PR

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ボーダー最強の玉狛第一!玉狛ならではの自由度K点突破の破壊力抜群チーム!!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 玉狛第一は強力な武力を持つ
  • 小南は特定の攻撃に弱い
  • 玉狛第一は特定の方法で育てられた

今回は玉駒第一に関する情報について紹介していきます。

ボーダーの異端児とも呼べる三人の能力はどのようなものなのでしょうか??

 

スポンサーリンク

 

【ワールドトリガー】玉狛第一に所属するメンバーまとめ

玉駒第一には三人の戦闘員と一人のオペレーターが存在します

チームは隊長のレイジを筆頭にアタッカーの小南と鳥丸で構成されています。

オペレーターは第二と同じく宇佐美が兼任しています。

この四人は一緒に過ごしている時間が長く、信頼と実績の絆でつながっています。

性格や相性も良好のようで、戦闘時には抜群のコンビネーションを見せます。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワールドトリガー】破壊力抜群の二つの斧を振り回す小南

まずはアタッカーの小南です。

玉駒第一として活動する前は本部のソロでバリバリとポイントを稼いでいた少女になります。

獲得したポイントの総数は未だに二人にしか抜かれていないためにボーダーの評価では3位に位置しています

通常トリガーを使っていた際は弧月でポイントを荒稼ぎしていたようです。

現在は玉駒で異国のトリガーを改造したものを使っています。

名前を「双月」といいます。

一見すると小型の斧を両手に持っているようにも見えますが、このトリガーの破壊力は抜群です。

使っている際もトリオンを消費するみたいですが、短期決戦型の小南にはちょうど良いみたいです。

更にコネクトと言って、二つのトリガーを合体させることも可能です。

合体させると、大きな斧に変化します。

巨大になった分、俊敏さは欠けますが、元々高い破壊力が数段跳ね上がります。

大規模侵攻の時に使われたラービットのおなかを割くことも簡単なぐらいの切れ味です。

小南はこの双月とメテオラをよく使います。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】機動力重視の動けるイケメン烏丸

バランスの取れた動きをするのは鳥丸です。

小南が火力で押すタイプだとしたら、攻めて守ってと戦闘員らしい戦い方をしているように見えます。

小南と違って、通常のトリガーを使いますがオールラウンダーのために様々なトリガーを扱うことが可能です。

改造しているトリガーというと、突撃銃になります。

中身にはアステロイドとバイパーが入っていて、戦闘の途中でも変化のつける戦い方をします。

どのような盤面でも戦える優秀なアタッカーです。

更に、奥の手として「ガイスト」というモードも手にしています

このモードを発動すると、手に印のようなグラフが現れます。

そこには自分のステータスが現れていて、操作することによって任意の特殊強化を身に着けることができます。

明確に倍率は出て居ませんが、数値としてはブラックトリガーと同等と考えて良いと思います。

しかし、これだけの恩恵を受けた代償があります。

なんと、強制的にベイルアウトまでの時間を決められてしまうことです。

いわゆる戦闘が終わってしまうまでの制限時間のようなものになります。

基本的には5分と決められていますが、戦闘中に発動した場合にはもっと短くなります。

おそらく、急激なトリオンの循環に耐えきれず外に漏れだしてしまうトリオンが原因となっています

ハイレインはこのモードを見て、角の仕組みと似ているがまだまだ技術が追い付いていないためにトリオンが漏れ出していると考えていました。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】安定感と万能感溢れるレイジ

最後は隊長のレイジです。

体はかなり鍛えられていて、筋肉ゴリラのような愛称もつけられています。

オールラウンダーの中のオールラウンダーで、近・中・遠距離の戦闘のどれもに対応することが可能です。

敵のトリガーに対しての見聞や考察も凄まじく、国宝使いの相手にも同等に戦います。

レイジもボーダーのトリガーを使っていますが、レイジはトリガーセット自体に改造をしています

通常の隊員よりも多くのトリガーをセットすることによって、どんな状況にも対応できようにしています。

そして、レイジにも奥の手が存在します。

名前を「フルアームズ」と言います。

その名の通り、体中を解放したトリガーで装備します

莫大なトリオンを消費しますが、一発逆転の起点となります。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】玉狛第一は小南が暴れてほかの二人がカバーする破天荒チーム

ここまでの紹介で何となくわかるかもしれませんが、一番破天荒なのが小南です。

とにかく強い敵と戦うことが好きで、暴れ回ります。

その小南を援護するのがレイジと鳥丸になります。

大規模侵攻の時の発言からも、基本的に小南が暴れて他の二人がフォローするのが主流の戦闘らしいです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】玉狛第一のトリガーはネイバーの技術を応用したもの

玉駒第一のトリガーですが、独自に改造をしたものになります

そのトリガーを使っている小南を見たレプリカはネイバーの戦い方に似ていると発言しています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】三者三様共に必殺技と奥の手を持っている

小南はコネクト、レイジと鳥丸は奥の手を持っています

小南はともかく、他の二人は高火力を生み出せますが後の反動がネックになります

大規模侵攻の時とガロプラ襲撃時に見ることが可能ですが、どちらも他のボーダー隊員にフォローしてもらっていました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は玉駒第一に関する情報について紹介していきました。

ボーダー最強の部隊の活躍は今後も楽しみですね!!

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA