【ワールドトリガー】A級二位の異色なチーム冬島隊!色々と謎が多いがとにかく戦闘シーンが待ちきれない!!

スポンサーリンク

『ワールドトリガー』はチームごとの特性を活かした集団戦が一番の魅力!

B級ランク戦で様々な隊の戦闘スタイルが明らかになってきました。

しかし更なる実力者集うA級部隊は任務での活躍しか描かれていないため、風間隊や嵐山隊、三輪隊や玉狛第一などまだ一部のチームしかその特性が明らかになっていないんですよね。

中でもファンから特に注目されているのがA級2位冬島隊。

冬島隊は戦闘員がスナイパーとトラッパーのみという異色チームであり、なぜその構成でA級2位に君臨しているのか、一体どんな戦い方をするのか、その活躍が非常に期待されているんです。

そこで今回は冬島隊について、現時点で判明している情報やそこから分かる強み、今後の活躍予想などたっぷりまとめていきます!

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】冬島隊に所属するメンバーまとめ

スポンサーリンク

【隊長】冬島 慎次(CV.置鮎 龍太郎)

プロフィール
  • 1月3日生まれ、29歳
  • かぎ座、B型
  • 身長184㎝
  • 家族:父、母、弟、弟
  • 好きなもの:ゲーム、すき焼き、レゴブロック
  • ポジション:トラッパー

後ろでひとつに結んだ長髪と顎ヒゲが特徴。

トリオン体では作業着のようなツナギの袖を腰で結んだ半袖姿です。

ボーダー内でも貴重な特殊工作兵で、隊員としては東を上回る最年長。

元々はエンジニアで、鬼怒田と共同でスイッチボックスのような無人の防衛システムを製作・設置するなどボーダーや三門市の防衛にも大きく貢献しています

諏訪隊作戦室で麻雀に勤しむなど自由人で、遠征艇で船酔いしたり生身の運動能力が男子の中で唯我に次ぐ低さだったりと身体的には頼りない面もありますが、情報収集や研究は怠らず本部の信頼も厚い優秀な人物です。

 

スポンサーリンク

当真 勇(CV.岩田 光央)

プロフィール
  • 7月7日生まれ、18歳の高校生
  • つるぎ座、AB型
  • 身長183㎝
  • 家族:父、母、姉
  • 好きなもの:昼寝、バナナ、ラーメン、猫
  • ポジション:スナイパー
  • 使用トリガー:イーグレット

リーゼントが特徴の長身スナイパー。

奈良坂が言うところの「型にはまらない自由な才能」の持ち主で、個人総合4位、スナイパー1位というボーダーを代表する凄腕スナイパーです。

学業の成績は悪く生身での運動能力も冬島より少し良いくらいの残念なタイプですが、スナイパーとしての実力だけでなく指導力や洞察力も高いことが窺え、隊員としてはかなり優秀。

気さくな性格で面倒見もよく、スナイパー合同訓練で千佳たちに声をかけていたり、影浦隊繋がりで遊真とも仲良くしていたりと、玉狛第二を通じて作中での登場も多い人物です。

 

スポンサーリンク

真木 理佐

プロフィール
  • 3月1日生まれ、17歳の高校生
  • みつばち座、AB型
  • 身長161㎝
  • 家族:父、母
  • 好きなもの:映画、梅干し、整理整頓
  • ポジション:オペレーター

艶やかな黒髪ショートと切れ長の目で凛とした佇まいが特徴のクールビューティ。

好きなものに整理整頓とあるように、冬島の作戦室は彼女の厳しい監視によって綺麗が保たれています。

まだ彼女に関する情報が少ない中で唯一明言されているのは「真木理佐はこわい」ということ。

チーム最年少ながら、冬島隊を立ち上げた人物です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワールドトリガー】冬島隊には戦闘員が一人しか存在しない?

上記のように冬島隊は3人という少数精鋭部隊。

しかもトラッパー&スナイパー&オペレーターという非常に特殊な構成であり、実質的に戦闘員と言えるのはスナイパーの当真ただひとりなんです。

当真がボーダーNo.1スナイパーとはいえ、戦うのが主に彼ひとりというこの構成でA級2位の座に君臨しているという実力に注目せざるを得ませんよね。

その秘密はもうひとりの戦闘員・冬島にあります

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】冬島隊には珍しい特殊工作兵が存在する

冬島隊の特徴が、何と言っても冬島というトラッパーの存在です。

トラッパー(特殊工作兵)は名前の通り特殊工作に特化したポジションで、前線に出て戦うことなく、スイッチボックスという専用のトリガーを使ってマップに罠や仕掛けを張り巡らせ遠隔操作で発動させていく、味方の援護をメインとしたポジション。

