スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ボーダー1ネイバーに寛容な玉狛!ボーダーからは裏切り者扱いを受けている??

スポンサーリンク

ボーダーの中で最もクセ者が集う場所が玉狛支部。

川の上に立つ建物には、実力派エリートやボーダー最強の部隊、メガネやトリオンモンスター、近界民からお子様、カピバラまで様々な人種が賑やかに過ごしています。

とてもアットホームな支部なのですが、しかしボーダー本部からは「裏切り者」とされている様子も!?

そこで今回は玉狛支部についてご紹介!

玉狛支部の特性を詳しくまとめながら、玉狛が裏切り者と呼ばれる理由を解説していきます!

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】玉狛はボーダー1ネイバーに寛容

ボーダーには大きく分けて3つの派閥があります。

 

【「近界民は絶対に許さないぞ主義」の城戸司令派】

近界民に恨みのある者が多く集まっている近界民排除主義で、鬼怒田開発室長と根付メディア対策室長をはじめ、太刀川隊、冬島隊、風間隊、三輪隊などのボーダートップチームも有するボーダーの最大派閥。

 

【「街の平和が第一だよね主義」の忍田本部長派】

近界民に恨みはないけど危害を加える近界民は許さない、という街を守るために戦う市民第一主義の防衛派で、沢村本部長補佐や嵐山隊がこれにあたります。

 

【「近界民にもいいヤツいるから仲良くしようぜ主義」の玉狛支部】

そして玉狛支部は近界民に対して理解のある者が多く、近界民に対し友好的・融和的な考えを持つボーダー内でも異端な派閥。

つまり玉狛はボーダー1近界民に寛容な存在なのです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワールドトリガー】玉狛に主人公の修と空閑は拾われる

近界民である遊真と彼を匿う修の存在はボーダー内で大きく問題視され、城戸派は近界民である遊真を処分し黒トリガーだけを回収しようと判断します。

そこを迅悠一と林藤支部長が玉狛支部で保護しました

それがきっかけで修・遊真・千佳の3人は玉狛支部所属のボーダー隊員としてA級遠征部隊を目指していくことになります

その間にも城戸司令はボーダートップ部隊を派遣し当初の目的を果たそうとしましたが、迅が忍田派の嵐山隊に協力を仰ぎながら、自身の黒トリガー『風刃』と引き換えに遊真の入隊を認めさせました

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】玉狛の隊員は普通とは違う武器を使う??

玉狛支部は近界民への対応だけでなく、戦闘員の使用武器も本部とは違います。

玉狛には玉狛第一(木崎隊)というA級部隊が存在していますが、武器が本部のものとは違うためランク戦には参加していません。

どのように違うのかというと、本部のトリガーが大人数での運用を想定し継続能力を重視して規格化されているのに対し、玉狛第一のトリガーは使用者の特性に合わせた一点もの

玉狛第一のトリガーは本部未承認の近界民技術を使った実験作であり、林藤支部長が個人的に近界から持ち帰ったトリガーをエンジニアが解析して玉狛独自の技術を構築しています

 

スポンサーリンク

【木崎レイジ:全武装(フルアームズ)】

パーフェクトオールラウンダーであるレイジのポテンシャルを最大限発揮するため、通常メインとサブで8個あるチップを14個と最大限に増やしています。

攻撃用トリガーを一斉展開できることで殲滅力が上がるだけでなく、セットできるトリガーの豊富さによってどんな状況にも対応可能となる、レイジにぴったりな万能トリガーです。

 

スポンサーリンク

【小南桐絵:双月】

2本の手斧タイプの攻撃用トリガーで、コネクターで連結することで巨大な戦斧に変形し、一撃の威力を大幅に高めることが出来ます。

トリオン効率を度外視した火力重視の短期決戦型トリガーで、豪快無比な小南の戦闘スタイルにぴったりの超攻撃型トリガーです。

 

スポンサーリンク

【烏丸京介:ガイスト】

トリオン体の安定性をわざと崩してトリオンを特定の部位に流し込み、威力や機動力などを大幅に強化して戦い方をシフトします。

トリオン漏出が激しいため最長でも284秒で緊急脱出してしまうという超短期決戦型であり、全体の戦況を見極め自分の役割に沿って使いどころを見極められる鳥丸だからこそ使いこなせるトリガーです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】玉狛第1の隊員がボーダー最強と言われている

