最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』221-222話!考察!大仏の本音は?!伊井野との関係が壊れる?!

スポンサーリンク

いつものようにゲーム談議で盛り上がる石上ところも。

その側に伊井野は近寄っていました。

伊井野はFPSをやってる人しか知らない情報を口にしました。

ころもは伊井野がFPSをやっていることに驚きます。

それを知ったころもは伊井野も一緒にやろうと誘ってくれました。

伊井野がやりたかったのはコレですよね!

石上と共通の話題で盛り上がりたい!

しかし…盛り上がりを見せる伊井野たちの声を聞きながら、大仏は思うことがあるようで…?!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』221話!のネタバレ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

それでは『かぐや様は告らせたい』221話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

大仏の訪問

大仏は生徒会室にいました。

出迎えたのはかぐやです。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

「やっぱ男って駄目だと思うんですよね!!」

大仏の突然の暴言にかぐやもたじたじですw

「居心地がいい女が居たらすぐそっち!」

やっぱり大仏は教室での盛り上がりが気に食わなかったようですね…。

大仏は男は結局浮気するようにできている!と豪語しました。

かぐやは冷静に、それは人によることと、浮気するのは男だけではないことを伝えたのですが…。

「結論としては男も女もゴミカス!恋愛感情なんてのが、そもそもロクなものじゃない!」

攻撃範囲がむしろ広がってしまいました涙。

 

スポンサーリンク

恋愛には賞味期限がある?

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

大仏の持論としては「1人の人間に対する恋愛感情って賞味期限がある」というもの。

でも初めての彼氏である御行と付き合ってまだ割と日が浅いかぐやにとって、この手の話は目を逸らしたい話題ですw

「四宮先輩は白銀会長といずれ結婚するんですか?」

大仏のストレートな質問にかぐやは照れMAX!

「舞い上がったバカップルみたいじゃない!」

満更でもない様子のかぐやに大仏は冷静な一言。

「最近のお2人はそうとしか形容できないですけどね」

かぐやピンチw

最初の頃あった威厳はどこかへ消えてますねw

 

スポンサーリンク

結婚は恋愛のゴール?

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

「まぁ一つの形として結婚は理想よ?」

「でも今は色々な形があると思うし一概に結婚が幸せとは言えないもの 特に四宮家では…」

結婚は手段としても利用されているでしょうし、結婚することで発生する縛りや弊害も多そうですよね…。

かぐやもそれはわかっているのでしょう。

「そこがゴールとは思えないわ あくまで関係性の一つよ」

仮に四宮家の問題で御行との結婚が叶わなくても、一緒にいれる方法を考えたいと願うかぐやの気持ちが表れているような気がしますね…。

最近かぐやと御行は脇役に徹してますが、2人の今後も期待しましょう!

 

スポンサーリンク

原因は石上?!

日本の離婚率は35%、ロシアに至っては80%なんて統計もあるんだとか。

大仏はそのデータを持ち出し、”永遠の愛”を否定しました。

「永遠の愛なんて脳の構造上存在しないんですから 結局恋愛感情なんていつかなくなるものなんですよ!」

大仏がここまで愛や恋を否定するのは何故なのでしょうか?

その理由がようやくここで判明します。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

「あれだけつばめ先輩の事を好きだった石上が…この頃はもうそういう感じなくなって来てるんです」

大仏が「男って駄目」だと思ったのも、「浮気するようにできている」と思ったのも石上が原因だったのです。

ただ、かぐやから見たら失恋していつまでも過去を引きずるよりよっぽど健全な反応に思えます。

大仏もそれは頭ではわかっているのです。

「だとしても私はやっぱり…納得いかない」

これまでの大仏を見ていて、かぐやは大仏の気持ちを見抜いていました。

 

スポンサーリンク

大仏が願うのは?

大仏は石上がつばめに告白しようとしていた頃、石つば派でした。

それを聞いたかぐやはその時から悟っていました。

「貴女はつばめ先輩に自分の気持ちを託していたんじゃないかって。そういう風に自分を納得させてたんじゃないかって」

「貴女 石上くんのこと相当好きでしょ」

大仏はしばらく黙った後、顔を上げました。

(今回、大仏の顔が見えるのはこのシーンだけ!本当は美人なので勿体無いですね〜)

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

「なんでもお見通しなんですね」

大仏はかぐやの推理を全面的に認めました。

ただ、否定したのは石上を好きな気持ちが恋愛感情ではないということ。

大仏は誰と付き合おうと、石上が幸せならそれでいいと考えているのです。

(究極の愛ですね…)

そして大仏は石上がつばめと付き合う事を望んでいました。

明るくて誰にでも優しくて、付き合ったらきっと幸せになれる相手だから。

 

スポンサーリンク

伊井野だけは…やだ?!

大仏の願いは叶いませんでした。

つばめは石上をふり、卒業していきました。

そして今、石上と伊井野は今までになくいい感じになっています。

しかし大仏は…。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

「ミコちゃんだけは…やだ」

「どうして?」

かぐやの質問に答えにくそうにしながらも大仏は本音を教えてくれました。

「ミコちゃん 面倒くさい女じゃないですか」

例えるなら誰かにいい人紹介してと言われた時に紹介できない感じ。

細かいことにうるさいし、思い込みが激しくて、事あるごとに正しい正しくないと言い出す…。

そんなところが大仏が面倒くさいと感じる理由でした。

「でも貴女は伊井野さんの友達でしょう?」

伊井野と大仏は中学時代、共に友達がいませんでした。

だから消去法でつるんでいただけ。

「所詮 私とミコちゃんは上っ面の友達ですよ」

大仏は心のうちをぶちまけてしまいました。

 

スポンサーリンク

やっちゃいました

大仏がそこまで言った時、かぐやの表情が凍りつきました。

生徒会室のドアを開けて、伊井野が立っていたのです…!

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

「ふーん 上っ面の友達かぁ 言い得て妙かもね」

伊井野が思い返してみると、大仏が自分に何かを相談することもないし、本心を見せてくれたことも多分ない。

「私も今は友達増えたし こばちゃんと無理につるむ必要はないのかもね じゃそういう感じで」

“消去法でつるんでいた”のだから、他に友達ができたならつるむ必要もない。

大仏の言葉尻を捉えた伊井野らしい返しですが…これは…。

「やっちゃいました」

 

スポンサーリンク

本当のこと

「でも今言った事は全部本当のことなんですよ」

大仏にとって、伊井野は特別相性がすごく合うわけでも、大親友というわけでもありません。

特に最近の伊井野に大仏がイラついていたのも本当のことです。

今まで喧嘩をしたことがなかったから続いていただけの関係であり、伊井野がいうように本心を見せていたら…。

もっと早くに終わっていた関係だと大仏は思っていました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

「あのステラの栞を見せられる度 私がどんな気持ちで居たと思うんだろ」

(※ステラの栞は、中学時代に嫌がらせを受けていた伊井野に石上が匿名で送った栞です。)

大仏はステラの栞の話を聞く度に、伊井野に嫉妬している自分に気がつくのです。

その度にどす黒い気持ちが沸々と湧いてきて、自分が嫌いになるのでしょう。

「石上と付き合うミコちゃんとか マジで無理」

「最初からミコちゃんは 石上か私 どっちかしか選べなかったんですよ」 

伊井野が石上を選ぶなら、大仏は友達をやめるしかない。

伊井野が大仏を選ぶなら、伊井野は石上とは付き合えない。

大仏の考えは明確です。

 

スポンサーリンク

中学時代に遡る?!

大仏はかぐやと話しながら、中学時代のことを思い出していました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

「石上くん ゲームの持ち込みは駄目だよ」

中学時代、伊井野はこっそりゲームをしていた石上に注意しました。

「最初の1回は見逃してあげます 次からは没収しますからね」

今よりもっとソフトで優しい!w

でもこの後、伊井野と石上は不仲になっていくのですが…。

大仏は…伊井野と石上が不仲になった時から、大仏と伊井野の関係も破綻していたと思っているようです。

中学時代、3人の過去に何があったのでしょうか?!

 

スポンサーリンク
"
"

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ221-222話のまとめ

今回は大仏がかぐやに相談するお話でした。

石上がつばめに振られてしばらく経ち、石上はころもや伊井野とゲームの話では明るく盛り上がっていました。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

でもこれが大仏にとっては辛いことでした。

つばめに恋する石上がどんどん消えていき、側にいる女の子と楽しそうにする姿…。

特に伊井野とだけは付き合ってほしくない!

大仏の本音はそれでした。

大仏は石上が大好きですが、恋愛感情ではないと言います…。

石上には幸せになってもらいたいから、面倒くさい女である伊井野だけはダメなんだそうですが…。

何が幸せかは石上が決めることであり、大仏の基準で決めることではない気がしますよね?

大仏は口では恋愛感情ではないと言いつつ、やっぱり石上が好きなんじゃないでしょうか。

友達の伊井野はなんだかんだとライバルであり、取られたくない!という感情も湧きますが、先輩で出来た人間であるつばめであれば諦めもつく相手だったというだけではないでしょうか…。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」221話より引用

3人には過去に何かあったようですし、どんなきっかけで石上に対する恋愛感情がなくなった(とされる)のかも気になるところですね!

次週もますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』223話!かぐやが伊井野に説教?!新章・・

⇒『かぐや様は告らせたい』222話!大仏は見てきた?!ついに明・・

⇒『かぐや様は告らせたい』220話!伊井野がデート?!石上の・・

⇒『かぐや様は告らせたい』219話!伊井野がゲームにハマる?!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です