【炎炎ノ消防隊】東京皇国全体のエネルギーを担うアマテラス!建設には国を揺るがす秘密があった!

スポンサーリンク

太陽暦の始まりと共に造られた発電所である久遠式火力発電“天照”は、色んな秘密が隠されていました

この記事では、それを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】アマテラスのおかげで東京のエネルギーは賄われている

アマテラスの膨大なエネルギーの恩恵を受けて、東京皇国は発展をしてきました

たった1基で東京皇国を担っているわけですから、壊れてしまうと人々は危険にさらされてしまいます

そのため、毎日街頭のスピーカーなどで日々の稼働状況を放送しています。

 

スポンサーリンク
"
"

【炎炎ノ消防隊】アマテラスは火力によって発電している

東京皇国を導いてきた聖陽教の教えである聖典にはこう記されています。

「灰に覆われた世界に一人の男が現れる。後に“ラフルス一世”と称されり方である。

ラフルスは使途を連れ光を求めて旅立たれた。

度の果てラフルスは“穢レ無キ炎”を見つけ人類を救う光をもたらされた。」

「ラフルスの使途たちは太陽神の賜れた炎と人類の培った科学技術で“天照”をお造りになった。

“天照”の聖なる炎は人々の生命を潤し、極東の地に国家の礎を築くことになった。」

以上の事から、250年前の大災害後に旅をしていたラフルス一世が見つけた炎が、アマテラスに使われている事がわかります

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】アマテラスを作ったのは灰島重工ではなくヴァルカンの祖先

250年前の大災害の後にアマテラスは作られましたが、その製作者は『灰島重工と聖陽教』だと、東京皇国に住む人々には伝えられています

シンラ達は隊長の命に従い、第八消防隊に機関員として迎え入れようと『ヴァルカン』という男を勧誘しに彼の工房を訪れます。

しかし、ヴァルカンは灰島重工の息がかかっているという理由で消防官を嫌い、一切取り合ってくれません。

そんな時、第三消防隊のジョバンニが白装束を引き連れ、ヴァルカンの工房を取り囲みます。

なぜ、ヴァルカン1人にここまでするのかわからず、リサが狙われる理由をヴァルカンに尋ねます。

するとヴァルカンは「わからない。ただ灰島は俺たち一族からすべてを奪ったんだ・・・家族も技術も」

先祖が長い時間と誇りをかけ造り上げた技術の結晶・・・ “天照”は俺の先祖が造ったんだ

と衝撃の事実を告げるのです。

なんらかの理由で、ヴァルカンの一族が造り上げた事を隠され、偽りの情報が人々に流されていました

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】アマテラスの動力源はアドラバースト?

シンラにアドラバーストが発見され、大隊長会議に参加することになります。

その時、東京皇国の皇王であるラフルス三世と話す機会を与えられ、シンラはアドラバーストとは何かを尋ねます。

そこで、ラフルス三世は「穢レ無キ純粋な炎」「太陽神がこの星を創る種火となった原初ノ炎」と言われてる事を教えてくれます。

さらに、東京皇国中の全エネルギーをまかなう源の炎・・・その炎がまさしくアドラバーストなのです」とアマテラスに使われている炎がアドラバーストである事も教えてくれます

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】中華半島にアマテラスがもう一基存在した??

シンラ達は、伝導者とアドラバーストの調査のための中華半島の空間の裂け目に訪れます。

そこで、しゃべれるモグラ『スコップ』と出会い、荒れ果てた荒野である中華半島の中に『楽園』と呼ばれる自然豊かな場所があり、そこにアドラバーストが存在する事を教えてもらいます

スコップの案内で楽園に向かう途中、植物が生い茂る理由は御神体のおかげと言われ、その御神体に目を向けると、そこには東京皇国のアマテラスより少し小さめではありますが、間違いなくアマテラスのの姿がありました

周りが自然豊かなのも、アマテラスのエネルギーのおかげだと推測します。

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】アマテラスの中には柱となる人が存在する

シンラはスコップに、中華半島にあるアマテラス(御神体)について教えて欲しいと頼みます。

250年前の大災害で世界が荒廃したあと、漆黒のローブに身を包んだ人間の女が現れ「空間の裂け目の向こうから、この世界をもう一度創造しにきたのよ」と言い、スコップを始めとする動物たちに説法や言葉を教えてくれたそうです。

しかし、ある時その女は御神体を造っていなくなってしまったのです。

そこで、シンラに同行していたリヒト達は御神体の中に入り、内部を調査します。

奥に進み中心部へ到着すると『ドクン ドクン』と生物の鼓動音のような音が響きわたっていました。

そこには、矢じりが鍵のようになっている白羽の矢が8本あり、リヒトは同じ8という共通点を持つ『柱』と『白羽の矢』から、『生贄』という言葉を連想します。

昔は、生贄だった人柱の家に白羽の矢をたてていたそうです。

そこで、リヒトは、その『生贄』と『生物の鼓動音』から御神体もアマテラスも動力は『アドラバーストを持つ人間』だとジョーカーが立てた仮説に確信を持ちます

加えて、シンラが御神体内にいる黒いローブの女とアドラリンクをした事により、さらなる確信へと繋がりました

 

スポンサーリンク

【炎炎ノ消防隊】アマテラスは大災害を目的として利用された??

中華半島の調査で伝導者の目的は『八人のアドラバーストを持つ人間を生贄にしてアマテラスを使った大災害を起こす事だと見えてきました

250年前の大災害の失敗の要因の1つは、中華半島の御神体内にあった数字に羅列である『円周率』の解読ができていなかったからです。

そのため、伝導者は人類に知恵を与え、文明レベルを上げて円周率解読時代まで、時を進めました。

しかし、今回は8人のアドラバーストを持つ人柱も、ヴァルカンの先祖が造った円周率の解読キーと材料が全て揃ってしまっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

最初は、大きな火力発電機で人々の生活を潤し、今ではなくてなならない物となっていたように思えていましたが、結果としてアドラと1つにするための準備だった事に過ぎないという点は驚きました。

また、その火力が1人の命の上に成り立っていると考えると、とても残酷な事です。

シンラ達、第8消防隊がいち早く解決し、東京皇国を守ってくれるのを期待しています。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA