最新ネタバレ『東京リベンジャーズ』203-204話!考察!マイキー自殺!東卍の中ですべてを終わらせる!?

スポンサーリンク

12年ぶりに2人きりになったタケミチとマイキー。

タケミチはマイキーの抱えている“黒い衝動”とは何なのか質問をしますが、マイキーは何も語りません。

それでもタケミチは、ヒナも含めみんなが笑顔でそれぞれの生活を送っている今があるのはマイキーのおかげだとして、マイキーへの感謝と今度は自分がマイキーを救いたいという思いを打ち明けました。

するとマイキーからの返事の代わりに聞こえたのは「ドン」という銃声。

驚いたタケミチがマイキーの方を振り返ると、銃口をこちらに向けるマイキーが佇んでいました。

そしてそのまま2発目…3発目…。

3発の無慈悲な弾丸を受け血の海に沈むタケミチ。

タケミチの物語は終わってしまったのでしょうか!?

第203話『Don’t give a damn』も衝撃展開です!

 

スポンサーリンク

『東京リベンジャーズ』203話!のネタバレ

和久井健「東京リベンジャーズ」203話より引用

それでは『東京リベンジャーズ』203話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

タケミチを消すしかなかった

3発撃たれたタケミチでしたが、まだ辛うじて息があるようで咳き込んでいます。

白目で俯くタケミチを見ながらマイキーは、タケミチを撃った理由をこう言いました。

「…会いたくなかった…こうするしかなくなるから」

そう言い残し、瀕死のタケミチを置いて無慈悲に立ち去るマイキー。

和久井健「東京リベンジャーズ」203話より引用

「オマエの長旅もここで終わりだ」

マイキーは先へ進むためにタイムリープできるタケミチを始末するしかなかったのです。

 

スポンサーリンク

それでもタケミチは救いたい

しかし歩き始めたマイキーの背後から、タケミチがまだ何かを呟いているのが聞こえます。

それは絞り出すような声で「…助けに行くよ…」と言っていました。

和久井健「東京リベンジャーズ」203話より引用

「何度だって…助けに行くよ…」

もはや意識があるのかもわかりませんが、「君の為…なら…何度でも…」とこの状況なのにまだマイキーを救う意思を見せていたのです。

マイキーは驚いて足を止めました。

そして何かを悟ったように再び歩き出し一言。

「ここで全部終わらせる」

“全部終わらせる”とは一体どういう意味なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

東卍と共にマイキー死す!?

マイキーが向かったのは屋上。

ビル屋上の端に立ったマイキーの姿は路上からも確認できました。

和久井健「東京リベンジャーズ」203話より引用

「飛び降りるのではないか!?」と注目されるマイキー。

当然下で待っていた三途も気づき慌てます。

当のマイキーには、様々な者たちからの声が届いていました。

「どうだ?マンジロー。頂点の眺めは」と問う真一郎。

「いい感じ?」と明るく笑うエマ。

「みんなを守ってくれたんだよな!?」と場地。

「わかってるぜマイキー!!」とドラケン。

見守る東卍のみんな。

マイキーには下でざわつく通行人たちがまるで東卍の集会のように映ります。

マイキーは東卍総長だったあの頃と同じように掛け声をかけました。

和久井健「東京リベンジャーズ」203話より引用

「いくぞオマエら!!!!」

あの頃のように笑顔溢れるマイキー。

そして三途が察して「やめろマイキー!!」と叫ぶも虚しく、マイキーはビルの屋上から身を投げ出したのでした。

 

スポンサーリンク

タケミチは折れない!

しかしガシッとマイキーを掴む手が!

タケミチです!

和久井健「東京リベンジャーズ」203話より引用

マイキーが見上げると、窓から見まみれのタケミチがしっかりとマイキーの腕を掴んでいました。

「君を死なせない!!」

不屈のタケミチ。

銃弾を撃ち込まれても、どんなに自身が瀕死でもやはりマイキーを救おうとするタケミチの心は折れません!

果たしてその姿にマイキーは!?

 

スポンサーリンク
"
"

『東京リベンジャーズ』ネタバレ203-204話のまとめ

かなりショックでしたが、タケミチが助けてくれて良かった!!

にしても不死身ですねタケミチは。

それだけ想いが強いということでしょう。

和久井健「東京リベンジャーズ」203話より引用

今回はマイキーの自殺というショッキングな展開もそうなんですが、何より家族や東卍など大切な者たちへの想いが溢れていたところが胸に来ましたね。

やはりマイキーにとってあの頃のすべてが宝物なのでしょう。

だからこそ現状に辛さを抱えているのだなと感じました。

黒い衝動がどうにもならない…しかしどうしたってタケミチは自分を救おうと頑張ってしまう…。

自分のためにもタケミチのためにも、本当にすべてを終わりにするためにマイキーは自殺するしかなかったのだと思います。

が、不屈のタケミチの執念がマイキーの心を変えてくそうですよね。

この流れだとマイキーが次のタイムリープのトリガーになってもおかしくないのではないでしょうか。

トリガーではなくなったナオトの言葉を鑑みると、何か強い思いが一致した相手と発動すると考えられるので、マイキーが現状を変えたいと強く願うならその可能性もあると思います。

すべての大元マイキーと手を組めるのであれば物語がまた違った形で見えてきそうですが、どうなるでしょうか。

和久井健「東京リベンジャーズ」203話より引用

ともあれ再びマイキーとの距離が出来てしまうかと思われましたが、ちゃんと繋がり続けられて良かったです。

果たしてこのままマイキーの命を救えるか、次回も注目です!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒『東京リベンジャーズ』205話!半間番外編!稀咲と一緒に・・

⇒『東京リベンジャーズ』204話!マイキーを叱るタケミチの叫・・

⇒『東京リベンジャーズ』202話!タケミチ死亡!?マイキーの・・

⇒『東京リベンジャーズ』201話!マイキーと再会!しかし予想・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です