【かぐや様は告らせたい】勉強内容も難関をほこる秀知院学園の偏差値は77??賄賂が横行している噂は本当なのか?

スポンサーリンク

かぐや様たちが通う秀知院学園の偏差値は、なんと77…。

高い頭脳を持ち合わせた人たちだけが入学している学校の秘密に迫ります。

賄賂が横行している噂や、裏口入学など怪しい噂についても解説します。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】かぐや達が通う秀知院学園の偏差値は77??

かぐや様は告らせたいの舞台である秀知院学園の偏差値は、なんと77です。

昔は貴族や士族を育てるための学校だったこともあり、由緒ある歴史だけではなく優秀な生徒を育てる風習が残っているのでしょう。

偏差値が高い学校だからこそ、勉強ができる人は尊敬される傾向にあります。

この作品は、そんなエリート高校の生徒会で行なわれている高度な頭脳戦が物語の中心です。

そんな学校の中で、生徒会長である白銀御行は、エリート校で学年1位をキープし続けています

そのため学園中の生徒たちから尊敬を集めています。

高い知能を持っている者同士が恋愛攻防戦を行っているからこそ、こじれてしまうのかもしれません。

通常の恋愛物語とは異なる雰囲気を楽しめるでしょう。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】秀知院学園は文武両道のためテストも生徒が必死に向かいうつ

秀知院学園は偏差値77を誇る学校のため、学力の高さが物を言います。

アニメ第8話では、期末テスト目前に生徒会長として学年トップを貫き通す白銀と、勉学では白銀に勝てないことを突きつけられたかぐやの心理的攻防戦が行われます。

二人は学年トップと2位の座を争うほど、テストには必死に向かっています。

特に白銀は努力型の天才で、生徒会長である以上は学年トップから落ちるわけにはいかない!と必死です。

ただの期末テストの争いでありながらも、勉学での戦いも真剣に取り組む生徒たち。

二人が何事にも自分が勝とうと躍起になっているのもありますが、秀知院学園の生徒たちは皆試験一つに対して真面目に必死に向かっています。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】勉強面では専ら白銀と四宮の一騎打ちの熱いバトルが繰り広げられる

勉強では白銀と四宮の一騎打ちのバトルが繰り広げられています。

白銀は外部生でありながらも、生徒会会長として君臨するほど勉強面に特化しています。

努力型で生徒会長としての名誉を守るためには、学年1位は落とせません。

そこに対抗するのが、なんでもそつなくこなせる四宮です。

副会長としての威厳もありますが、勉強でも会長と張り合いたい気持ちが出ているのでしょう。

生徒会長・副会長の二人には何をしても敵わない!と周りの生徒に思われるのは、こういう面からです。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】明らかに秀知院学園に入れない知能の者も存在する??

blank

秀知院学園は偏差値77を誇る進学校です。

そのため、知能や能力の高い生徒たちが集まっています。

特に生徒会に入る面々は頭脳レベルの高い人達ばかりですが、二人の頭脳戦におバカな意見で割り込む藤原書紀がいます。

天然でおバカで、中学からの付き合いの四宮でさえ「先が読めない」「IQ3」と表するほどです。

普通に考えると秀知院学院には入れないでしょう。

しかし、実際藤原書紀は天然でまっすぐな性格がおバカに見えるだけで、IQは130を有に超えているようです。

秀知院学園に入れたのはコネではなく、正真正銘の実力でしょう。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】秀知院学園で賄賂が横行している噂は本当なのか?

blank

周囲院学院は幼稚園から大学までの一貫高校であり、かつては貴族を教育する機関であったため、由緒正しいお家柄の生徒たちが就学しています。

白銀のように外部から編入することも可能ですが、実は賄賂や裏口入学が横行しており、一般入試による入学は難しいようです。

先程秀知院学園に明らかに入れない者の話をしましたが、裏口入学を行っている人の中には偏差値77に届いていいない生徒もたくさんいるでしょう。

裏口入学後の勉強の大変さを考えと、入学後が大変そうですが、その辺りも賄賂でなんとかしているのかもしれません。

お金持ちの学校には悪い噂はつきものですが、周囲院学院も実はそういった側面を持っています。

その点を踏まえると、より一層白銀の努力の結果がわかるでしょう。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】生徒会には勉強ができなくても入ることが出来る??

blank

秀囲院の生徒会は、生徒会長のみが選挙で決められます。

しかし、副会長などその他の生徒会の役割は能力を買われて抜擢されます。

実際、石上は1年生でありながらも、会長に能力を買われて生徒会会計になりました。

生徒会の仕事をできるだけの特化した能力さえ持っていれば、試験の順位は関係なく生徒会の一員になれます。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

かぐや様は告らせたいの舞台となっている、秀知院学園の真相を暴いていきました。

由緒ある学校であるからこそ、高いレベルを誇る学校であることがわかったでしょう。

二人の頭脳戦がかぐや様の物語の楽しみですが、いかに高い知能を持ち合わせているかがわかったかと思います。

賄賂の噂など怪しい側面も持っていますが、白銀のように努力をしている生徒もたくさんいる学校です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です