最新ネタバレ『七つの大罪』305-306話!考察!魔神王の断末魔!ついに決着!

スポンサーリンク

聖戦は終局へ!息子の身に顕現する魔神王、煉獄より現世へ復帰したバン。

そして精神世界でメリオダス」は宿敵と対峙します。

感情へもぐり団長を支える「七つの大罪」、魔神王への反旗を翻す弟・ゼルドリス。

彼らの想いを背負い、メリオダスついに決着のとき。

 

スポンサーリンク

『七つの大罪』305話!のネタバレ

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

それでは『七つの大罪』305話の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

バンの反撃

地上で傷だらけになりながらバンは

「このくそ野郎が!自分の血を分けた親子じゃねぇのか!!?何様のつもりだ!?」

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

と打撃を与え交戦します。

魔神王はされるがまま、

しかし

「我は魔神王!わが血脈に弱者は不要!」

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

とアッパー。

そしてバンは「しるか!」とバンは殴り返します。

 

精神世界では

メリオダスは1人魔神王と対峙していました。

「終わりだ魔神王。俺の中から・・・きえうせやがれ!」と黒いパチンコ玉のようなものをあびせます。

「トリリオン・ダーク!」

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

これは肉体の方にも影響を及ぼしバンの戦いも有利になりおあmした。

 

やっぱり仲間への想いは強い「七つの大罪」。

すこしあっただけで元の力以上を取り戻したメリオダス。

一番の原因はエリザベスにあったことでしょうね。

 

スポンサーリンク

魔神王の断末魔

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

バンはよけきれなかった攻撃を受けた反動でうしろに倒れますが、何もしていないのに魔神王がふっとびます。

「今度はなんだ」とバン。

「魔神王の断末魔だ。団長殿を道連れにする気だ!今すぐ追い出せ」

とマーリン。

なぜかメリオダスの精神世界にこなかったホーク。

エリザベスは「なぜついてこなかったの?」きくと言葉を濁します。

「とにかく動きを止めねーとな!」とバン。

何回か攻撃していますが、なかなかとどめがさせません。

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

そして、エリザベスは「アーク」マーリンは「パーフェクトキューブ」、キングは「バレンガーデン」をうち合技「トリプルプリズン」をつくりだします。

もう、七つの大罪の息ぴったりですね。

こんな仲間ほしいです。

そして、魔神王を閉じ込め、そこホークの「ミートダークネス」(めつぶし?)をして、ディアンヌの「ダイヤモンドタワー」をきめます。

そして、「あとはきみにまかせたよ、バン」とディアンヌ。

「いくぜ、団ちょ、戻って来いよ~♬」

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

といい魔神王をなぐりつけます。

「ああ、おかえりなさい・・・」

とエリザベス。

そして、

「体中がボロボロだぜ・・・」

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

とメリオダス。

「こちとらガタガタだっつううの♬」

とバン。

そして、聖戦は決着しました。

バンは余裕の表情。

本当にメリオダスが好き(ライバルとして)好きなんですね。

メリオダスのことになると音符がつきますからね。

作中でも、はじめてでてきたとき、殴りあいの県かをしながら「だんちょ」「バン♬」というかんじで手合わせをしていました。

仲がわるいのではなく、逆になかがよかったんですね。

そして、最愛のエリザベス。

1回死んでいますが、ちゃんと転生してメリオダスの元に帰ってきています。

メリオダス幸せ者でうらやましい!

仲間や恋人、信頼できる人たち。

このままハッピーエンドで終わってほしいですね。

でもこのままじゃ終わらなさそう。

まだちゃん魔神王にとどめをさしてないから。

でもメリオダスが出てきたってことは魔神王は虫の息ってことかな?

「七つの大罪」全員でかかればなんとかなりそう。

エスカノールはあまり役に立たなさそう。

サンシャイン渡しちゃったし。

でも、きっと役に立つ!

昼ならメリオダスより強いらしいですから。

個人的主観になりますが、中の人も好きなので。

考えてみればエスカノールが戦っているとろ見たことないかも。

でも、本当にもうすぐ終わりなんだなと思いました。

 

『七つの大罪』ネタバレ305-306話のまとめ

鈴木央「七つの大罪」305話より引用

メリオダスが精神世界の魔神王を倒し、バンとほかの「七つの大罪」のメンバーも協力して、ダイヤモンドタワーで上に打ち上げ、バンの蹴りで、メリオダスは戻ってくることができました。

メリオダスもバンも元気そうです。

2人ともぼろぼろだけど。

エリザベスもきっとこの瞬間を待っていたと思います。

メリオダスと思う存分いちゃついてほしいです。

あとキングとディアンヌの恋の行方も気になりますね。

キングが覚醒した時、ディアンヌはまんざらでもなさそうでした。

キングは何も言ってませんが、そういう行動はとっているのですがディアンヌがメリオダスに夢中であまり気にならなかったようです。

でも、ディアンヌやキングもつきあってほしいな、と頭がお花畑の私は思うのです。

最愛の人、最愛の仲間に会えてうれしいです!

「七つの大罪」は本当に最高の仲間たちだと思いました。

このままハッピーエンドに突き進んでほしいです。

でもまだ一波乱ありそうですね。

魔神王はこのあとどうでるのでしょうか。

まあ、現世に復帰したメリオダスを含む「七つの大罪」にはかなわないと思いますが。

全員でつかみとった勝利。

これはエールで乾杯ですね!

次回、魔神王の動向に注目ですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です