【ワールドトリガー】道の侵略者から世界を守るボーダー!その創設には語られることのなかった謎があった??

スポンサーリンク

SQジャンプにて大人気連載中のワールドトリガーでは近界民(ネイバー)の侵略から世界を守っている組織があります。

その組織は民間組織として存在する界境防衛機関「ボーダー」です。

ボーダーでは優秀な人材が揃っている非常にレベルの高い組織ですが、その設立に至った経緯や旧ボーダーと言われる設立当初のメンバーには謎が多くあります

ボーダーとは一体何なのかを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ボーダーとはどのような役割を担っている?

界境防衛機関「ボーダー」は近界民の侵攻に対抗し、「こちら側の世界」を守るために設立された民間組織です。

ボーダーでは「あちら側の世界」である近界民の技術を独自に研究しており、その侵略行為から街を守る事を主な業務としています

以前は公の組織ではありませんでがその存在を明かして活動するようになったは4年半前の「第一次大規模侵攻」で、その後に作られたのが現在の本部になり、最高司令官は城戸正宗になります。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワールドトリガー】ボーダーの人間は三分割された派閥に分かれている

民間組織・界境防衛機関「ボーダー」は様々な優秀な人材が揃っており、それぞれの隊員が活躍していますが実はボーダーにも派閥があります。

現在の組織は一枚岩ではない様子で近界民に対するそれぞれのスタンスの違いからボーダーは大まかに3つの派閥に分かれています

 

城戸正宗司令派

「近界民は絶対許さないぞ主義」の強硬排除派であり、ボーダー内の最大派閥です。

遠征に積極的な姿勢を見せている事から近界民自体へのスタンスは強硬排除派とか関係なく遠征目的で城戸派に所属している隊員も存在しているとされています、

主な隊には太刀川隊や冬島隊、風間隊、三輪隊に二宮隊、天羽月彦など 実力派揃いです。

 

忍田本部長派

「街の平和が第一主義」でありボーダーの専守防衛派隊員の3分の1がこの派閥です。

主な隊には嵐山隊、諏訪隊、柿崎隊、東春秋などが賛同しています。

 

玉狛支部派

「近界民にもいいヤツがいるからなかよくしようよ主義」の近界民友好派です。

少数精鋭の異端派閥とされている為に一見変わり者が多いと思われています。

主な隊に玉狛第一、玉狛第二、迅悠一、夏目出穂がいます。

この三代勢力ですが基本である「三門市を近界民の侵略から守る」というボーダーでの至上の目的は共通しています。

この為、ブラックトリガー争奪戦のような特例が有れば別ですが、それ以外は表立った派閥争いは行われていない様子です、

また、加古隊や影浦隊などの派閥に属さない部隊も存在しています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ボーダーのトリオン技術は目覚しい??

近界民はトリオンという生体エネルギーのような物で構成される擬似生命体を使い、4年前は地球に大きな被害を与えました。

その後、近界民の侵攻は地球人を攫ってそのトリオンを獲得するのが目的とされていますが、4年前の侵攻以来、ボーダーでは秘密裡に近界民の技術を習得する事でトリオンを利用したトリガーを開発する事により、現在はトリオン兵を撃退できる力を持っています

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ボーダーは民間人に内緒でネイバーへ遠征していた

三門市では認知度も高くヒーロー的な扱いを受けているボーダーですがネイバーフッドの遠征は市民には言わずに行っている様子てす。

三門市は「こちら側の世界」で近界民は「あっち側の世界」と認識されています。

「あちら側の世界」の住民も人間ですが「こちら側の世界」の三門市の住民はその事を知らず侵略者だと思っています。

この事実を隠しているのか、また言えないのがボーダーは市民に公表する事はありません

ネイバーフッド遠征の際は所属する隊や序列に関わらず遠征選抜試験が行われ厳選されたメンバーで遠征しているので何か秘密があると思われます。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ボーダーの任務は主に市街地をトリオン兵から守ること

ボーダーの活躍での最も主である基本業務は近界民撃退になります。

第一次大規模侵攻以降、世界では頻繁ではないとはいえ、近界からトリオン兵が送り込まれ続けています。

この為、座標操作によって出現位置を本部基地周辺の警戒区域に誘導する事でボーダー正隊員達がシフトを組んで撃退しています。

この他、ボーダーではトリガーの研究開発や近界遠征 などがあります

また、現在停止中ですが「旧ボーダー」からの主要業務に近界民との交流もあります。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ボーダーがなかったら民間人の被害は10倍以上?

第一次大規模侵攻以降で大きな被害を受けた世界でしたがその後、ボーダーのトリオン技術の進化により送られてきたトリオン兵にも対抗できる力を手に入れています。

このボーダーのトリオン技術の進歩により、民間人への被害は最小限に抑えられています

ボーダーという組織が存在していなければ莫大な被害が出ていた可能性があります

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ボーダー設立には多くの人間の関わりと謎が隠されていた???

三門市に本部を置き世界を守っているボーダーですがその設立時期の詳細は不明であり明かされていません

現ボーダーになる前の事を旧ボーダーと言っていますが近界民との交流を主な活動てしており、3つの国と同盟を結んでいました。

ですが3つの同盟国の内の1つの国が戦争を起こした際に旧ボーダーのメンバーも同盟国と共に戦火に身を投じた事で19人いたボーダーのメンバー10人が死亡しています。 

これがきっかけとなり旧ボーダーのメンバーである現最高司令官の城戸正宗は方針を変え、現在の本部を構えています

旧ボーダーの本部は現玉狛支部であり、旧ボーダー時代から生き残る多くの隊員が現在の玉狛支部に所属し旧ボーダーの思想を引き継ぎ活動を続けているとされています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ワールドトリガーでも物語の重要な鍵を握り、いまだいくつもの謎が隠されているボーダー。

第一次大規模侵攻で大きな被害を受けながら、現在は近界民のトリオン技術を研究、開発することで侵略してくるトリオン兵にも負けない技術がある強固な組織になっています。

ボーダーの前身は旧ボーダーと言われ、最高司令官の城戸正宗も旧ボーダーの一員でした。

城戸は同盟国の戦争に参加した事で19人いたメンバーの10人が死亡した事をうけ、方針を変更し今のボーダーを作っています

今だに多くの謎を残し、旧ボーダーの真実の全容は明かされていないワールドトリガー。

近界民との未来やボーダーの真の目的は何になるのか。

明かされるのを楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA