【ワールドトリガー】物語の鍵はこいつが握っている?鳩原失踪事件に隠されたボーダーの機密情報とは??

スポンサーリンク

鳩原未来はボーダーの重要規律違反容疑者として行方を晦ましている元ボーダー隊員。

千佳の兄・雨取麟児と行動を共にしているとされていることから、修たちが遠征部隊を目指す理由にも関わっていると言える重要人物です。

作中で未だにリアルな姿が描かれておらずもはや都市伝説の女とも言われるほどですが、ボーダーの大規模遠征が近づきいよいよ登場する可能性が出てきました。

というわけで今回は謎多き人物・鳩原未来についてまとめてみましたので、失踪の理由やその人柄などここで今一度おさらいしておきましょう!

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】鳩原のプロフィール

プロフィール
  • 鳩原 未来(CV.前田 愛)
  • 1月14日生まれ、18歳の高校生
  • かぎ座、O型
  • 身長158㎝
  • 家族:祖母、父、母、弟
  • 好きなもの:子供、梨、しじみの味噌汁
  • 元・二宮隊のスナイパー

無造作がちな黒髪にソバカスが特徴の地味系女子。

作中では未だ人づてでしか描写されていないので詳しい人柄は不明ですが、所属部隊の隊長であった二宮匡貴からは「作り笑いが顔に張りついた冴えない女だ」と言われています。

ただし氷見亜季の緊張癖克服に貢献したり、女性が苦手な辻新之助が普通に話せる相手だったり、絵馬ユズルが現在でも慕い続けていることから、優しく接しやすい温厚な人物だったと推測されます。

現在行方不明ですが、学校では当真・国近・今と同じクラスでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワールドトリガー】鳩原は攫われた人間を追って勝手にネイバーフッドへ行ってしまった

鳩原は行方不明の元ボーダー隊員として名前が登場するだけで、修たちは直接接したことがありません。

何故鳩原が行方不明なのかと言うと、自ら門(ゲート)の向こう側に渡り行方を晦ませてしまったからです。

そこにはどうやら「近界民に連れ去られた弟を捜すため」という理由があった様子。

鳩原は元々弟を捜すために遠征部隊を目指していましたが、メンバーには選ばれませんでした。(遠征試験に合格するも後に不合格になった)

そのため強硬手段に出たのだと思われますが、ボーダーが風間隊を使って彼女の行方を追うも間に合わず、そのまま行方不明となりました。

この件は、このような“密航”が知られれば同じような無茶を考える者が出てくるかもしれないという危惧から表向きには「単なる隊務規定違反でクビ」ということになっており、同じチームだった二宮隊の他、ボーダー上層部と東春秋、木崎レイジ、追手だった風間隊だけしか知らない秘匿事項となっています。

二宮隊は責任を取ってA級からB級に降格させられましたが、「ボーダーにいても“むこう”には行けなかったから仕方ないんじゃない?」などと軽く話題に出せる感じではあるようです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】鳩原は民間人にボーダーのトリガーを横流ししていた??

鳩原は密航の際ボーダー既定の中で最高レベルの違反行為を犯しているため、重要規律違反容疑者とされています

その犯した罪とは、民間人へのトリガーの横流し

ボーダー規定ではトリガーを民間人へ譲渡や売却をすることは固く禁じられています。

トリガーはボーダーの所有物であり、それ自体が機密扱いなため、外部にトリガーを流す行為は記憶封印措置も適用になるほどの重罪にあたるのです。

その重罪を犯してまで鳩原はトリガーを横流ししゲートの向こう側へ行方を晦ませてしまったということ

後先考えずよほどの覚悟で行動したことが窺えますね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】鳩原は人を撃つことができない代わりに恐ろしい射撃技術を持っていた

鳩原が遠征部隊に選ばれなかった理由として、絵馬ユズルの見解で「人が撃てなかった」ことが挙げられています

実は鳩原は雨取千佳同様、人を撃つことが出来ないスナイパーでした。

「人を撃てない」レベルは体に拒絶反応が出るレベルで、一度ランク戦で間違って人を撃ってしまった際には吐いて寝込んでしまったそう。

スナイパーの“捕捉&掩蔽訓練”でユズルが千佳に「訓練なら普通に撃てるんだ」と言っていたことから、もしかしたら鳩原は訓練でですら人を撃てなかったのかもしれません

ただし鳩原はその分、唯一無二の超高度狙撃技術を持っていました。

それは「相手の武器だけを破壊し戦闘不能状態にする」というもの。

動く的に当てるだけでも技術を要するところ、鳩原はその中でも武器のみという超ピンポイントを撃ち抜くことが出来たのです。

BBFのパラメーターにもその数値は表れており、技術はボーダーのスナイパー2トップ当真・奈良坂を上回る「14」で、これはアフトクラトルのヴィザ翁に並ぶ作中全キャラ中1位の値

ランク戦で人を撃ってしまった後は猛特訓を重ね、それから一度も人に当てることはなかったらしいので、この技術はかなりの努力の末に掴んだものなのでしょう。

鳩原は「人を撃てない」という欠点をカバーするため他にも様々に試行錯誤をしていたようで、現在千佳の代名詞となっている鉛弾狙撃(鉛弾+ライトニング)も彼女が考案したもの

ただし鳩原はトリオン不足のため(といってもトリオン能力は「8」と平均より高めですが)、これを実現するには至りませんでした。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】鳩原の弟子は数人存在した??

鳩原は影浦隊のスナイパー絵馬ユズルの師匠でした。

中学生トップの個人ポイントを保有している彼の狙撃技術は鳩原譲りだということですね。

ユズルは師匠面する当真に「オレの師匠は鳩原先輩だけだ」と言うほど現在でも鳩原を慕っており、「個人ポイントは当真さんや奈良坂先輩より全然低かったけど、俺は今でも狙撃の腕は鳩原先輩が一番だと思ってる」と語っていました。

真実を知らないユズルは鳩原がいなくなったことを「上層部に干されて辞めた」と思っており、同じく人を撃てないという千佳に「鳩原みたいになって欲しくない」と感じている様子

そのためユズルは先述の鉛弾狙撃を千佳に教えるなど親身になっています。

今のところ鳩原の弟子として描かれているのはユズルだけですね。

ちなみに鳩原自身は東春秋の弟子で、レイジの妹弟子にあたります。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】チカの兄が鳩原を誑かした?

鳩原が門に消えた時、彼女の他にトリガー反応が3人分あったと言います。

つまり鳩原の失踪には、トリオン能力を持つ協力者が少なくとも3人同行していたということ。

鳩原の失踪について独自に調査していた二宮は、その協力者の候補のひとりが千佳の兄・雨取麟児ではないかと突き止めました。

二宮が調査している理由は、「本部は鳩原が主犯だと考えているが俺に言わせればこの馬鹿がそんな大層なことを計画できるわけがない」と考えているから

鳩原を唆した黒幕が必ずいると考えた先に、雨取麟児という存在が出てきたわけです。

千佳は二宮に「きっと兄だと思います。兄にならそういうことができます」と回答。

麟児が鳩原を唆したかは分かりませんが、修が事前に麟児から渡航に関する内容を聞き、実際に鳩原が流したと思われるトリガーを見せられていたことから、2人が協力関係にあったことは間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】チカの兄や鳩原はネイバーフッドで未だに生きている??

さて最大の問題は、失踪した鳩原や麟児たちがどうしているのかということ。

鳩原が弟を見つけられたのかはもちろん、遊真がこれまで回ってきた国が「大体どこも戦争中だった」と言っていたことからも渡航先次第では生死すらも分かりません

それこそ鳩原が人を撃たざるを得ない環境と言うこともあり得ます

一番望ましいのはボーダーの遠征編で彼女たちの無事が確認されることですが、果たして生きている姿は見られるのか、そしてこれまで描かれてきた印象通りの人柄なのか、鳩原のその後に注目です。

 

スポンサーリンク

まとめ

鳩原未来は“人が撃てない”という悩みを抱えながら、その弱みを超絶技巧狙撃でカバーしていた元二宮隊のスナイパー。

近界民に攫われた弟を捜すため、民間人にトリガーを横流しした上で門の向こうの近界へ失踪しました

一緒に雨取麟児がいる可能性が高いこともあり、遠征を目指す修たちの物語には欠かせない人物として注目度がどんどん増しています。

近界で生きている可能性が高いので、今後登場することを期待していましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です