【ワールドトリガー】と、思うじゃん?槍馬鹿の米屋!三輪隊に属している割にはネイバーに恨みはほとんどない??

スポンサーリンク

今回は「と思うじゃん?」の口癖でおなじみ米屋陽介についてまとめました!

米屋は作中で遊真が初めて戦闘したボーダー部隊・三輪隊のアタッカー。

序盤で登場して以降その陽気な性格で“親しみやすいキャラクター”として読者からも高い人気を誇っています

それでは米屋陽介のプロフィールから使用トリガー、「と思うじゃん」の名場面などたっぷりご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】米屋のプロフィール

プロフィール
  • 米屋 陽介(CV.岸尾 だいすけ)
  • 11月29日生まれ、17歳の高校生
  • くじら座、B型
  • 身長175㎝
  • 家族:祖母、父、母、犬
  • 好きなもの:飲み物(一番好きなのはカレーもしくはラーメンを食べた後に飲むお冷)、戦闘、犬
  • 三輪隊のアタッカー
  • 使用トリガー:孤月(槍)

カチューシャで上げた前髪と切れ長の目が特徴

隊服はひとりだけ半袖で、右胸にお気に入りのバッジ(葦原先生の前作『賢い犬リリエンタール』のキャラクターのもの)を3つ付けています。

人柄は明るく誰に対してもフレンドリーでコミュニケーション能力が高く、戦闘面でも高い連携能力を誇ります

玉狛の宇佐美と従姉弟で、陽太郎とは「陽」仲間の仲良しです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワールドトリガー】米屋は三輪隊に属している好戦的なアタッカー

米屋は好きなものに「戦闘」と挙げているように非常に好戦的な性格

好戦的と言っても純粋に“戦うことが好き”と言った感じで、頻繁に個人ランク戦を行っています

ボーダーの中では珍しく特定の師がいない独学タイプであり、こうしたライバルたちとの戦いを成長の糧にしているようです。

戦闘スタイルは柔軟で、相手の意表を突くような攻撃で自分のペースに持っていきながら攻略法を模索し、経験とセンスを活かした豊かな発想力で戦闘を展開。

三輪隊としては、三輪と巧みな位置取りで相手の死角へと回り込む高度なチームワークを発揮し、三輪の銃と米屋の槍で絶妙な距離から攻撃を加えて敵を崩していきます。

ガロプラのコスケロに「強そうな相手に見つかっちゃったな」と言われたように、アフトクラトル戦以降厄介な「槍使い」として界隈に伝わっている様子も。

このように米屋はボーダーの中でも高い実力を誇っていますが、しかし実はトリオン能力がパラメーターでいうと「4」(作中でトリオン能力が低いと明言されていた木虎と同じ)と高い方ではありません

それでも米屋は数多の戦闘経験を積みながら、持ち前のセンスと発想力で上級アタッカーへと昇りつめたのでした。

ちなみに生身の身体能力もボーダー内でトップクラスです。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】米屋の使っている槍トリガーは特殊なモデル

米屋の最大の特徴は槍型のトリガーを使用していること

この槍トリガーは米屋がチーフエンジニアの一人と一緒に作ったもので、ベースは孤月です。

作成された経緯は、先述のように米屋のトリオン能力が低いことにありました。

孤月は刃部分より持ち手の部分の方が構築のためのトリオンのコストが低いため、「刃を短くして持ち手を長くすればトリオン能力の低い人間でも長いリーチを手に入れることができる」という発想で槍型に至ったのだそう。

米屋は孤月に加えスコーピオンの腕前もマスタークラスと実力的にはすでに十分だったはずですが、リーチが伸びたおかげで三輪との絶妙な立ち回りもしやすくなったでしょうし、この槍トリガーの開発で米屋は更なる進化を遂げたということです。

もはや米屋と言えば槍であり、槍使いにおいてボーダー内で彼の右に出るものはいません

米屋はこれにオプションとして、旋空だけでなく幻踊もセット。

刀身の形を変化させて相手のガードをくくり抜けるなど、変幻自在の槍戦闘を展開します。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】米屋と出水の槍馬鹿弾馬鹿コンビが強すぎる

米屋がよくつるんでいるのが太刀川隊のシューター・出水公平です。

米屋と出水は高校で同じクラスであり、学校で一緒に昼食を食べているなどいつも一緒にいるためか、任務を共にすることもよくあります。

2人は互いに「槍バカ」「弾バカ」と呼び合う仲。

実力を認め合っている証拠ですよね。

A級アタッカーとA級シューターの2人は技量だけでなく立ち回りの能力も高いため、ざっくりとした作戦だけで連携し戦況を変えてしまいます。

大規模侵攻編ではこの2人に草壁隊の緑川駿を加えた3人が参戦したことがランバネイン撃破に繋がり、一緒に一級戦功を獲得しました。

この「槍バカ」の米屋に「弾バカ」の出水に「迅バカ」の緑川も加えて、「A級3バカ」としてファンに愛されています

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】米屋はあまりネイバーへの恨みは持っていない??

米屋の所属する三輪隊は「近界民は絶対に許さないぞ主義」である城戸派の筆頭。

隊長の三輪は近界民に姉を殺されているため近界民に強い憎悪を抱えており、スナイパーの古寺と奈良坂も近界民に家を壊されているため少なからず恨みを持っています。

しかし米屋は被害を受けていないため近界民に対する恨みもなく、遊真とも初めから普通に接していました

それどころか遊真の強さに興味を持ち、1対1での勝負を約束するほど。

なので一応城戸派ではありますが、三輪隊の中で米屋だけは「派閥なし自由派」寄りのスタンスです。

そんな彼が三輪隊に入隊した経緯は分かりませんが、米屋の実力や連携能力は三輪にとって有益なものであり、三輪の近界民への憎悪溢れる姿勢は好戦的な米屋にとって有益だったのかもしれませんね。

近界民に対して感情的すぎる三輪のストッパーとして東あたりがマッチングした可能性もあるのかなとも想像しています。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】米屋はまさかのボーダー隊員学力最下位?

米屋は残念ながらボーダー内で最低レベルの学力の低さ

遊真と陽太郎除けば、影浦隊の仁礼光と並び最下位なんです。

しかし戦闘中の機転の利き方や冷静な判断力、他隊の戦い方への見解などを見ればむしろ頭の回転は速いことが窺えるので、学力が低いというだけで頭が悪いというわけではなさそうです。

きっと自分の好きなものしか興味がないタイプなのでしょうね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】米屋のと、思うじゃん?まとめ

米屋と言えば「…と、思うじゃん?」の口癖でおなじみ。

というわけでここでは米屋の「と思うじゃん?」名場面をご紹介します。

まず初「と思うじゃん?」となった第14話でのvs遊真。

米屋は鋭い突きで不意打ちしますが、手練れの遊真は余裕で躱されてしまいます。

「…と、思うじゃん?」

なんと米屋は穂先を変形させることで、遊真の首元を斬りつけていたのでした。

次は第29話のvs木虎。

黒トリガー奪取作戦で木虎との一騎打ちに持ち込んだ米屋でしたが、木虎のワイヤーによる作戦に敗北してしまいます。

「…と、思うじゃん?」

なんと米屋はただではベイルアウトせず、そのまま出水や当真に連携を繋ぐことで時枝をベイルアウトさせ木虎の片足を奪ったのでした。

そして一番の名場面は第60話のvsランバネイン。

ボーダー合同部隊が猛攻を仕掛けてランバネインを米屋の方に誘い込みましたが、ランバネインはすぐに察知し米屋を迎撃してきます。

「…と、思うじゃん?」

なんとボーダーはそこまで見越しており、全員で米屋をフルガードして彼を守りアシスト

そのまま米屋の一撃で見事ランバネインを撃破したのでした。

このように米屋の「…と、思うじゃん?」は戦闘において形勢逆転を引き出すことが多いんですよね。

ちなみに日常でももちろん「と思うじゃん?」は健在。

第93話では遊真vs村上を観戦し遊真を優勢に見ていた修に対して「“こりゃいける”…と思うじゃん?メガネボーイ」と村上の恐ろしさを伝えたのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

米屋陽介は陽気で戦闘好きなA級槍バカ。

学力は最下位…と思うじゃん?

学力は悪くても米屋は頭の回転が速く機転も効き、劣勢を逆転させてしまうような冷静で柔軟な判断力を持つ、攻防支援すべてに優れた優秀なアタッカーです。

三輪隊としても「弾バカ」出水とのコンビもすべてが見どころですので、米屋陽介の活躍にもれなく注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です