【炎炎ノ消防隊】ヴァルカンの工房に居たリサは裏切り者!!死亡する直前に救ってもらった過去がある??

スポンサーリンク

かねてより機関員を探していた第八特殊消防隊は、癖は強いものの技術者としては一流のヴァルカンをスカウトするために、ヴァルカンの工房を訪れます。

そこにいたのがリサでした

リサはヴァルカンのもとで夫婦のように一緒に生活していました。

今回はそんなリサについて紹介します。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】リサのプロフィール

リサには、もともと身寄りがなく、ヴァルカンの工房内の車の中で寝泊まりしていました。

とある雨の日に、車の中で寝ているリサを見つけたヴァルカンは、リサの事情を汲み取り保護する形で一緒に暮らすことになります

また、ヴァルカンの工房には、ヴァルカンを師匠として仰ぐユウという弟子もおり、リサはこの2人とともに生活していました

 

スポンサーリンク
"
"

【炎炎ノ消防隊】リサはヴァルカンの工房職員として登場した

リサは、ヴァルカンに保護されユウとともにヴァルカンの工房で工房職員として働いていました

工房作業をすることもありますが、普段は料理や洗濯など家事を中心に行っていることが多くありました

ヴァルカンもリサとユウと一緒に生活する中で、生活に潤いが生まれていたようで、本当の家族のように仲睦まじく過ごしていました。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】リサは白装束のスパイでヴァルカンの持つ鍵の在処を探していた

ヴァルカン、ユウとともにどこにでもいる家族のように生活していたリサですが、その正体は実はスパイで、ヴァルカンの持つ重要な鍵の在りかを探していました

その鍵とは、その昔にヴァルカンの先祖が開発したアマテラスに関する重要な鍵で、白装束、伝道者一派が喉から手が出るほど欲しいものでした。

リサは身寄りのない人間を装い、ヴァルカンの生活に溶け込む中で、その鍵の在りかや、アマテラスの情報を盗もうと策略していました。

ただ、しばらく生活していた中においても、ヴァルカンは鍵の在りかもアマテラスの情報も口を割らず、しびれを切らした伝道者一派がヴァルカンの工房を襲撃します。

その際に、リサの本当の正体と目的がバレてしまうのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】リサはドクタージョバンニから洗脳を受けていた??

リサの正体をバラし、ヴァルカンの工房を襲撃した伝道者一派でしたが、それを率いていたのはなんと第三特殊消防隊の大隊長でもあるドクタージョバンニでした。

ドクタージョバンニもまた伝道者一派に属し、特殊消防隊のスパイでもあったのです。

リサという名前も偽名で、伝道者一派ではフィーラーと呼ばれています

ドクタージョバンニは、アドラの生物とされる蟲と親和性実験を行い、「トンボの複眼」「蛾のヘアペンシル」「ミイデラゴミムシのガス」といった昆虫が持つような能力を使うことができます。

リサはこのドクタージョバンニの能力によって洗脳されていました

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】リサはドクタージョバンニに救ってもらった過去がある?

ドクタージョバンニによって洗脳されてしまったリサですが、どうして洗脳されるようになったかというと、その理由はリサの過去とジョバンニの関係にありました。

両親を失い、身寄りのなかったリサはドクタージョバンニに拾われます

ドクタージョバンニは、虫による人体実験を行っており、リサにもこの実験を行います。

その結果、リサは発火能力に目覚めるのですが、その後もジョバンニはリサを自分のものとして教育し続けます

ドクタージョバンニが、「炎の扱いも男の扱いもすべて教えてやった」とリサのことを話すくらいですので、その拷問は壮絶だったと推察されます。

ただ、リサは一部ドクタージョバンニに洗脳されてはいるものの、ヴァルカンと過ごした日々に偽りはなく、心の底から楽しかったと感じていました

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】リサは磁性体を持つ炎を操って敵に絡みつく

ドクタージョバンニの人体実験によって発火能力に目覚めたリサは、第三世代能力者で、触手状にした炎を操る能力を持ちますが、普段はこの能力を見せることはありません。

この炎は磁性体で、人体の発するわずかな時期であっても生物が纏う微弱な磁気を感知すると、自動追尾して攻撃することも可能です。

その姿はまるでタコの足や触手のような炎です。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】リサの死亡は第八のメンバーが許さない

ネザーでの戦いでドクタージョバンニからリサを救出したヴァルカンと第八特殊消防隊は、リサをそのまましばらく第八特殊消防隊内で療養させることにします。

一度は裏切られたヴァルカンも、それがドクタージョバンニの洗脳のせいだと分かると、改めてリサを信じようと決めるのでした。

そんなリサですが、ドクタージョバンニとの過去もあり、酷く精神的に落ち込み、布団から出られない状態でしたが、第八特殊消防隊の看護もあり、徐々に回復します。

一時は自殺することも考えていたリサでしたが、それは第八特殊消防隊の大隊長桜備が許さず、生きることが重要だと諭します

そのかいもあり、リサは第八特殊消防隊の一員として活躍するようになりましたが、ドクタージョバンニの洗脳が完全に解かれたわけではなく、今後また伝道者一派に取り込まれてしまう可能性もあります

 

スポンサーリンク

まとめ

過去に人体実験という壮絶な体験をし、ドクタージョバンニに洗脳まで受けていたリサですが、ヴァルカンと出会ったり、第八特殊消防隊のおかげもあり、少しずつ人の心を取り戻せるようになりました。

まだ完全に洗脳が取れたわけではありませんが、リサの力が今後第八特殊消防隊にとっても重要になることが出てくるでしょう

リサの今後の展開とともに、更なる活躍に期待しましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です