最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』213-214話!考察!御行&かぐや、生徒会メンバーにもついに報告?!藤原が豹変した理由とは?!

スポンサーリンク



藤原に自分の口で真実を伝えたかぐや。

今度は生徒会メンバーの石上と伊井野にも改めてご報告です。

「今更かもしれないが 俺と四宮は付き合っている」

石上、伊井野、藤原はどんな反応を見せるのでしょうか?!

それでは第213話『藤原千花は認めない』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』213話!のネタバレ

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

それでは『かぐや様は告らせたい』213話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

石上&伊井野の反応

石上は御行の言葉を聞いて笑顔を見せました。

「だろうなって思ってましたよ おめでとうございます」

石上が知っていたことに御行は驚きます。

周りからしたらバレバレなんですけどねw

石上は付き合い始めたのは”クリスマス”くらいと予想していました。

おそらく、かぐやがプレゼント選びを頼んだからでしょうか。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

石上から見た御行とかぐやは生徒会に入った時から相思相愛(恋愛頭脳戦をしていた頃)に見えていましたし、付き合うのも時間の問題だと思っていたので、驚きは全くなし。

藤原がただただ黙って石上の言葉を聞いているのが怖いですね…w

石上に続き、伊井野も2人のお付き合いを知っていたことを口にしました。

「私も気付いてました」

伊井野は付き合い始めたのは”文化祭”くらいと予想していました。

(ドンピシャですね!)

そもそも伊井野は生徒会に入った時点で2人が付き合っていると思っていたので、むしろ(恋愛頭脳戦真っ只中の頃)付き合っていないと知った時の方が驚きなくらいでした。

「ずっと生徒会いて気付かない方がどうかしてますよ」

「そうそう!」

石上&伊井野が追い討ちをかけますw

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

つい先日まで知らなかった藤原は真っ暗な目で2人を見つめていました…。

 

スポンサーリンク

祝福ムード

石上は御行とかぐやの報告を受けて、石上なりの祝福の言葉を伝えました。

「末長く爆発してくださいって感じです」

リア充な2人に爆発しろって気持ちもちょっぴり覗かせた石上なのでした。

伊井野は2人の関係を”公然の秘密”として扱っていました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

なので、人には言わずとも普通に御行の恋愛相談に乗ってきました。

石上もかぐやのプレゼント選びに付き合ったことがありました。

つまり…石上&伊井野にとっては「本当に今更って感じですね」と笑って祝福できる状況なのでした。

ただし藤原は…ひたすら光を無くした瞳でそんな生徒会メンバーを見つめていましたw

 

スポンサーリンク

バカップル炸裂!

みんなに公表したことで、煽るように石上と伊井野は2人をソファに横並びに座らせます。

もっとくっつくように!といじられる2人ですが、満更でもないようで…。

幸せそうに見つめ合いました。

「四宮先輩は会長のどこが好きなんですか?」

「どういうところに惚れちゃったんですか?」

そんな2人に向かい合うように石上と伊井野は座り、質問タイムが始まりました。

ストレートな質問にかぐやは恥ずかしがりますが、ノってる石上たちは食い下がります。

「一つで良いんで!」

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

「一つって言ったって…全部好きだもの」

石上と伊井野はノロケに大盛り上がり!

これを聞いた御行の顔がすっごく可愛いですw

「会長は?」

当然のように御行にも同じ質問が飛びます。

「いやそりゃ…俺も全部好きだし」

石上と伊井野は再び大盛り上がり!

かぐやのきゅんとした表情も可愛いですw

報告したことで御行とかぐやもバカップルっぷりも隠す必要がなくなりした。

「もぉ〜会長…真似しないでくださいよ〜」

「まぁ 本当の事だし」

「もぉ〜」「んだよぉ〜」「ずるいですよぉ〜」

…甘ったるすぎる2人だけの空気。

それを受け入れられない人がただ1人いました。

 

スポンサーリンク

藤原、爆発

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

「うきゃー!やってられません ボケあほ馬鹿 あんぽんたん!!」

藤原は我慢の限界を超え、絶叫しましたw

2人が付き合っていると言う現実も、バカップルっぷりも、甘酸っぱい空気も…耐えられるものではなかったようです。

「私のかぐやさんが…会長に汚されたー!」

「こんなの…寝取られ(NTR)じゃないですか!」

藤原とかぐやは女同士なのでNTRじゃないと思いますが…w

藤原にとってはそれ程のショックだったと言う事でしょうね。

大騒ぎする藤原に石上が諭すように言いました。

「めでたいことじゃないですか 祝福しましょうよ」

「しませんしませんしませんしません!!」

寝そべり駄々をこねる藤原…。

ちょっと可愛いですよw

 

スポンサーリンク

藤原は2人を認めない?!

藤原にとって、2人のバカップルっぷりも耐え難い事ですが、自分以外のみんなが全てを知っていて、あっさり受け入れていることも面白くないことでした。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

「まるで最初からいる私が気づいてないの馬鹿みたいじゃないですか」

(うん)

暴走する藤原に声を出しては言えませんが、石上と伊井野は非常に納得していましたw

「私は認めませんよ!かぐやさんは私のなんです!」

「会長みたいなヘッポコポンコッツにはあげられません!」

藤原はかぐやにしがみつきます。

かぐやも困惑してしまいます。

それもそのはず。

ついこの前、藤原には直接付き合っていることを報告済みでした。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

その時には最高の笑顔で祝福してくれたのに…。

「意見が変わるのは成長の証です 実物見たら魂が否定し出したんです」

藤原、素直すぎる!w

「2人の関係は何が何でもぶち壊してやりますからね!」

ついには恐ろしい言葉まで飛び出す始末…。

これにはさすがの御行とかぐやも引き気味です。

 

スポンサーリンク

伊井野の説得…失敗?!

藤原の扱いは伊井野が1番上手です。

今回も暴走する藤原に伊井野が救いの手を差し伸べました。

「藤原先輩が四宮先輩を大好きなのは私達も重々知っています」

「だからこそ どこぞの馬の骨じゃなく 会長みたいな人と付き合った事を喜ぶべきですよ」

伊井野はかぐやが仮に売れないバンドマンやチャラい美容師と付き合い出した場合を想像してみるよう促しました。

藤原は想像力抜群!

すぐにその悪い想像を打ち消します。

「その点 会長の事は藤原先輩もよく知ってるでしょう」

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

伊井野の言葉で藤原は今までの出来事を思い出すことができました。

誰かのために必死になれる御行の姿が浮かびます。

「良いところ…一杯知ってますよね?」

「…ん」

伊井野の素晴らしい説得が幸を奏しそうでしたが…ここで伊井野の痛恨のミス!

「そりゃ悪いところもあるでしょうけど」

この一言で”いいところ”が消し飛びましたw

過去、藤原と御行の間にも様々なことがありましたから…。

 

スポンサーリンク

深すぎるかぐやの愛!

藤原はかぐやのためを思って御行との付き合いに反対し続けます…。

御行と付き合うとしなくてもいい苦労をすることになると断言!

これにはさすがの御行も藤原の中での自分の評価が気になる様子w

この場を収めたのはやっぱりかぐやでした。

「大丈夫よ 藤原さん」

落ち着いた様子のかぐやに声をかけられ、藤原もほんの少し冷静さを取り戻したように見えます。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

「会長と一緒ならどんな苦労も乗り切れると思うの…」

かぐやのバカップル炸裂ww

今のかぐやは藤原の脅しすら喜んで受け入れるほどに御行への愛で満たされていましたw

 

スポンサーリンク

御行への挑戦状

かぐやはそんな感じでも、藤原はめげません。

「とにかく会長にかぐやさんは相応しくありません!」

今度は御行に直接切り込みます。

「じゃあどうすれば良いんだよ」

御行に聞かれた藤原は考えました。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

「今パッと思いつかないのでそのうち考えておきます!首を洗って待っていてくださいね!」

それはもう認めてるのと同じことな気がしますが…。

既に付き合ってますしw

「なるべく早めに頼むなー…」

なんだかんだ藤原の許可を取ろうとする御行も律儀でいい奴ですよね〜!

そのうち…藤原が思い付いたら、藤原が御行を認めるための”何か”が行われる…かもしれません。

乞うご期待ですね!

 

スポンサーリンク

『かぐや様は告らせたい』ネタバレ213-214話のまとめ

今回は御行とかぐやが生徒会のメンバーにも交際を報告する話でした。

ただし、石上も伊井野も知っていましたので驚きはなし。

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

むしろ、みんなが知っていたことに藤原が驚くという展開でしたw

公然の秘密から公然のお付き合いに変わったことで、石上たちは御行とかぐやをからかい始めます。

そのからかいにノロケで返す御行とかぐや。

甘酸っぱいバカップルの空気が流れます。

藤原はこの空気感も自分だけが知らなかった事実も耐えられません。

前回の感動の祝福はどこいった?!と言うくらいの暴走を始めますw

blank

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」213話より引用

伊井野の説得で一旦は落ち着いたものの今の時点では御行を認める事はできていない様子。

今後、御行は藤原に認めてもらうための試練に挑む日が来る、かもしれません。

(藤原の許可…そもそもいらないと思いますがw)

次週も御行とかぐやの更なるバカップルっぷりに期待しましょう!

次週の展開からますます目が離せませんね♪

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『かぐや様は告らせたい』212話!真実を知った藤原の反応は?!・・

⇒『かぐや様は告らせたい』211話!初体験のその後は?!ついに・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です