玉狛第一は忍田本部長をもってして「ボーダー最強の部隊」と言わしめています。

ただしそれは強力な武器を持っているからという理由ではなく、そもそもがめちゃくちゃ強いから

小南はアタッカーランク1位になったことがあるほどの実力者で、レイジはボーダー唯一のパーフェクトオールラウンダーであり、それぞれが個の力を持っています。

そこに攻撃・サポート両面の能力が高い烏丸が加わることで、玉狛第一は独自のトリガーなくても圧巻の総合力を誇る最強の部隊となります。

さらに玉狛支部には現在個人ランク1位の太刀川とほぼ互角の迅も在籍。

玉狛支部はスタッフ10人ほど(修たちが入る以前)の小さい基地ではあるものの、ひとりひとりの能力が高い少数精鋭の実力派集団なのです。

その強さが分かりやすいのが防衛任務で、通常は部隊ごとのシフト制なのですが、レイジ・小南・迅は各々ひとりで1部隊と数えられています

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】玉狛がヒュースの保護をすることになる

アフトクラトルによる大規模侵攻後、仲間に置き去りにされたヒュースは迅に諭されボーダーの捕虜となり、その身柄を玉狛が預かることになりました。

最大級の侵攻を仕掛けてきた敵国の軍人ではありますが、林藤陽太郎が「もう…すぎたことだ」と寛大にヒュースの存在を認めたことや玉狛支部の近界民への大らかな気質もあって、捕虜とは言ってもかなり緩い軟禁。

そしていつの間にか一緒に飯を食う仲間になり、ヒュースも玉狛第二のメンバーとしてボーダーに加入させてしまいました

帰還したいヒュースとの利害が一致したためとはいえ、捕虜近界民へのこの対応は玉狛支部だからこそですね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】玉狛は以前からネイバー人が出入りしていた?

実は玉狛支部には遊真とヒュースが所属する以前から近界民が出入りしています。

それは玉狛支部エンジニアのミカエル・クローニン

カナダ人という設定で本部のエンジニアチーフとしても活躍しており、ヒュースは彼の親戚でヒュース・クローニンという設定になりました。

なぜ玉狛支部がこのように近界民を受け入れる性質なのかというと、それはボーダーの存在が公になる以前から活動していたいわゆる旧ボーダーの精神を受け継いでいるからです。

ボーダー創設には近界民である遊真の父・空閑有吾も携わっており、当時の目的はこちらの世界と近界民との橋渡し。

玉狛支部はエンブレムも旧ボーダーのものを引き継いでいるのですが、それにはこちらの世界と、「デクシア」「メソン」「アリステラ」という3つの同盟国、そしてその間で橋渡しを行うボーダー、というものが表現されています。

ある戦いで仲間が半数以上亡くなって以来、城戸司令が「近界民はすべて敵」という方針で隊員を集め現ボーダーを作り上げていったのですが、玉狛はそのまま旧ボーダーの精神を受け継いでいるため近界民に寛容な考え方をしているのです。

そして実は林藤陽太郎も近界民

旧ボーダーの同盟国のひとつアリステラの王子で、滅びゆくアリステラからボーダーに保護されました。

陽太郎、クローニン、遊真、ヒュースと、玉狛はずっと近界民との友好の道を探り続けているのです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】玉狛がボーダーの一部の人間から裏切り者と言われる理由とは??

旧ボーダーの精神を受け継ぐ玉狛の方針ですが、現在ボーダーの一部の人間からは批判的な見方もされており、三輪秀次には「裏切り者の玉狛支部が…!」と凄まじく嫌われています。

「裏切り者」と言われる理由は、先述したように現ボーダーが城戸司令によって「近界民はすべて敵」という方針で集められたからでしょう。

現ボーダーには、近界民によって家族や友人や家を失った者も多くいます。

三輪も近界民に姉を殺されました。

そういった者にとって近界民は憎むべき敵。

その敵を倒すためのボーダーであるはずなのに近界民を保護しようとする玉狛は「組織の裏切り者」なのです

そういったこともあり玉狛に所属する近界民の素性は一部の者たちを除き伏せられています。

一般市民の多くも城戸派寄りの意見でしょうし、こちらの世界と近界民との橋渡しを目指す玉狛支部の活動はまだまだ先が長そうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

玉狛は近界民との融和を目標にしている支部。

それは旧ボーダーの精神を受け継ぐものですが、現ボーダーからは「裏切り者」とも思われています

かといって城戸派と仲が悪いというわけではなく、迅や玉狛第一の能力はボーダー内でも重宝されています。

近界民との交流は迅のサイドエフェクトありきというところもあるでしょうが、今後さらに近界民が仲間入りすることはあるのか、近界民に最も寛容で強く楽しい玉狛支部に注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA