【名探偵コナン】西にも名探偵が!?その名は「服部平次」!

スポンサーリンク

今回ご紹介するのは、「服部平次」です。

同じ高校生の探偵ということで、何かと、新一と比べられている平次ですが、彼も、とても人気があるキャラクターです。

今日は、平次の魅力に迫りながら、おすすめエピソードも、たくさん紹介していきますよ!

最後まで、楽しんで下さいね。

それでは、さっそくスタートです!

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】西の高校生探偵「服部平次」

名探偵コナンの主人公「工藤新一」は、高校生という若さでありながら難事件をいくつも解決している名探偵。

その名は、東京だけでなく、日本全国にまで、知れ渡っています。

そんな名探偵「工藤新一」と並び称される探偵が、大阪の地にも一人。

その名は、「服部平次」

彼もまた、高校生という若さで、探偵を名乗っています。

新一と平次は、「西の服部、東の工藤」として、いつも比較されてきました。

それを不満に思った平次は、どちらがより優れた探偵であるのかを証明するために、ある日、突然、コナンが居候する毛利のおっちゃんの事務所を訪れたのです。

その時、偶然にも、「外交官殺人事件」が起こります。

事件は、外交官の妻が、息子の恋人の素行調査を、毛利のおっちゃんに依頼するところからスタート。

最初は、簡単な仕事になるはずでしたが、調査のために依頼人の家に行くと、依頼人の夫が、密室の中で亡くなっていました。

「これは、殺人なのだろうか…。」

遺体や部屋の様子に疑惑を抱いたコナンは、この事件を殺人事件だと推測し、捜査を始めます。

そして、コナンと毛利のおっちゃんに同行し、依頼人の家を訪れた平次もまた、事件の捜査を始めるのです。

果たして、この密室で、何が起こったというのでしょうか。

そして、この殺人を実行した犯人とは、一体、誰なのでしょうか。

そう言えば、このエピソードには、もう一つの見所があります。

冒頭で、平次は、風邪をひいたコナンに、風邪によく効く薬だと言い、「白乾(パイカル)」という中国酒をすすめます。

言われるがまま白乾を飲んだコナンですが、これがきっかけで、突然、「工藤新一」に戻ってしまいます

そうなんです!

この事件は、久しぶりに、「新一」本人が、事件を解決するんです!

事件の詳細は…?

それは、是非、みなさんの目で確かめてみて下さいね。

(アニメ第48~49話/「外交官殺人事件」)

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】平次の両親って、どんな人?

平次の父親は、大阪府警本部長の「服部平蔵」、母親は、「服部静華」です。

2人とも、今までに何度か本編に登場しています。

平蔵は、一見、近寄りがたい感じで、いかにも「警察の関係者」という雰囲気を持った人です。

でも実は、妻の静華さんにだけは、頭が上がらないのだとか。

そう言えば、平蔵が静華さんに甘え、耳かきをしてもらうシーンがありました。

普段の強面の平蔵からは想像できない光景だったので、とても微笑ましかったです。

こんな風に、平蔵の心をとらえて離さない「静華」さんは、一体、どんな女性なのでしょうか。

彼女は、着物が似合う、とても綺麗な「大和撫子」です。

以前、「同級生を探して欲しい。」と、素性を隠して、毛利のおっちゃんの事務所を訪れたことがありました。

彼女の依頼を快諾し、調査を開始したおっちゃんでしたが、運悪く、その同級生は、遺体となって発見されることに。

現場の状況や、ダイイングメッセージから、静華さんが犯人として疑われてしまうのですが、この事件も、コナンが見事に解決

彼女の疑いも晴れ、一件落着となりました。

このエピソードの見所は、なんと言っても、「静華さんのかっこ良さ」にあります。

物語の終盤、追い詰められ犯人は、「自殺をする!」と言って、日本刀を振り回します。

そんな犯人に、静華さんは、臆することなく向かっていき、犯人から刀を取り上げてしまいます

このシーンが、とってもかっこ良いんです。

もしかしたら、静華さんは、平次や平蔵より、肝が据わっているのかもしれませんね。

女性は強い!ということなのでしょう。

おすすめのエピソードなので、みなさんも、是非、ご覧下さいね。

(アニメ第220~221話/「偽りだらけの依頼人」)

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】生粋の関西人で熱血漢

平次は、大阪生まれの大阪育ち。

そのため、当然ながら、平次は、「大阪弁」で話します。

原作も好きですが、軽快な「大阪弁」を聞くことができるので、アニメ版もおすすめですよ。

そして、彼の「トレードマーク」と言えば、「帽子」

いつも帽子を被っている平次ですが、実は、この帽子には、ある秘密が隠されているそうです。

それを教えてくれたのが、平次の幼馴染である、「遠山和葉ちゃん」

新一に、蘭ちゃんという幼馴染がいるように、平次にも、幼馴染の女の子がいたんですね。

和葉ちゃんは、ポニーテールが良く似合う、とっても元気な女の子です。

蘭ちゃんが、コナン(新一)と一緒に、何度も事件に遭遇するように、和葉ちゃんもまた、平次と、度々、事件に遭遇しています。

そんな和葉ちゃんが知っている、服部の帽子の秘密とは…。

それは、帽子の被り方で、「平次の探偵モード/オン・オフ」がわかるというものです。

普段は、帽子のつばを後ろ向きに被っている平次ですが、事件の捜査中は、帽子のつばを前向きに被るそうです

平次が登場するシーンでは、注意して、ご覧下さいね。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】平次の移動手段は?

blank

コナンの移動手段は、ターボエンジン付きスケートボードです。

もちろん、このアイテムも、阿笠博士の発明品なのですが、エネルギー源が太陽電池ということで、夜の使用は不可。

そのため、ちょっとだけ、難ありの発明品のようです。

一方、平次の移動手段は…というと。

実は、平次は、バイクに乗ることができます。

作中では、主に2台のバイクに乗って登場しています。

1台目は、「ホンダ」のバイク。

このバイクは、1997年に発売された、大人気モデルのカラーチェンジバージョン。

流行の最先端をいくブルーの車体が、とてもかっこ良いバイクです。

もう1台は、「カワサキ」のバイクです。

こちらは、「ホンダ」のバイクとは対照的な、鮮やかなグリーンの車体が特徴。

夜道を走る際も、目立つこと間違いなしです。

それにしても、高校生でバイクの免許を取得しているなんて、平次って、すごいですね。

バイクは、犯人追跡の際にも大活躍する、平次のマストアイテムなのです

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】探偵として大切なこと

blank

平次が信条としている、「犠牲者を増やさない」という考え方は、新一と同じ。

というよりも、平次は、新一との出会いによって、こう考えるようになったのだと思います。

「犯人を推理で追いつめて自殺させる探偵は、殺人者と変わらない。」

この新一の言葉は、私の心にも深く響きました。

なぜなら、そうは言っても、実行に移すことが難しい場合もあると思ったからです。

新一たちが相手にする犯人と言えば、殺人を犯した人間が大半を占めることでしょう。

ということは、「既に、誰かの命を奪っている」ということなのです。

殺されてしまった被害者にも家族がいます。

その心痛は、計り知れないことでしょう。

もし、そんな悲劇が、自分の身の回りで起こってしまったとしたら…。

犯人の命が危険にさらされた時に、手を差し伸べることができるでしょうか。

そう考えると、新一は、いつでも「中立の立場にいる」ということがわかりますね。

探偵であり、傍観者でもある。

犯人を捕まえるために捜査するけれど、そこに私情は含めない。

そんな新一との出会いが、平次の人生を大きく変えたことは、言うまでもありません。

人との出会いって、素敵ですよね。

2人は、お互いを高め合うことができる「親友」なのです

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】新一と平次は、ライバルで親友!?

blank

「ライバル」であり「親友」

なんて、素敵な響きなのでしょう。

探偵として、2人は、もちろんライバルです。

作中でも、度々、推理勝負を行っているんですよ。

どちらが、より早く、犯人やトリックを見破ることができるのか競い合う様子は、とても面白いです。

一方で、推理勝負の最中であったとしても、相手の身に危険が及ぶような時には、全力で助けに向かいます

2人が、親友として、相手のことを心から大切に想っていることがわかりる瞬間ですね。

友情って、素晴らしいです!

普段のコナンも面白いのですが、平次が登場するエピソードは、コナン(新一)と平次のやり取りや、固い友情が見られるので、私のイチオシです。

また、平次の大阪弁が入り、賑やかなセリフ回しになるため、いつもよりも謎解きを楽しめるはずです。

みなさんも、平次と一緒に、謎解きを楽しんでみませんか。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】平次が、コナンの正体を見破った!?

blank

アニメ版/第57~58話で放送されたのが、この「ホームズフリーク殺人事件」です。

ある日、山奥のペンションにて、「ホームズフリークツアー」が催されることになりました。

ホームズが大好きなコナン(新一)と共に、毛利のおっちゃんや、蘭ちゃんも、このツアーに参加。

他にも、ホームズ好きな面々が集まる中、そこに、思いがけない人物が現れます。

それは、西の高校生探偵、服部平次です。

「工藤が参加するかもしれない!」と期待していた平次でしたが、そこに新一の姿はありません。

肩を落とす平次でしたが、その後、このツアーを企画したペンションのオーナーが、コナンたちの目の前で、車に乗ったまま、崖下に転落してしまいます。

最初は、事故死だと思われていましたが、コナンと平次は、このオーナーの死に、疑惑を持ちます

2人は、それぞれ、捜査を開始。

いつも通り捜査を続けるコナンでしたが、その様子に、平次は、大きな違和感を覚えました。

「こいつがやっているのは、探偵ごっこやない!まるで、あの、工藤のようや。」

コナンの正体に疑惑を深める平次をよそに、ペンションで、またもや犠牲者が出てしまいます。

果たして、オーナーの死は、自殺だったのでしょうか。

それとも、連続殺人だったのでしょうか。

コナン(新一)の正体が、平次に見破られてしまうのかも、気になりますよね。

本編の内容は、みなさん自身で、チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】「せやかて工藤」

blank

平次と言えば、こてこての大阪弁が印象的ですよね。

そのテンポの良い方言で、コナンたちとやり取りするシーンは、とても面白いです。

そんな平次が、よく口にする言葉と言えば、やはり「工藤!」でしょう。

特に、コナンの正体が新一だとわかってからは、コナンに対しても「工藤!」と呼び掛けてしまう始末。

当然、周りにいる人、特に蘭ちゃんから不審に思われてしまうことも、しばしば。

その度に、平次は、筋の通らない言い訳をするので、思わず、笑ってしまいます。

又、アニメ版ではお馴染みになっている「せやかて工藤!」というセリフにも、興味深い秘密がありました。

実は、このセリフ、原作には、一切登場していないようなのです。

「原作に、忠実ではない。」という意見もあるようですが、アニメ版の軽快な大阪弁で、いろいろなバージョンの「工藤!」が聞けるので、私としては、大歓迎です。

私が1番好きなのは、「もろたで工藤!」です。

平次のどや顔も、必見ですよ!

どのエピソードで聞くことができるセリフなのかは、みなさんで、探してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】平次と和葉ちゃん

ここから少し、劇場版・名探偵コナン「迷宮の十字路」のネタバレを含みます。

先程、平次には、和葉ちゃんという幼馴染がいると、紹介しましたね。

いつも明るく、元気いっぱいの和葉ちゃんですが、実は、彼女が、平次の初恋の相手だったのです。

以前から、平次と和葉ちゃんが、ただの幼馴染ではなく、お互いに惹かれ合う存在であることはわかっていましたが、それぞれの初恋について、実際に語られることはありませんでした。

それが、劇場版「迷宮の十字路」で、ついに判明したのです。

これまで、ずっと、初恋の相手を探し続けてきた平次。

記憶に残っているのは、「桜」「手まり歌」

そして、「着物を着た女の子」

平次は、記憶を辿り、彼女を探します。

そんな折、東京と関西をまたぎ、「義経記」にちなんだ殺人事件が起こります。

コナンと共に捜査に乗り出した平次。

果たして、犯人を特定することは、できるのでしょうか。

そして、その犯人の思惑とは、一体…。

今回は、コナンよりも、平次がメインの劇場版。

舞台が「京都」ということもあり、平次が中心となって、事件の謎を解明していきます。

もちろん、初恋の相手探しも、同時進行しますよ。

私が1番好きな劇場版なので、是非是非、見て下さいね。

平次が最後につぶやく、「やっと会えたって事か…。」というセリフも、お聞き逃しなく!

こうして、初恋の相手も判明し、平次の和葉ちゃんへの想いは、さらに大きくなったことでしょう

和葉ちゃんも平次のことが好きなので、既に2人は、両想なのですが、なかなか、それ以上の進展がありません。

そうこうしているうちに、新一と蘭ちゃんが、両想いになってしまいました。

新一に、先を越されてしまったのですから、平次としては、気が気ではありませんよね。

このまま、勢いで、告白しちゃいましょう!

がんばれ!!平次!!!

平次と和葉ちゃん、お似合いの2人の恋にも、進展がありますように。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】「黒の組織」が壊滅する日

blank

2019年のコナン・お正月スペシャルで、コナンの正体がばれないように、平次が新一の修学旅行に同行していました。

平次にとって、新一は、唯一無二の存在。

ライバルであり、とても大切な友達でもあるのです。

そんな新一の体を小さくし、世界的規模で犯罪を繰り返している「黒の組織」を追い詰めるために、今後は、新一だけではなく、平次も捜査に加わることでしょう。

私が願うのは、新一と平次が協力して、黒の組織を壊滅させることです

新一が、黒の組織を追い詰めることは主人公として当然だと思うのですが、今まで、何度も新一やコナンのピンチを救ってきた平次にも、活躍してほしいなぁと思います。

日本が誇る、東西2人の名探偵。

新一と平次がいれば、今まで謎に包まれてきた「黒の組織」が捕まる日も、夢ではありません。

その日が来るまで、ずっとずっとコナンを応援していきたいと思っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

平次の魅力、伝わったでしょうか。

新一と蘭ちゃんの恋の行方も気になりますが、今年は、平次と和葉ちゃんの恋にも、進展があることを期待したいですね

まだまだ話は尽きませんが、またの機会とします。

コナンには、他にも、魅力的なキャラクターがたくさんいるので、これから、順に紹介していけたら良いなぁと思っています。

次回を、どうぞ、お楽しみに!!!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です