【名探偵コナン】千の顔を持つ魔女!黒の組織幹部ベルモットに隠された謎とは!?

スポンサーリンク

「千の顔を持つ魔女」の異名を持つ変装の達人、ベルモット。

老若男女誰にでも変装でき、変声器なしで声色も自由に変えられます。

その変装術はあの怪盗キッドにも負けないほどの腕前です。

組織の中で、唯一コナンと灰原が幼児化していることを知りつつも組織に伏せている謎多き女性幹部、ベルモットに迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】「あの方」に全ての自由を許された存在

他の組織のメンバーは2人以上で行動をすることが多い中、ベルモットは単独行動が許された数少ないメンバーです。

しかし、シェリー抹殺の時にカルバドスを勝手に連れ出して見殺しにしたことで、カルバドスと同じスナイパーのキャンティやコルンからは恨まれています。

ジンもベルモットには一目置いている反面彼女の秘密主義を強く警戒しており、ベルツリー急行ではシェリーの抹殺に失敗した時には、終着駅の名古屋で列車ごと爆破するつもりでした。

あの方のお気に入りですが、油断すればジンに抹殺される危うい立場のようです。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】表の顔は華々しい経歴を持つハリウッド女優

表の顔は大女優シャロン・ビンヤードの娘、クリス・ビンヤード。

母と同じくハリウッド女優として活躍しています。

ピスコのサポートのため来日し、杯戸シティホテルで行われた「映画監督・酒巻 昭氏を偲ぶ会」に出席した時「気になることがある」と言って、現在女優は休業し日本に留まっています。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】新一の母とは親友

シャロンと新一の母・有希子は役作りのため、同時期にマジシャン・黒羽盗一のもとで変装術を教わったことがきっかけで仲良くなりました。

しかし、ベルツリー急行で対立したことで、2人の関係は決裂したと思われます。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】20年以上変わらない見た目は薬の効果?

ベルモットはハリウッド女優のクリス・ビンヤードとして登場しましたが、後にベルツリー急行でシャロンは老けメイクだったことが有希子の口から語られました。

ベルモットはシャロンとクリスを1人2役で演じていたのです。

母娘の仲が悪いことをそれとなくアピールしていたのも、一緒にいないことが不自然に思われないための演出だったようです。

2人は同一人物なので、共演の依頼とか来たら困りますからね。

彼女は20年前にFBI捜査官ジョディの両親を殺害しているので、年齢は若くても40歳前後と考えられます。

日本の伝説的女優藤峰有希子が37歳であの美しさをキープしていますから、表の顔が大女優のベルモットも実年齢がアラフォーならば、薬の力に頼らなくても有希子同様美しさを保っているかもしれません。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】コナンと灰原を組織に隠す理由

blank

ベルモットはコナンと灰原がAPTX4869で幼児化していることを知りつつも組織にはそのことを隠しています。

どうやらAPTX4869の本当の効果を知っていて、それを組織には知られたくないようです。

組織のメンバーでもAPTX4869の真実を知っているのは開発者である灰原の両親とピスコ、そして灰原とベルモットの5名だけのようです。

灰原の両親とピスコはもうこの世にいないので、後は灰原さえ喋らなければベルモットが隠したいことは永遠に秘密のままになります。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】新一と蘭に命を救われる

blank

ニューヨークで通り魔に変装し赤井を殺害するつもりでしたが、廃屋の手すりから落ちそうになったところを蘭と新一に救われました。

蘭を殺そうしたのに助けられた理由が分からないベルモットに対し、新一は「人が人を助けるのに論理的な思考は存在しない。」と返しています。

この後「神様なんていない」と言っていたシャロンが、有希子に「私にもエンジェルがいたみたい」と嬉しそうに話したり、2人のことを「この世でたった2つの宝物」と言い、組織の手が届かないよう配慮しています。

バーボンが毛利小五郎の元へ潜入する時も、「2人には絶対に危害を加えない」ことを条件に協力しています。

「ゼロの執行人」で安室が毛利小五郎を逮捕して蘭を泣かせたことがもしもベルモットにバレたら、彼女はきっと大激怒するでしょうね。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】バーボンに握られた秘密、あの方とベルモットの関係

blank

「組織のメンバーが知ったら驚くでしょうね。あなたがボスの…」というバーボンの言葉から、あの方とベルモットの間には何か特別な関係があるようです。

シンプルに考えれば血縁関係でしょうか。

密かに組織の壊滅を狙っていることから、シェリーと同様自分の意志で組織の一員になったのではなく、家族が組織の一員(ボス)で自分の身を守るためにベルモットとして活動しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】新一を「シルバー・ブレッド(銀の弾丸)」と呼び組織の壊滅を狙う

blank

組織内では赤井秀一がシルバー・ブレッドとして恐れられています。

ジンが毛利小五郎を狙撃しようとした時、赤井がジンたちを狙撃して毛利小五郎殺害を阻止した上、コナンが回収し損ねた盗聴器も一発で打ち抜いています。

あのジンを撤退させるほどの狙撃の腕前、組織が恐れるのも納得です。

しかし、ベルモットは赤井ではなくコナン(新一)こそが組織のシルバー・ブレッドになり得ると期待しています。

ベルモットは「長年待ち望んだシルバー・ブレッド」「シルバー・ブレッドは一発あれば十分」とコナン(新一)と思い浮かべています。

「漆黒の追跡者」ではノックリストが入ったメモリーカードが犯人に奪われたことをコナンに教え、コナンが組織よりも先にメモリーカードを見つけるよう仕向けているようにも見えます。

メモリーカードについては、回収に失敗しても責任を負うのはアイリッシュだけで自分には責任がないから教えたのでしょう。

うまくいけば、このメモリーカードが組織壊滅のきっかけになったかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

黒の組織の幹部でありながらコナンと灰原の存在を組織に隠したり、蘭やコナンに組織の手が及ばないよう配慮したり、少なくともコナンにとっては完全に敵とは言い切れない存在です。

時にはコナンに情報を提供して、密かに組織の壊滅を狙う彼女の言動には今後も注目したいと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です