スイッチボックスの効果は攻撃用や移動用など様々で、任意のタイミングで起動し効果的に仲間をサポートしていきます。

現在ボーダーの中で確認できるトラッパーは冬島の他、A級加古隊の喜多川真衣とB級松代隊の箱田正邦のみ。

いずれも作中での活躍は未だ描かれていないので、トラッパーというポジション自体に想像と期待が膨らみますね。

そんなトラッパーという新たなポジションを切り開く冬島が率いることで、特殊戦術に長けた戦いを展開できるところが冬島隊最大の特徴です。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】冬島隊の戦闘スタイルはとにかく特殊

戦闘員がスナイパー+トラッパーという異色チームの冬島隊は、戦闘スタイルもとにかく特殊。

基本的には隊長・冬島の戦術の下、オペレーターの真木が補佐し、当真が正確無比なショットで敵を仕留めるという形です。

しかし言葉にすると単純ですが、実際には冬島が戦場に様々なトラップを仕掛けながら当真の機動力を高めるわけですから、相手からすればかなり厄介なはず。

具体的な戦い方はまだ分からないものの、トラップを活かした相当トリッキーな戦闘スタイルであることは間違いありません

当真は「捕捉&掩蔽訓練」で被弾ゼロと高い隠密能力を発揮していましたが、チームでの戦術はさらにトラップ(とバッグワーム+冬島はカメレオン)で徹底的に隠れながら展開することが予想されますので、生存点が狙いやすいというのも強いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】冬島隊のワープは実質最強

冬島隊の戦闘スタイルの強みはやはり冬島のトラップと当真の狙撃の連携です。

中でもワープ戦術は想像するだけで驚異的。

冬島のワープを使えば、当真はあらゆる場所から敵を狙うことが出来るのです。

つまりただでさえボーダーNo.1の狙撃がどこから放たれるか分からないということ!

A級はテレポーターを使う嵐山隊やカメレオンを使う風間隊、テレポーター持ちの加古とトラッパー喜多川を有する加古隊、他にも独自の改良トリガーを使用するチームでひしめいています。

しかしその中でもやはり当真という最強スナイパーを神出鬼没に出現させる冬島のワープはボーダー最強と言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ファン待望の冬島隊の戦闘シーンはいつになるのか?

残念ながら冬島隊は未だ隊としての戦いは描かれていません

期待の多いA級部隊の中でも最も予測不能な戦闘が予想される冬島隊の戦闘は、ファンが待ちわびていることのひとつだろうと思います。

最も見たいのはA級ランク戦ですが、玉狛第二が主役である以上描かれるチャンスは少ないかもしれませんね。

しかし冬島隊の戦闘スタイルからすると、どの隊よりもその実力が最も活かされるのは実戦ではないでしょうか。

作中序盤でも遠征部隊に選ばれていた様子が描かれているので、遠征編で活躍を見せてくれるのではないかと予想します。

あるいは、予測不能という冬島隊のチーム性は、どんな相手と対峙するか分からない遠征の訓練にも最適だと思います。

遠征選抜第2試験ではA級部隊の参加も発表されていますので、早ければこのエピソードで冬島隊の戦闘がお披露目になるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】冬島隊はオペレーターが隊の設立の立役者??

実は冬島隊はチーム最年少の真木が立ち上げたもの

チームを組むつもりもなく日々だらだらしていた当真を、当時中学生だった真木が「働け」と叱ったことからチームを組むに至りました

その後真木はエンジニアだった冬島をスカウト。

このように真木は年齢立場関係なく声をかけて、冬島隊という強力な部隊を作り上げたのでした。

年上の男たちを動かすほどの強気な性格の真木は、冬島隊の一番の権力者でもある様子。

15巻で作者から「真木理佐はこわい」と書かれていましたが、実際に第205話(セリフ付きは206話)で作中初登場となった真木は上層部の決めた試験内容にも辛辣な物言いで、冬島からも(真木ちゃんこえ~)と思われていました。

年下の女の子が厳しく支える、このバランスが良いのでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

冬島隊はトラッパー+スナイパー+オペレーターという特殊な構成でA級2位に上り詰めた異色のチーム

厳しいオペレーターのもと、ボーダーNo.1スナイパーを元エンジニアのトラッパーが自在に動かし、知略と技術で敵を翻弄するトリッキーな精鋭部隊です。

早ければ遠征選抜試験?そろそろその戦い方が明らかになると予想されますので、待ちきれないとは思いますが冬島隊の活躍に期待していましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA