【炎炎ノ消防隊】敵は消防隊が考えていたよりも複雑で多かった??回を増すごとに増えていく敵キャラ達!!

スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊におきまして、特殊消防隊の前に立ちはだかる敵は多岐にわたります。

当初は白装束=伝道者一派のみが敵と思われましたが、回を重ねるごとにどんどん敵が増えてきています

その敵キャラは伝道者一派に限らず、より複雑に絡み合い、森羅たち特殊消防隊の前に立ちはだかるのでした。

今回は、そんな特殊消防隊が対峙する敵キャラに注目して紹介してきます。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】消防隊の明確な敵は白装束

炎炎ノ消防隊における、森羅たち特殊消防隊の一番の敵は白装束=伝道者一派です。

そもそも伝道者とは、「気が遠くなるほど昔から、人類の思想を歴史の裏で操り、大災害以前に存在した神々を作り上げたもの」といわれ、アドラと呼ばれる異世界から来た存在ですが、まだその正体については明らかになっていません

その伝道者に仕えるものが伝道者一派になります。

伝道者一派の中でも、アドラバーストを持つものを「柱」と呼び、この柱には身を守る「守り人」が従事しています

また、伝道者一派の中でも灰焔騎士団や紫煙騎士団のように軍を組織して行動するものもいます。

 

スポンサーリンク
"
"

【炎炎ノ消防隊】白装束の目的はアドラバーストを使って災害を呼び起こすこと

白装束=伝道者一派の目的は、アドラバーストを使って250年前におきた大災害を呼び起こそうとしています

そのために、まずはアドラバーストを持つ8人の「柱」を探しています

アドラバーストを持つものは、既に森羅の弟でもあるショウ「3柱目」、ハウメア「2柱目」、インカ「5柱目」、シスタースミレ「7柱目」と、既にアマテラスに幽閉されている「1柱目」の5人が見つかっています。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】灰島重工はアドラバーストを持つ子供達を秘密裏に研究していた

東京皇国のほぼすべての産業を牛耳る灰島重工は、特殊消防隊の武器や装備の制作も行っており、表向きは特殊消防隊にとって敵というわけではありません。

ただ一方で、灰島重工は自身の能力をまだコントロールできない子供たちを保護しつつも、秘密裏に能力開発研究所にてその子供たちのなかからアドラバーストを持つ子を探すという裏の顔も持っていました

そもそも、第八特殊消防隊の機関員ヴァルカンの先祖による設計図を使ってアマテラスを建築した灰島重工には、アマテラスの原動力がアドラバーストを持つ人間にあることを知ります。

このアドラバーストには伝道者一派が求めるように強大な力が秘められていると考え、自社の利益のために灰島重工もアドラバーストを求め、子供たちを実験材料に扱っているのでした。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】灰島重工と伝道者には明確な繋がりはなかった??

目的は違えど、ともにアドラバーストを持つ人間を探す灰島重工と伝道者一派ですが、今のところ明確な繋がりは本編においてありません

目指すものが同じであることから共闘することもあるのではとも思われましたが、特にそのような行動も起こっていません。

灰島重工側がアドラバーストを引き出すために能力開発研究所にて訓練を行っていた際に、ナタクという子供がアドラバーストに目覚めます。

そこにナタクを奪い去ろうと伝道者一派が現れますが、灰島重工はナタクを守る(奪われない)ように伝道者一派と戦っていましたので、お互いに共闘というのはなさそうです。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】聖陽教の目的は人々の太陽神への信仰を利用して大災害を起こすこと

聖陽教とは、東京皇国の宗教の1つであり、太陽を神と崇めています

「炎ハ魂ノ息吹 黒煙ハ魂ノ解放 灰ハ灰トシテ 其ノ魂ヨ 炎炎ノ炎ニ帰セ」という祈りや、鎮魂の際に「ラートム」と唱えることも、基本的にはこの聖陽教の聖職者が行います。

第一特殊消防隊の隊員やシスターなどは、この聖陽教がルーツとなります。

この聖陽教の目的も、実は伝道者と同じく大災害を起こすことにありました

250年前の大災害が失敗だったと考える伝道者は、聖陽教を利用して再び大災害を起こそうと目論んでいます

太陽のことを神と崇める聖陽教は、今や人々に布教されており、アマテラスの原動力によって第二の太陽ができるのであれば、大災害が起きても仕方がないと人々を宗教によってマインドコントロールしているのです。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】聖陽教を布教したのは白装束のヨナ

伝道者は、大災害を起こすために太陽のことを神と崇める宗教を布教するにあたって、白装束のヨナに聖陽教の設立を指示します

ヨナは今や伝道者一派のショウが団長を務める灰焔騎士団の遊撃隊に属しています。

炎の熱を利用して人の顔の血液を操作し、別人の顔に作り替えることができる能力を持っています

その能力で同じような人々を作り上げ、浅草の住民達を混乱させたこともあります。

もともとは、250年前に空間の歪みの向こう側からやってきたとも言われています。

伝道者の指示によってラフルス一世になりすまし、今の聖陽教の布教に繋げました

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】消防隊の中には裏切り者やスパイが多数潜んでいる?

特殊消防隊の敵は、伝道者一派や灰島重工、聖陽教だけではありません。

特殊消防隊の中にもスパイとして裏切り者が多く潜んでいます

第一特殊消防隊の中隊長でもあった烈火星宮や、第三特殊消防隊の大隊長でもあるドクタージョバンニも、伝道者一派に絡むスパイでした

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、炎炎ノ消防隊の敵となるキャラクターについて紹介しましたが、今回紹介したキャラ以外にも敵として立ちはだかる人物がまだ隠れている可能性もあります

仲間と思っていた人物が裏切ることはよくある話ですが、それが誰なのか、どの組織なのか、そういった部分に注目して読み進めると、また違った楽しみができるでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です