるのです。

「金塊をひと目見るまで死んでも死にきれねえよ!」

号泣する白石、とにかく必死です。

 

スポンサーリンク

永倉が鶴見と接触

艦砲射撃が止まりました。

永倉が鶴見と接触したからです。

鶴見に「金塊はなかった」と伝える永倉。

鶴見は「艦砲射撃で吹き飛ばした後その下に金塊があるかどうか自分で確かめるだけ」と相手にしませんが、次の永倉の言葉で表情を変えました。

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

「アイヌの金塊で買った北海道の土地の権利書があった」

このことを鶴見に話してしまうんですね。

永倉はそのままその経緯=『アイヌが蝦夷共和国と契約し、函館戦争後に榎本武揚が各国の大使を立ち会わせ、明治政府に契約を引き継がせた』も話します。

永倉が「情報将校なら思い当たることはないか?」と問うと、鶴見は厳しい表情を浮かべました。

永倉は権利書に「アイヌ民族にその土地の使用権が認められる」と書いてあったことも伝えます。

その土地とは北海道各所の広大な土地。

森を開墾すれば農地に適した肥沃な大地とその下にある莫大な鉱産資源。

権利書に名義はなく、それらの土地の使用権はアイヌ民族にだけあるのだと言います。

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

「第七師団にはイポプテのようなアイヌの兵士が何人もいるだろう?」

つまり永倉は、鶴見がその土地を手にすることも可能なのだと説いているわけですね。

一体何が狙いなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

永倉の狙いとは?

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

権利書が鶴見にとっても価値があることを説いた上で、なんと永倉は突然土下座をしました。

「権利書と引き換えに皆の命を保証してほしい」とのこと。

さすがの剣豪でも砲撃には為す術がないという判断でしょうか。

その根底には土方の命を救いたいという想いがありました。

土方の根本にあるのは“喧嘩”であり、新選組の副長として派手に喧嘩をして死に場所を探しているだけなのだと永倉。

「勝ち目のない函館戦争なんぞでせっかく命拾いしたのに、次こそは死ぬべき時を逃すまいとしている」

だから五稜郭に戻り、投降するよう必ず説得してくると永倉は言うのです。

そんな永倉に「土下座なんておやめください」と声を掛ける鶴見。

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

永倉の想いを汲むのか…と思いきや、悪い顔で「権利書を盾に艦砲射撃を封じ込んだ上で、五稜郭に戻って土方と一緒に戦うつもりなんだろう?」と牽制しました。

「永倉新八こそ最後に喧嘩がしたくて疼いている頭のいかれた新選組の生き残りじゃないか」

そうして提案を断られた永倉はというと…

なんとこちらも悪い笑みを浮かべていたのでした!

 

スポンサーリンク
"
"

ゴールデンカムイ』ネタバレ285-286話のまとめ

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

永倉にはこれまで土方が死に場所を求めているのではないかと心配している描写もあったのでちょっと信じかけましたけど、ガムシンはガムシンでしたね。

そもそも土方のことを想っているならば、命よりもその先にある夢を優先し、今度こそ共に最後まで戦いたいと願うでしょう。

それに永倉は年齢的なこともあって主に裏方として行動していましたが、ゴールデンカムイにおいて所々で誰よりも鋭い殺気を見せているのは永倉ですからね。(敵や啄木に)

きっと土方と再会した時から血が沸いて仕方なかったでしょう。

ということで永倉の活躍に期待が高まりますが、刀は持っていないようなのでここをどう乗り切るのでしょうか。

野田サトル「ゴールデンカムイ」285話より引用

最後の悪い笑みを見る限り、鶴見に目論見を看破されても大丈夫そうな予定だったと考えられますが…。

少なくとも門倉に「頼んだぞ!」と託したので、この艦砲射撃が止んでいる間に五稜郭内でも動きがあるでしょう。

門倉が土方に報告したならば、土方が永倉との阿吽の理解で何かアクションを起こしそうで楽しみですね。

とにかくここにきて永倉ピックアップは熱い展開でしたので、次回この行動がどのように繋がっていくのか期待です!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『ゴールデンカムイ』287話!ついに金塊発見!いよいよ第七師団・・

⇒『ゴールデンカムイ』286話!門倉始動!カドクラスイッチで土方・・

⇒『ゴールデンカムイ』284話!ゴールデンカムイ完結!?金塊は・・

⇒『ゴールデンカムイ』283話!土方が脱いだら神だった!籠城戦・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です