最新ネタバレ『ブラッククローバー』289-290話!考察!でかくなっただけだ!合体した最上位悪魔の魔法をぶった切る!

スポンサーリンク

前回288話では、ギモデロがナハトに抱き着いて、「自分たちもただじゃすまないから」と言って泣いています。

ナハトは自分のことを置いていく指示を出しますが、アスタは断ります。

そして「あなたのお陰で強くなれたんだ、その強さを生きて見てくれ」と言います。

ナハトはアスタをモルゲンと姿を重ねて、善は善でもアスタとモルゲンは違うなと笑います。

そしてナハトは自分が望んでいたことを知ります。

救いが欲しかったのだと、戒めを解きたかったのだと。

1分経ち、悪魔同化が5分しかできないことにアスタは焦っています。

腕を斬られた最上位悪魔ですが、今の状況に震えるほど喜びます。

最上級悪魔が魔法を繰り出しますが、アスタはその魔法を斬り消します。

相手の魔法で発生した竜巻を利用して斬りかかります。

しかし、あくまの実態が消えたために、何度剣を振っても攻撃が当たりません。

悪魔がアスタを挑発し、アスタは攻撃しますがやはり当たりません。

アスタが滅魔の剣を上に掲げると魔法が消えて悪魔が実態に戻ります。

状況が呑み込めていない悪魔をアスタは剣で真っ二つにします。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』289話!のネタバレ

田畠裕基「ブラクロ」289話より引用

それでは『ブラッククローバー』289話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

合体

田畠裕基「ブラクロ」289話より引用

「先にやられたのはナヘマーだったね」

最上位悪魔を両断しますが、リリスは笑顔で余裕そうな表情を見せます。

「けど、これで本当に二人で一緒に遊べるね」と言うと、リリスとナヘマーは合体します。

一応悪魔でもリリスとナヘマーはお互いのことを大切にしているのかもしれませんね。

ナヘマーの腕が斬られても終始余裕だったのは、このためだったのでしょう。

田畠裕基「ブラクロ」289話より引用

禍々しい姿になり、不気味な目玉が鼻と額の位置に出現します。

ナハトは魔力を感じ、魔力が強すぎて頭がおかしくなりそうだと感じます。

アスタは対照的で「めちゃくちゃすごいんだろうけど、魔力を感じないからよくわからん」と言います。

 

スポンサーリンク

概念さえも壊す魔法

魔氷魔法と魔炎魔法でアスタに襲い掛かりますが、アスタは避けます。

悪魔は城の外に飛び出し、魔力を集中させると月のような巨大な魔力の塊ができます。

「君は無事でも君以外は死ぬ、そういうの苦しいんだろ」と言います。

blank

田畠裕基「ブラクロ」289話より引用

魔力の塊が落ちてきますが、「でかくなっただけだ」とアスタは断魔の剣でぶった切ります。

それを見てマグナが「どんだけでかくなってくれてんだ」と呟いています。

その後ろには口元だけ見える黒の暴牛のメンバーがいます。

やっとマグナが帰ってきました。

この登場の仕方だとだいぶ強くなったと思われますね。

嬉しいです。

 

スポンサーリンク

『ブラッククローバー』ネタバレ289-290話のまとめ

blank

田畠裕基「ブラクロ」289話より引用

今回は、リリスとナヘマーは合体して強くなる、アスタが巨大な魔力の塊をぶった切る、マグナがついに再登場する、などが描かれました。

今回は終始アスタが何か余裕な感じが出ていたと感じます。

合体したときも魔力がないから強さがわからないし、巨大な魔力の塊を目の前にしても一切怯むことなかったです。

それほど最上級悪魔よりアスタが強いということですね。

blank

田畠裕基「ブラクロ」289話より引用

そしてやっとマグナが登場しましたね。

魔言が覚えられずにいなくなったところから出てきていませんでしたね。

魔言を覚えたのか、それとも違う新技を覚えたのか楽しみです。

あと、マグナの後ろにいたのはゾラではないでしょうか。

口元がゾラにしか見えませんでした。

次回は、漆黒の三極性との戦いが描かれると思います。

次回もお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ブラクロ』291話!下剋上!自分の弱さを知る者の戦い方!・・

⇒『ブラクロ』290話!最上位悪魔を圧倒するアスタとリーベ!・・

⇒『ブラクロ』288話!第3の剣、滅魔で悪魔を真っ二つにする!・・

⇒『ブラクロ』287話!ついにアスタ到着!最上位悪魔の腕を斬り・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です